アトピーの赤ちゃんの離乳食の進め方と注意点

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

321

赤ちゃんがアトピー性皮膚炎になることはよくあることです。なので「なんでうちの子がアトピーになるの…?」なんて心配はいりません。
赤ちゃんのアトピーは、消化器官が未熟なため、ちょっとした食品でアレルギー反応を起こしてしまい、アトピー性皮膚炎を発症させてしまうことが多いので、消化器官が成長し、しっかりと発達することで自然と治ることが多いです。

しかし、中にはアトピー性皮膚炎が治らないまま大人になってしまう子もいます。また、治るからと言ってアトピー性皮膚炎じゃない子と同じようにどんな離乳食でも食べさせてもいいというわけではありません。
やはり、アトピー性皮膚炎の赤ちゃんの離乳食は、アレルギーに気をつけるべきです。

今回は、アトピーっ子の離乳食の進め方についてご紹介いたします。

アレルギーに要注意!

アトピー性皮膚炎の赤ちゃんの離乳食で、いちばん気をつけなければならないことは「アレルギー」です。離乳食自体、アレルゲンってあまり含まれていませんし、自分で作るなら無添加だし安全って思われるかもしれませんが、通常通り離乳食を与えることはかなり危険です。

アレルギーに気をつけなければいけない理由は、アトピー性皮膚炎を悪化させないためでもありますが、それよりもアナフィラキシーショックを起こさないためというのがいちばんの理由です。
アトピー性皮膚炎は、確かに辛い病気ではありますが、赤ちゃんであっても命を落とす危険性はほとんどありません。しかし、アナフィラキシーショックは、命を落とす可能性がある非常に危険な状態です。

ちょっとした食品でもアレルギー反応が出てしまう赤ちゃん。アナフィラキシーショックを受ける可能性も、大人よりも高いと言えます。赤ちゃんは自分自身で気をつけることはできませんので、ここはお母さんやお父さんが気をつけるべき部分です。
多少神経質なくらい、アレルギーには気をつけることをおすすめします。

では、アナフィラキシーショックを受けないためにはどうしたらいいのでしょうか?

アトピーの赤ちゃんは離乳食の開始時期を遅らせるべし!

323

通常、離乳食はだいたい生後5ヵ月から6ヵ月くらいで開始します。しかし、赤ちゃんは消化器官が未熟であり、とくに1歳未満の赤ちゃんは消化や分解が不得意なため、十分に分解されずに食べ物が消化器官をすり抜けてしまいます。

食べ物は分解されることで、成分がさまざまな形に変換されます。しかし、分解されないまま消化器官をすり抜けてしまうと、成分がそのまま吸収されてしまうので、ちょっとした食べ物でもアレルギー反応を起こしてしまうようになります。
アトピー性皮膚炎の人はそうでない人よりもアレルギーが多いです。アトピー性皮膚炎の赤ちゃんも同じです。そうでない子に比べてアレルギーが多いため、分解が苦手なうちに離乳食を与えてしまうと、さらにアレルギーを増やしてしまう可能性が高くなります。だから、アトピー性皮膚炎の赤ちゃんは、離乳食の開始時期を遅らせることがおすすめです。

ただ、離乳食を遅らせることで体重増加のスピードが遅くなってしまいます。同じタイミングで生まれた子に比べて、小さかったり細かったりしてしまい、検診の際に医師から注意を受けてしまう可能性もあります。
しかし、アトピー性皮膚炎の赤ちゃんが、そうでない子と同じ時期に同じように離乳食を与えてしまうと、安全と言われている食べ物でアナフィラキシーショックを受けて、危険な目にあってしまう可能性があります。

なので、もしも離乳食を遅らせたことで体重増加が遅れてしまったり、医師に注意を受けてしまった場合は、重湯から始めることをおすすめします。重湯なら、アナフィラキシーショックを受ける可能性はほとんどないので、安心して与えることができます。
また、母乳には豊富な栄養素が含まれています。なので、母乳を与えていれば、栄養不足になることはほとんどありません。赤ちゃんがいろいろなものを食べることができない分、お母さんが栄養バランスのよい食事をして、栄養満点の母乳を与えるようにしましょう。

初めての離乳食は神経質なくらい気を付けよう

324

アトピー性皮膚炎だからと言って、そのまま離乳食を与えないわけにはいきません。1歳になる前には離乳食を開始しなくてはなりませんので、いずれにしても離乳食を与えるときが来てしまうということです。
しかし、アトピー性皮膚炎の赤ちゃんは、アレルギーが多いうえに、安全だと言われている食べ物ですらアナフィラキシーショックを受けてしまう可能性があります。

どんな食べ物でもアナフィラキシーショックを受けてしまう危険性があるため、どんな食べ物を与えればいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。
どんな食べ物にも危険性があるから、食べ物を与えるのが怖くなってしまう人もいます。

