アトピーがひどくて精神的に辛い…どう乗り越えればいい?

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

393

アトピー性皮膚炎の辛さは、アトピー性皮膚炎の人にしかわかりません。重症度や、発症する場所によっても人それぞれで辛さが異なります。
たとえ軽度のアトピー性皮膚炎だったとしても、その人にとっては辛い現実です。
どんな症状でも、アトピー性皮膚炎の人は、人それぞれでいろいろな辛さを感じているのです。

とくに、症状が重い人や、患部が広範囲におよぶ人ほど、とても辛い思いをしている傾向があります。治ると言われていたアトピー性皮膚炎が治らなくてイライラする、何をしてもダメ、不潔とか酷いことを言われる、差別されるなど、いろいろな精神的苦痛があります。

精神的苦痛はストレスの原因となるものであり、辛くて辛くて仕方ないという状態は、アトピー性皮膚炎をより一層治りにくくしてしまいます。
では、アトピー性皮膚炎の皆さんはどのようにして、精神的な辛さと乗り越えているのでしょうか?体験談などを交えてご紹介いたします。

アトピー性皮膚炎の人の辛い悩みや苦しみ

アトピー性皮膚炎の人は、どんな辛い思いをしているのか、どんな苦しい思いをしているのか調べてみると、SNSなどにアップされている投稿の中には、見ているだけでアトピー性皮膚炎でない人も辛くなってしまいそうな投稿が多数ありました。

例えば、どんな治療法や、どんなスキンケアをしても治らないという人です。いろいろな方法を試し、一時的に良くなっても、またひどい状態に戻ってしまう、治っては戻り治っては戻りのくり返しになってしまうという人がたくさんいました。
アトピー性皮膚炎は重症度が重いほど、治すのは難しい病気です。どんなに悪化したところで、死ぬこともなく、それが逆に辛いという人もいるくらいです。良くなったと思ったら戻って希望が消え、このようにくり返されると辛いのはもちろん、疲れてしまいます。
やはりこのような状況の人は「もう疲れた」と投稿している人が多かったです。

また、いまもまだアトピー性皮膚炎を理由に差別されている人もたくさんいました。いまだに「アトピーは移る!近寄らないで!」なんて思う人もいるようです。
確かに、肌の見た目は美しいとは言えませんが、差別するのはおかしいことです。皮膚がちょっと弱いだけで、ただ荒れているだけで、酷い仕打ちです。アトピー性皮膚炎への差別のせいで、失恋してしまった人もいますし、就職先が決まらない人もいます。
かゆみや炎症だけでも辛いのに、差別によって苦しめられている人も多いようです。

ほかにも、アトピー性皮膚炎が酷すぎて、日常生活にも支障が出て辛い、アトピー性皮膚炎のせいでどんどんネガティブになっていって辛いなど、人それぞれいろいろな辛さが感じられました。

乗り越えるしか方法はない

391

アトピー性皮膚炎が原因の精神的苦痛は、やはり根本であるアトピー性皮膚炎を治すしかありません。しかし、なかなか治らないからこそみんな悩んでいるのです。
では、どうすればいいのかというと、やはりなんとか乗り越えていかなければならないのです。

では、アトピー性皮膚炎の皆さんは、どのように乗り越えてきたのでしょうか?

これ以上ひどい状態はないから大丈夫と考える

精神的に、アトピー性皮膚炎とうまく付き合っていくには、考え方を変えるのがおすすめです。アトピー性皮膚炎を治すには、治療やスキンケアが重要ですが、精神的に付き合っていくには、治療やスキンケアよりも考え方を変えることのほうが大切になってきます。

アトピー性皮膚炎の患者さんの中には、汗を多くかく夏に悪化するという人がいれば、乾燥が激しくなる冬に悪化するという人もいますし、花粉の多い春に悪化する人もいます。
このように人によって症状がひどくなるピークの時期が異なります。そして、そのピークをすぎれば、その時期よりもひどくならない人が多いです。

だから、これ以上ひどくなることはない、あの頃よりひどくなることはないと、考えるようにするだけでも楽になります。
これ以上ひどくならないということは、良くなることしかないのですから。自分はもう良くなるしかないんだ、悪化することはないんだと考えるように過ごしてみてください。

