断食はアトピーに効果的!ストレスを感じず断食する方法

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

232

断食って聞くとどんなイメージをいだきますか?宗教的行為やダイエットなど、人によってイメージはさまざまだと思います。

そんなイメージをいだかれる断食ですが、じつはアトピー性皮膚炎の改善にも効果的だと言われているのです。でも、断食って危険じゃないの?ストレスたまらないの?と心配する声が多数あがっているのも確かなこと。
そこで、断食は本当にアトピー性皮膚炎に効果があるのか、断食は危険なのか、断食とアトピー性皮膚炎について調べてみました。

断食とは?

断食とは、決められた一定期間、すべての食べ物もしくは、特定の食べ物を断つ宗教的行為です。要するに食べ物の摂取を断つことです。断食中の祈願は必ず神に聞き入れられるとして、イスラーム教では祈りの効果を高めるために行われています。
また、精神を鍛える修行として、古くから多くの宗教で行われています。日本でも9日間断食や断水、不眠、不臥を行なう四無行という仏教の修行が行われています。

最近では、健康法や医療目的、デトックス目的として行われている人が多いようです。例えば、ファスティングダイエットなどですね。ファスティング(fasting)とは、英語で断食という意味なので、ファスティングダイエット=断食ダイエットということになります。

断食の効果って?

234

私たちは食べ物を体内に取り入れると、体の中のさまざまな器官が食べ物を消化し、栄養を体全体へ運んでいくようにはたらきます。しかし、消化器系の器官も体の一部です。歩き続けると足が疲れてきたり、考え続けると頭が疲れるように、食べ物を消化し続けるとこれらの器官も疲れてしまいます。
疲れてしまうと、なかなか本来の力を発揮することができません。やはり、人間ですので疲れたら「休む」ことが必要です。では、消化器系の器官を休ませるにはどうすればいいのかというと、食べ物を摂取しなければいいのです。要するに、断食は消化器系の器官に休憩時間を与えることになります。

とくに、腸を休めることはアトピー性皮膚炎にとって効果的です。まず、腸を休めることで、働きが正常な状態に戻ります。正常に働くようになると、効率的に栄養素を吸収するようになるため、免疫力アップや、肌のバリア機能の向上など、体内や肌を健康的にしてくれます。
さらに、断食後に食事を摂取すると、胃や大腸が休んでいた分活発に働き出すので便通の改善にも効果的です。

ほかにも、デトックス効果があるため、アトピー性皮膚炎の原因ともなっている体内にたまった毒素たちを、効率的に体外へ排出することができるようになります。
とくに、アトピー性皮膚炎を悪化させる原因とも言われている脂肪分は、断食を行なうことでスムーズに排出されるようになります。さらに、断食中は、食べ物が体内に残っていない状態になるので、体内にたまっている脂肪分なども燃やされていきます。

胃腸をリセットしつつダイエット効果も期待できるので、肥満大国と言われているアメリカでは、人気のダイエット方法として行われています。

以上のことから、断食には腸内環境をよくする効果が期待できるといえます。アトピー性皮膚炎の食事量歩において目指しているのは腸内環境の改善です。
食事療法では、食事メニューを改善して行われますが、断食では食事メニューの改善ではなく胃腸を休ませて腸内環境を整えるという方法になります。やり方は違いますが、アトピー性皮膚炎においては、食事療法も断食も目的が同じだと言えるでしょう。(※厳密には違いますが、腸内環境の改善という目的は同じです。)

断食ってイライラしてストレスにならないの?

233

断食というと1日とか最低でも半日くらい何も食べないってイメージがあると思いますが、最近注目されている方法はそうではありません。
宗教的行為として行われる断食では、日が沈むまで水しか飲んではいけない、1日中なにも口にしてはいけないというルールがありますが、アトピー性皮膚炎を改善したりなど、健康目的の断食は自分のライフスタイルに合わせて行って大丈夫です。

では、最近注目されている断食の方法をご紹介いたします。それは、16時間断食です。「16時間って多くない?」と思った人も多いと思いますが、16時間は、睡眠時間も含めて16時間です。そして、24時間から16時間を引いた残りの8時間は、いつもと同じように好きなものを食べて良いというスタイルになっています。

例えば、朝7時に朝食を取る場合、最後の食事は15時に行なうことになります。しかし、これでは少し早いですよね。それが辛いという人は、朝は水のみにして、お昼(12時)から食事をとるようにすれば20時まで食べていいことになるので、これなら無理なく断食ができるのではないでしょうか。

因みに、21時までに食事を済ませるか、寝る3時間前までに最後の食事を終わらせるのがおすすめです。あとは、睡眠時間+起きている時間少し我慢すればいいので、厳しい断食よりもストレスが少ないとして注目を集めています。
しかも、8時間のあいだにとる食事は、食べてはいけないものなどもなく、食事制限が設けられていないので、好きなものを食べられるというのも、この断食の魅力です。もちろん、食べ過ぎは禁物ですが、1500~2000kcalくらいならいつもどおりの食事をしてOKです。因みに、この方法は「8時間ダイエット」と呼ばれているようです。

夜勤や日勤などがり、ライフスタイルが日によってバラバラでできないという人は、最後の食事から次の最初の食事まで16時間以上あけるという方法でも大丈夫です。その場合は、8時間以内に食事を終わらせる必要はありません。
とにかく16時間以上食事をとらなければ大丈夫なのです。

断食なので、合う合わないがあると思いますが、この方法は安全でストレスがたまりにくい断食方法なので、アトピー性皮膚炎の人にもおすすめです。

断食中にやったほうがいいこと!

231

断食中にやったほうがいいことは、水をたくさん飲むことです。私たちは水を飲む以外に、食事からも水分を補給することができます。しかし、断食中は食事ができないため、その分、水分が不足してしまいます。
なので、食事で水分を摂取できない分、水を飲むことをおすすめします。多少はお腹にもたまりますので、空腹を紛らわせることもできます。口が寂しいときは氷でも大丈夫です。

また、水を飲むことでデトックス効果も高まります。もちろん、飲み過ぎはよくないので、いつもより少し多いくらいの水を飲むのがおすすめです。例えば、朝断食をするなら、朝飲む水1杯+食事代わりに水1杯というようにすれば、無理なくいつもより多めの水を飲むことができます。

断食腸内環境を改善してアトピー性皮膚炎を治そう!

断食は胃腸を休めたりすることでデトックス効果や、腸内環境を改善する効果が期待できます。腸内環境の改善を目的とする食事療法が合わない人におすすめです。
食事療法で腸内環境の改善を目指すように、アトピー性皮膚炎には腸内環境の改善は大切なことです。そのため、断食もアトピー性皮膚炎の改善には効果的だと言えます。

断食は危険だとか、ストレスがたまるだとか言われていますが、自分のライフスタイルに合わせて行うことができ、断食後は好きなものを食べてもいいので、そこまでストレスはたまりません。
もちろん、合う合わないはありますが、慣れてくればストレスフリーで断食を行なうことができるようになります。

アトピー性皮膚炎の改善だけでなく、ダイエットや健康維持目的としても断食をすることはおすすめです。ぜひ、アトピー性皮膚炎を治したい人は治療の一環として取り入れてみてはいかがでしょうか。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です