プロテインはアトピーを悪化させるって本当?

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

414

アトピー性皮膚炎の人の中にも、筋肉を付けたい人やダイエットをしたい人たくさんいると思います。筋肉を付けたいときや、ダイエットをしたいときに役立つのがプロテインです。
プロテインとは、食品からタンパク質だけを抽出したものであり、筋力トレーニングをしながら摂取すると、タンパク質が筋肉へと変わり鍛えられます。

しかし、アトピー性皮膚炎の場合、プロテインを摂取すると悪化してしまうという意見があります。逆に、プロテインで良くなったという意見もあります。このように両方の意見があるため、プロテインはアトピー性皮膚炎を悪化させてしまうのか、それとも改善するのか、よくわからなくなってしまっている部分があります。

そこで、アトピー性皮膚炎の人はプロテインを飲んでも大丈夫なのか、それともダメなのか調べてみました。

プロテインは何でできているの?

プロテインは牛乳から作られているホエイプロテインとカゼインプロテイン、そして大豆から作られているソイプロテインがあります。ホエイプロテインとカゼインプロテインには牛乳の成分が、ソイプロテインには大豆の成分が含まれているため、それぞれにアレルギーがある人は、プロテインを飲むことはできません。

さらに、味を良くしたり、成分をより充実させるために、ほかにもいろいろな材料を使ってプロテインが作られています。ココア味ならカカオが使われていることもありますし、バニラ味ならバニラが使われていたりもします。
このように、いろいろな食品を使って作られているので、食品アレルギーを持っている人は、飲む前に成分を調べておく必要があります。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸
おすすめアトピー石鹸

アトピー性皮膚炎の人にプロテインはおすすめできない

412

タンパク質は、私たちの肌や髪、臓器など体のあらゆる部分を作っている成分です。しかし、アトピー性皮膚炎の人にプロテインはおすすめできません。
「悪化した」「改善した」と、正反対の意見が飛び交っていますが、悪化してしまう場合のほうが多いようなので、おすすめできません。

ただ、人によっては悪化しないこともあり、飲んでみないとわからないという部分もあります。
しかし、プロテインにはアトピー性皮膚炎を悪化させる条件が揃っているため、やはりアトピー性皮膚炎の人にプロテインはおすすめできません。

では、なぜ、プロテインがおすすめできないのでしょうか?

タンパク質の消化不良が起こると悪化してしまう!

アトピー性皮膚炎を悪化させてしまう原因はいろいろあります。タンパク質をしっかり消化できない、いわゆるタンパク質の消化不良が起こってしまうことも、アトピー性皮膚炎が悪化してしまう原因になります。
タンパク質は、私たちの体を作っている大切な成分であり、生きていく上では必要不可欠な栄養素です。しかし、タンパク質は摂り過ぎると消化不良に陥り、アトピー性皮膚炎を悪化させてしまうことがあります。

タンパク質は、摂取するとポリペプチドに分解され、最終的にアミノ酸へと分解されます。そして、アミノ酸に分解されることで、やっとタンパク質は消化されるようになります。
しかし、タンパク質をたくさん摂取してしまうと、ポリペプチドの段階で分解が止まってしまい、消化されないままポリペプチドの状態で体の中に蓄積されていってしまいます。

このような消化不良はタンパク質の過剰摂取はもちろんですが、腸内環境が悪い人などでも起こりやすいです。アトピー性皮膚炎の人は。腸内環境があまり良い状態でない人が多い傾向にあります。なので、アトピー性皮膚炎の人は、このようなタンパク質の消化不良を起こしやすい体質だと言えるのです。

じつはこのポリペプチドは、精神的ストレスを受けたときや、体調不良のときに血液中に侵入してしまうことがあります。タンパク質の過剰摂取により、大量のポリペプチドが蓄積されてしまうと、皮脂に排出され、強烈なかゆみとなってしまうことがあります。

また、タンパク質がしっかり消化されていないと、食材のまま体の中に取り込まれてしまいます。そのままの状態で取り込まれてしまうと、より強くアレルギーの症状が出てしまうようになります。
そのため、大量のタンパク質は含まれているプロテインはアトピー性皮膚炎の人におすすめできません。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸
おすすめアトピー石鹸

好転反応が起きる!?