そうすることで、悪化させないように生活習慣や食事に気を付けるようになったり、スキンケアを続けられるようになります。

もしも悪化したら…という考えをやめる

392

考え方を変えるだけでなく、考えをやめることも有効です。アトピー性皮膚炎の人にありがちなのが「もしも悪化したらどうしよう…。」と考えてしまうことです。
確かに、この先悪化するかもしれませんし、もしかすると外に出ることすらできないくらい悪くなるかもしれません。

しかし、先のことを不安に思うのは無駄なことです。アトピー性皮膚炎は何がきっかけで悪化するかわかりません。自分の把握していないひょんなことから悪化することもあります。
要するに、悪化するときは悪化します。だから、いま落ち着いているのならば、この先悪化するかもと、不安に思う必要はありません。

このような考えをやめるだけで、不安要素が1つ取り除かれますので、少し楽になってきます。先のことなんて誰もわかりませんので、将来のアトピー性皮膚炎のことを悩まないようにしましょう。

私のアトピーは治っている、私の肌は綺麗になっていると思い込む

ちょっとオカルトチックな話になってしまいますが、自分の肌は綺麗だと思いこむことで、アトピー性皮膚炎と精神的に上手く付き合うことができた人もいます。

これは「引き寄せの法則」というものを使った方法です。引き寄せの法則とは、簡単に言えば幸せや不幸を自らの意志で引き寄せることです。
友達に恵まれ、家族に恵まれ、仕事も順調という幸せな人もいれば、借金が膨らみ、人に裏切られ、病気になり、何もかもどん底というくらい不幸な人もいます。
この両極端の人の違いは、幸せを引き寄せているか、それとも不幸を引き寄せているかです。

不幸な人は不幸を引き寄せる、だから不幸が重なってしまうのです。逆に、幸せな人は幸せをどんどん引き寄せるから、どんどん幸せになっていきます。
ほどんどの人は、意識せず引き寄せていますが、これを自分の意志で引き寄せることもできるのです。これが引き寄せの法則というものです。
そして、これを応用してアトピー性皮膚炎と向き合っていくこともできます。

では、どのように実践するのか、具体的な方法をご紹介いたします。
おすすめは「自分の肌はもうアトピー性皮膚炎が治っており、綺麗になっている」と思うことです。現状は症状がひどくても、自分の中で治ったことにするのです。
まずは自分の中でアトピー性皮膚炎が治ったことにし、それを信じて思い込みましょう。

その後、アトピー性皮膚炎が治ったら何をするか、二度と再発させないためにどうするかを、治っている体で具体的なことを考えてください。たとえば、露出の多い服を着たいとか、再発させないように健康的な食事をするとか、そのようなことを考えてください。
そうすることで、あなたが本当にするべきことがわかってきて、あなたの行動が変わります。そしてあなたに合わせて世界が動き始めます。

考え方が変わるので、ポジティブになりストレスが軽くなっていったり、ストレスが減ったことと行動が変わったことで、本当にアトピー性皮膚炎が治っていきます。
精神的に乗り越えられるようになるだけでなく、アトピー性皮膚炎とも戦うことができるのです。

このように考え方を変えることで、人生幸せにも不幸にもすることができます。

少しずつ考え方を変えればいい

394

アトピー性皮膚炎と精神的に付き合っていくには、考え方を変えることが大切です。辛い現状を打破するにはそれしかありません。しかし、考え方を変えるのは意外と難しいことです。なので、いきなり変える必要はありません。少しずつ変えていけばいいのです。
おすすめはSNSでつぶやくことです。不安や辛さ、愚痴などのネガティブなことをつぶやくのではなく、楽しいことなどポジティブなことをつぶやくようにしてください。

そうやって少しずつ考え方を変えていきましょう。きっと、次第にアトピー性皮膚炎とうまく付き合っていくことができるようになり、辛い状況を乗り越えることができるようになります。

実際に、考え方を変えて乗り越えた人もたくさんいますし、考え方を変えることはお金もかかりませんので、ぜひ、少しずつ変えていってみてくださいね。きっと少しずつ楽になっていくはずです!

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です