石鹸を使わないタモリ式入浴法はアトピーに効果あるの?

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

421

肌に優しい入浴法としてタモリ式入浴法というものがあります。タモリ式入浴法とは、お昼の顔でもおなじみだったタモリさんこと森田一義さんが行っている入浴法です。
タモリさん以外にも、モデルのローラさんや、ミュージシャンの福山雅治さんなども実践しており話題となりました。

じつはこのタモリ式入浴法が、アトピー性皮膚炎にも有効ではないかと言われています。では、それは本当なのか?タモリ式入浴法とはどのような入浴法なのかなどをご紹介いたします。

タモリ式入浴法とは?

では、まずはタモリ式入浴法がどのような入浴法なのかをご紹介いたします。

タモリ式入浴法とは、簡単に言えば「石鹸」や「シャンプー」など、体を洗うものを一切使わない入浴法です。さらに、毎日湯船に10分浸かるというのもタモリ式入浴法の特徴です。
体や髪はもちろん、顔を洗うときも基本的にお湯で洗い流します。

じつは、体の汚れというものは、お湯だけで浮かせて落とすことが可能です。石鹸などを使うと、肌の水分を保ってくれる必要な皮脂まで洗い流してしまうこともよくあります。それにより、乾燥が進んでしまい肌トラブルを招いてしまうこともあります。タモリ式入浴法なら、石鹸やシャンプーを使わないので、余計な皮脂や汚れだけを洗い流し、必要以上に皮脂を洗い流してしまうことを防ぐことができます。さらに、石鹸などに含まれている成分によって、アトピー性皮膚炎の症状が悪化することも防げます。

タモリ式入浴法でアトピー性皮膚炎を改善することは可能?

では、タモリ式入浴法でアトピー性皮膚炎を改善することは可能なのかというと、個人差はありますが不可能ではありません。

その理由は、やはり、乾燥肌を改善できるようになるというところが大きいです。アトピー性皮膚炎の人の肌は、乾燥していることが多く、中にはサメのように乾燥でざらざら肌になってしまっている人もいます。
タモリ式入浴法なら、必要な皮脂を洗い流すことを防ぐことができ、肌の水分を保つことができるようになるので、徐々に乾燥肌が改善されていきます。

乾燥肌が改善すると、肌の皮脂と水分のバランスが整い、ターンオーバーの周期が改善され、肌トラブルに負けない肌に導くことが可能になります。要するに、アトピー性皮膚炎の症状が出ても、すぐに治りやすくなるということです。

さらに、湯船に10分浸かることで、スチーム効果によって肌の水分が補われ、もっちりした肌を目指すことができます。
湯船に10分浸かるというのは、タモリ式入浴法のポイントでもあります。じつは、湯船は15~20分以上浸かってしまうと、逆に肌の乾燥が進んでしまいます。
10分という時間は、血行を促進しつつ、肌を乾燥させないちょうどいい時間になっているのです。

血行が促進されれば、体の隅々にまで栄養を届けやすくなるので、アトピー性皮膚炎の改善に効果的な成分も、肌に運ばれやすくなります。
このように、タモリ式入浴法はアトピー性皮膚炎に効果的な入浴法なのです。

ただし、効果には個人差があり、さらに、アトピー性皮膚炎にとってはリスクのある入浴法でもあります。

タモリ式入浴法では殺菌効果は期待できない

424

タモリ式入浴法は石鹸類を一切使用しないので、殺菌効果が期待できません。肌の常在菌のバランスがうまくとれている普通の人なら、汚れを落とすだけでもいいかもしれませんが、アトピー性皮膚炎の人の場合はそうは行きません。
アトピー性皮膚炎の人の肌の常在菌バランスは著しく崩れており、黄色ブドウ球菌がほとんどを占めてしまっています。黄色ブドウ球菌は、石鹸などを使用することで殺菌することが可能なので、黄色ブドウ球菌を減らすならタモリ式入浴法は向いていません。

清潔にすることが重視されているアトピー性皮膚炎の人には、やはりタモリ式入浴法は、少々リスクが高い入浴法だと言えるでしょう。

タモリ式入浴法では体臭が消えないことも…

タモリ式入浴法は基本的に体臭が酷くなるということはありません。しかし、場合によっては体臭が消えないこともあります。
たとえば、ワキガの人や体臭が体質的に強い人、焼肉やホルモン焼きなど煙が多く出る職場で働いている人など、体質や職業によっては体臭を消すことはできません。

さらに、アトピー性皮膚炎の場合は、ステロイドや使用している薬によって体臭がきつくなってしまうことがあります。石鹸でしっかり洗い流すことができれば、殺菌もされて体臭を抑えることが可能ですが、タモリ式入浴法の場合はお湯で洗い流すだけなので、完全に体臭を抑えることが難しくなります。

ほかにもこんなトラブルが…

また、タモリ式入浴法にはほかにもいろいろなトラブルが報告されています、たとえば、服の襟や脇などが汚れやすくなってしまったり、垢がたくさん出るようになってしまったりというトラブルがあります。
さらに、かゆみを感じやすくなったという人もいます。かゆみはアトピー性皮膚炎にとって大敵ですので、やはりタモリ式入浴法はアトピー性皮膚炎の人には向いていないのかもしれません。

ほかにも、どうしてもお湯だけなので、洗い残しが出てしまい逆に肌荒れをしてしまったという人もいます。お湯だけで洗う分、しっかり丁寧に洗わないといけないので、慣れない人は汚れを洗い残してしまいます。

実践するなら様子を見ながら実践しよう!

422

タモリ式入浴法が肌に優しく、乾燥肌を改善させることは確かなことですが、やはり人によっては合わない人もいます。特に、アトピー性皮膚炎の人は、肌を清潔にすることが大切なので、石鹸で洗うときよりも症状が悪化してしまうリスクがあります。
なので、もしも実践したいのであれば、様子を見ながら実践することをおすすめします。

たとえば、3日に1回ずつタモリ式入浴法を実践してみたり、数日に1回は石鹸を使うようにしてみたりなど、少しずつ実践するのがおすすめです。完全にタモリ式入浴法を実践するにはリスクもありますし、肌トラブルなどが起きて続けにくくなったりします。
続けやすくするために、リスクを減らすためにも、いきなりタモリ式入浴法をがっつり実践するのではなく、少しずつ様子を見ながら実践してみましょう。

アトピーケアは怠らないように!

アトピー性皮膚炎の患者さんの中には、タモリ式入浴法を実践して改善したという人もいます。しかし、タモリ式入浴法はあくまでも入浴法のひとつであり、アトピー性皮膚炎を直接治療するという方法ではありません。
なので、タモリ式入浴法だけでアトピー性皮膚炎を治すというのは難しいです。

どんなにタモリ式入浴法をがんばったとしても、肌に運ぶ栄養素が脂肪や糖ばかりでは肌はなかなか綺麗になりません。なので、食生活もきちんと気をつけなければなりませんし、保湿ケアもしっかり行わなければなりません。
タモリ式入浴法を実践するなら、基本的なアトピーケアをしっかり行いつつ実践するようにしましょう!

もしも自分に合わないなと思ったら

423

タモリ式入浴法は、体質などによって合う合わないの別れる入浴法です。とくに、肌トラブルの多いアトピー性皮膚炎の方は、合わない人も多いと思います。
なので、少しでも自分に合わないなと思ったらただちに中止し、ふだん通りの入浴法に戻してください。

実践するなら無理はしないこと、ストレスを感じたり、肌に異変が起きたらすぐにやめることを意識して実践しましょう!

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です