411

プロテインを摂取するとアトピー性皮膚炎の症状が激しく出る好転反応が起きると言われています。脱ステロイドで症状が激しく出るときも、好転反応と呼ぶそうですが、これは間違った知識であり好転反応ではありません。
このような状態を好転反応と呼んでいる人たちは、症状が激しく出ると、毒素が大量に出るから良くなると思っていますが、実際はそんなことはありません。

毒素が大量に出ているのではなく、ただ単に悪化しているだけです。症状が激しく出ても、プロテインを摂取し続けると、良くなるどころかどんどん悪化して眠ることすらできないほどひどくなってしまうことがあります。
さらに、炎症が激しい場合、あらゆる感染症に感染するリスクも高まるので、少しでもおかしいと思ったら摂取することをやめるのが無難です。

プロテインを摂取して、症状が激しく出ても、それは好転反応ではないので、摂取し続けるということは絶対にしないようにしてください。

アトピー持ちでもプロテインを飲むには…?

アトピー性皮膚炎でもプロテインを安全に飲むことは可能です。やはり、筋肉を付けたい人にとっては、プロテインは強力なサポーターになりますので、飲みたいと思っている人も多いと思います。
じつは、アトピー性皮膚炎を悪化させることなく飲む方法があります。

それは、腸内環境を整えることです。アトピー性皮膚炎には、食事で治す食事療法があります。食事療法の目的は、腸内環境を整えることを目的に行われる治療です。なので、食事療法で腸内環境を整えれば、自然とアトピー性皮膚炎が治まってきます。
アトピー性皮膚炎が治まってきて、腸内環境も整えば、タンパク質をスムーズに吸収することが可能になり、消化不良が起こりにくくなるので、比較的安全にプロテインを飲むことが可能になります。

体を鍛えたいという気持ちはわかりますが、やはりその前に、自分のアトピー性皮膚炎と自分の体質と向き合っていく必要があります。
きちんと腸内環境を整えることができたのち、アレルギー成分が入っていないプロテインを摂取するようにしましょう。

プロテインなしで筋肉を鍛えたい場合は?

プロテインを使わずに筋肉を鍛えたい場合は、食事からタンパク質を摂取するようにしてください。おすすめは皮を取り除いた鶏胸肉です。基本的に鶏肉は、皮の部分以外はカロリーが低いので、とってもヘルシーです。胸肉は、調理法次第でしっとり柔らかく仕上げることもできますし、何より安くてに入るので経済的にも優しいです。
ただし、食べ過ぎはやはり消化不良に繋がってしまうので、バランスの良い食事をとりつつ鶏胸肉を食べるようにしてください。

ほかにも、アミノ酸のサプリメントを飲むのもおすすめです。タンパク質は最終的にアミノ酸になるので、最初からアミノ酸になっているサプリなら、体にしっかり吸収されて消化不良を起こしません。
プロテインが飲めるようになるまでは、このようなものを代用してみてください。

まずは飲んで試してみよう!

413

プロテインを飲んでも平気なのかどうかは人によります。アトピー性皮膚炎を悪化させてしまう人が多いですが、全員が悪化してしまうわけではありません。
だから、まずは試しに1回飲んでみることをおすすめします。そして、もしも少しでもかゆみを感じたりと異変があるのなら、飲むのをやめればいいですし、とくに問題ないなら続ければいいと思います。

飲んでいいのかダメなのか、悩むくらいなら、まずは試してみてください。
もちろん、成分をしっかり確かめて、アレルゲンの入っていないプロテインを選ぶようにしてくださいね!

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です