しかし、いずれにしても離乳食は与えなくてはならないので、このまま与えないわけにはいきません。だからこそ、初めての離乳食は神経質なくらい気を付けてください。

まず、気をつけるべき点は、どんな食材を与えるにしても必ず「加熱処理をすること」です。野菜や果物は生のままのほうが豊富に栄養素が含まれていることが多いです。とくに、ビタミンなどは熱に弱いものも多いので、野菜や果物は加熱処理をすることをおすすめしません。
しかし、栄養素が多いということは、その分、アレルギー反応を起こしてしまう成分が多いということにもなります。
なるべくたくさんの栄養素を与えたいという気持ちはわかりますが、まずはアレルギーを起こさないことを第一とし、食材は必ず加熱処理したものを与えましょう。

また、与える量も気を付けてください。与える量は「最初はひと口のみ」がベターです。初めて与える食材は必ずひと口のみに抑えておきましょう。そこで、とくに変わったことがなく、大丈夫ならは次に与えるときはふた口、その次は3口と増やしていきましょう。

同じ食材を与え続けるのはNG

どんな食材でアナフィラキシーショックが起きるかわからないため、大丈夫な食材を与えてしまいがちですが、同じ食材を与え続けると、それがアレルギーの原因になってしまうことがあります。
なので、ずっと同じ食材を与え続けるということは避けてください。

おすすめは回転食です。回転食というのは、毎日違う食材を与えて、それをローテンションしていくという方法です。3日ローテンションの人もいますが、おすすめは5日のローテンションで行なう回転食です。
その理由は、ほとんどの食材が5日で体内から排出されるからです。5日だと99%、3日だと90%は排出されます。同じ食材を与え続けたことが原因でアレルギーを起こさないためには、5日回転食が最適ということです。

例えば、5日回転食の場合、どのようなローテンションになるのかというと、1日目はにんじん、2日目はりんご、3日目はだいこん、4日目はほうれん草、5日目はいも、そして6日目はにんじん…という感じでローテンションしていきます。
3日回転食の場合は、1日目はにんじん、2日目はりんご、3日目はだいこん、そして4日目ににんじんという感じになります。
(※こちらのローテンションは一例であり、アナフィラキシーショックを起こさないという安全性が認められた食材ではありません。)

もちろん、7日や10日とローテンション日数を増やしても問題はありませんが、与えても大丈夫な食材を探すのは大変なので、5日回転食で大丈夫です。

なお、市販の離乳食はたくさんの食材が入っているので、アトピー性皮膚炎の赤ちゃんには与えないことがベターです。

離乳食を始める前にきちんと知るべきこと

322

離乳食を始める前に知るべきことがあります。それは、「特定原材料」と「特定原材料に準ずるもの」についてです。要するに、食物アレルゲンについてです。
まず、特定原材料は、ご存知の方が多いと思いますが「卵,乳,小麦,そば,落花生,えび,かに」の7種類の食材が特定原材料に指定されています。これはアレルギーを持っている人が多い食材です。

また、アレルギーが多いと言われている大豆やカシューナッツ、くるみ、ごまは、特定原材料に準ずるものに指定されています。ちなみに、特定原材料に準ずるものには、大豆とカシューナッツ、くるみ、ごま以外には、オレンジ,りんご,キウイフルーツ,バナナ,もも,まつたけ,やまいも,牛肉,鶏肉,豚肉,あわび,いか,いくら,さけ,さば,ゼラチンがあります。
比較的よく食べられる牛、鶏、豚や、安全だと思われているりんごやバナナなども大豆などと同じように特定原材料に準ずるものに該当するのです。

じつは、このような食物アレルゲンに関することは離乳食のレシピ本にはほとんど載っていません。だから、知らずにレシピ本見て離乳食を作ってしまうお母さんも多いです。
アトピー性皮膚炎でなければ、大丈夫なのかもしれませんが、アトピー性皮膚炎の赤ちゃんには、このような無知はとても危険なことです。

もちろん、食物アレルゲンに指定されている食材を与えても、大丈夫なアトピーっ子もいるので、絶対に与えていけないというわけではありません。
しかし、アレルゲンになる可能性が高い食材がラインナップされているため、なるべく与えないことが無難です。

離乳食を始める前にぜひ、食物アレルゲンについて一度調べてみてくださいね。

いつでも病院へ行けるようにすること

最後に、アトピー性皮膚炎の赤ちゃんの離乳食の進め方について、気を付けるべき点をひとつ紹介します。それは、万が一のときを考えて、離乳食を始めるときや、初めての食材を与えるときは、いつでも病院へ行けるようにすることです。
大人になったら平気になるかもしれない食材でも、赤ちゃんのうちは危険な場合があります。だから、万が一アナフィラキシーショックを起こしてしまったとしても、すぐに病院に行けるようにすることが重要なのです。

おすすめは、病院が開いている時間に離乳食を与えることです。夜間や休日などは診療を受け付けていないところもありますので、必ずかかりつけの病院の営業時間を確認して、万が一のことを考えて営業時間に合わせて離乳食を与えてください。

重湯や母乳は、とくに問題はないと思いますので、いつも通り与えて大丈夫です。

もしも、あなたの大切なお子さんが、赤ちゃんのうちにアトピー性皮膚炎になってしまったら、ぜひ、アレルギーに気をつけて、慎重に離乳食を進めてくださいね!

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です