アトピー性皮膚炎とホルモンバランスの関係

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

432

アトピー性皮膚炎は皮膚に現れる病気です。しかし、アトピー性皮膚炎の女性は、生理不順や不正出血など、ホルモンバランスの乱れに悩んでいる人が多い傾向にあります。
実は、アトピー性皮膚炎の女性がこのような悩みを抱えているのに理由があります。

では、アトピー性皮膚炎の女性には、なぜホルモンバランスの乱れで悩む人が多いのか、アトピー性皮膚炎とホルモンバランスの関係についてご説明いたします。

女性ホルモンの仕組みについて

まずは、女性ホルモンの仕組みについてご説明いたします。女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。
エストロゲンは、卵胞ホルモンとも呼ばれており、月経後から排卵期までの通称卵胞期に多く分泌されます。そして、プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれており、排卵期から月経までの黄体期に多く分泌されます。

エストロゲンは女性らしい体を作るホルモンで、プロゲステロンは妊娠しやすい体を作るホルモンです。このエストロゲンとプロゲステロンが、卵胞期と黄体期にバランスよく分泌されることで、定期的に月経がくるようになります。
しかし、エストロゲンとプロゲステロン、どちらか一方ばかりが多く分泌され続けてしまったり、分泌量が少なくなったりしてしまうと、月経不順や不正出血など、月経トラブルが起きてしまいます。

定期的な月経を望むのなら、ホルモンバランスを保つことが大切です。

なぜ、アトピー性皮膚炎の人はホルモンバランスが崩れやすいの?

アトピー性皮膚炎の女性は、月経トラブルに悩んでいる人が比較的多いです。それは、ホルモンバランスが崩れやすいからです。では、なぜホルモンバランスが崩れやすいのかご紹介いたします。

女性ホルモンは卵巣で作られているということは有名ですが、実は副腎という臓器でも作られています。副腎はあらゆるホルモンを分泌する臓器で、副腎皮質ホルモンというステロイドホルモンとも呼ばれるホルモンも分泌しています。
この副腎皮質ホルモンはストレスを受けたときに、ストレスに立ち向かうために分泌されます。この副腎皮質ホルモンには抗炎症作用があり、このホルモンの成分を人工的に強力にしたのが治療薬として使われているステロイドです。

しかし、ストレス社会の現代、副腎皮質ホルモンが常に分泌され続けてしまっている人がたくさんいます。しかし、副腎皮質ホルモンが分泌され続けてしまうと、副腎が疲れ切ってしまい、ホルモンが分泌されなくなってしまうのです。
そして、その分女性ホルモンの分泌が少なくなってしまい、月経トラブルに陥ってしまいます。

また、副腎皮質ホルモンは、アトピー性皮膚炎の治療薬として使われているステロイドの影響で分泌されなくなってしまうこともあります。このように、アトピー性皮膚炎の人はストレスやステロイドが、副腎に影響してしまい、ホルモンバランスが崩れやすくなっているのです。

ホルモンバランスを整えるのにはどうすればいいの?

 

 

434

ホルモンバランスを整えるためには、やはりストレスを抱えないことが大切です。仕事や人間関係など、なかなか問題が解消されない場合、ストレスを抱えないというのは難しいかもしれません。
しかし、抱えてしまったストレスを発散させることができれば、それだけで軽減しますので、ストレスを軽減できる環境を整えることをおすすめします。

たとえば、プライベートな時間は趣味に没頭してみたり、お風呂でリラックスしてみたり、自分の好きなことをするだけでもOKです。
また、睡眠もストレスを軽減するためにはとても重要です。大切なのは、しっかり眠ることです。最低でも6時間は眠るように心がけてください。

もっと簡単にホルモンバランスを整えたい!

とは言え、ストレスを減らすということはなかなか難しいことです。アトピー性皮膚炎でなくても、ストレスが減らせずに悩んでいる人はたくさんいるくらいですからね。そこで、ホルモンバランスを整えるのにおすすめなのが、女性ホルモンの分泌を促す成分を摂取することです。

エストロゲンを増やす食品としては大豆が代表的です。大豆には、イソフラボンが含まれていることが有名ですが、実はイソフラボンはエストロゲンにとてもよく似ているため、エストロゲンと同じように働いてくれます。
そして、プロゲステロンを増やすには、ビタミンEとビタミンCを多く含む食品をいっしょに摂取するのがおすすめです。ビタミンCとビタミンEはプロゲステロンの材料になる栄養素で、ほかにも血行促進効果や、アンチエイジング効果なども期待できます。

食品で摂取することが難しい場合は、サプリメントを使用するのもおすすめです。
エストロゲンにはプエラリア・ミリフィカ(ガウクルア)、プロゲステロンには、ワイルドヤムやチェストベリーが入ったサプリメントがおすすめです。サプリメントを摂取する場合は、卵胞期にはプエラリア・ミリフィカを、黄体期にはワイルドヤムやチェストベリーなど、きちんと正しい時期に摂取するようにしてください。

もちろん、サプリメントで使用されている食品にも、アレルギー反応を起こしてしまう人がいますので、アトピー性皮膚炎の人は注意しながら摂取するようにしてください。

恋愛やオシャレなどでも女性ホルモンが分泌される!

433

また、ストレスを減らしたり、食事やサプリメントなど以外にも、女性ホルモンの分泌を促すことは可能です。

例えば、恋愛です。恋愛と言っても、必ずしも好きになった相手と交際をしなければならないというわけではなく、片思いでも大丈夫ですし、アイドルや二次元でも、誰かに恋をすれば、そのトキメキが女性ホルモンの分泌を促します。
また、かわいい服を着てオシャレをしてみたり、女性らしいことをすることでも、女性ホルモンの分泌が促されます。

ホルモンバランスは簡単に崩れてしまうものですが、意外と簡単に女性ホルモンの分泌を促す方法もたくさんあるのです。

女性ホルモンのバランスを整えればアトピーの悪化も防げる!?

実は、女性ホルモンのバランスを整えれば、アトピー性皮膚炎の悪化も予防することができます。女性は、アトピー性皮膚炎でなくても、ホルモンバランスによって肌の状態が変化しますが、アトピー性皮膚炎の人の場合、アトピー性皮膚炎が悪化してしまうことがあります。
たとえば、妊娠中の女性。妊娠中は、妊娠していないときの状態に比べて、ホルモンバランスが著しく崩れます。これは、誰にでもあることなので、防ぎようがないことです。じつは、この妊娠中に、アトピー性皮膚炎が悪化してしまう女性が多いのです。妊娠中とまでは行かなくても、ホルモンバランスが崩れてしまうと、アトピー性皮膚炎が悪化しやすくなってしまうのです。

一方、きちんとホルモンバランスを整えることができれば、アトピー性皮膚炎の悪化を防ぐことも可能です。あまりアトピー性皮膚炎と関係ないと思われがちなホルモンバランスですが、実は深い関係があったのです。

ホルモンバランスを整えることも大切!

431

アトピー性皮膚炎の治療には、あまり重要ではないと思われがちなホルモンバランスですが、アトピー性皮膚炎を悪化させないためにはホルモンバランスを整えることはとても大切です。

また、月経トラブルの改善や、美容面でも、ホルモンバランスは大きく影響されるので、乱れたままのホルモンバランスを放置することはおすすめできません。
アトピー性皮膚炎の悪化だけでなく、不妊症など危険な状態になってしまうこともあるからです。

なので、アトピーケアも大切ですが、ホルモンバランスも気にしつつ生活をしてみてくださいね。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です