赤ちゃんのアトピーとお母さんの母乳の関係について

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

174

赤ちゃん(乳幼児期)の肌はとてもデリケートで、湿疹ができやすいです。乳児湿疹の場合もありますが、アトピー性皮膚炎の場合もあります。
しかし、赤ちゃんののアトピー性皮膚炎はきちんとしたケアを行えば、1~2歳ごろには完治していることが多いです。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は完治することが多いですが、ちょっと気候が変わっただけでもすぐに悪化してしまうことが多いです。大人でも簡単に悪化してしまうアトピー性皮膚炎。赤ちゃんの肌は薄くデリケートな分、大人以上に悪化しやすいのです。
さらにかゆみも我慢できませんので、ついつい自分の手で引っ掻いてしまいます。

でも、中にはアトピー持ちでもあまり悪化しない赤ちゃんもいます。

では、その違いはなんでしょうか?

赤ちゃんのアレルギーやアトピーはお母さんの母乳に大きく関係する

アトピー性皮膚炎はアレルギー反応によって悪化することが多いのはご存知だと思います。ということは、アレルギー反応を出にくくすれば、アトピー性皮膚炎の症状の悪化が抑えられるということになります。

では、どうすればアレルギー反応を抑えることができるのかというと、まずはアレルゲンとなる物質を与えないことです。

そして、粉ミルクではなく母乳を与えることです。
なぜ、粉ミルクではなく母乳をあげた方がいいのかというと、お母さんの母乳には、アレルギー反応を抑えることができる、アレルギーに強くなる物質が含まれているからです。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸
おすすめアトピー石鹸

アレルギーに強くなる物質とは?

17

では、母乳はなぜアトピー性皮膚炎の悪化を予防することができるのかというと、母乳には「IgA抗体」が含まれているからなのです。

IgA抗体とは、体内に異物が入ってこないように、侵入してきた異物を取り押さえて、体外へ排出することができる体のバリア機能です。IgA抗体があることで、万が一体内にアレルゲンが侵入してきたとしても、本格的に体内に入ってくる前に外に追い出してしまうので、アレルギー反応が出ずに済みます。

一方、似たようなもので「IgE抗体」というものがあります。
IgE抗体はアレルゲンから体を守るために働くものですが、IgE抗体が多いとそれだけアレルゲンへの攻撃が激しくなります。そして、その攻撃が炎症となって症状に現れてしまうのです。

なので、アレルギーを抑えるにはIgE抗体を少なくし、IgA抗体を多くする必要があります。
そして、IgE抗体を少なくしIgA抗体を多くするには、腸内環境が大きく影響します。では赤ちゃんの腸内環境を良くするにはどうしたら良いのかというと、やはり母乳が赤ちゃんの腸内環境と大きく関係するのです。

母乳は赤ちゃんにどのように影響するのか?

では、母乳は赤ちゃんにどのような影響があるのかご紹介いたします。

まず、IgA抗体が増え、免疫力が高まったり、アレルギーに強い体質になります。また、ラクトフェリンというこれも赤ちゃんの免疫力増加に影響する物質も摂取することができます。
さらに、感染症に強くなることができる白血球や、血流改善にも影響する鉄分など、たくさんの栄養素を母乳だけで摂取することができます。

病気やアレルギーに強い赤ちゃんにするなら、やはり母乳をあげたほうが良いということになります。

しかし、母乳は良い影響だけしかないというわけではありません。
母乳には、わずかではありますが、お母さんが摂取した食べ物の成分が含まれています。そのため、赤ちゃんにとってアレルゲンである物質を食べてしまうと、アレルゲンが赤ちゃんの体の中に侵入して、アレルギー反応を誘発し、アトピー性皮膚炎の症状を悪化させてしまうことがあります。

なので、最近では、授乳中はアレルゲンになりやすい牛乳や卵は摂取しないというお母さんが増えているそうです。中には、医療機関でも赤ちゃんにアトピー性皮膚炎の症状が見られるようになったら、牛乳と卵の摂取はやめるようにと指導されることもあります。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸
おすすめアトピー石鹸

アトピー赤ちゃんの授乳中におすすめの食材

171

母乳には食べたものの成分がわずかですが含まれています。しかし、そのわずかでも赤ちゃんの体に影響を及ぼすことがあるので、授乳中はアレルギーに強くなるような食べ物を摂取することがおすすめです。

アレルギーに強くなる食べ物はたくさんありますが、その中でもおすすめなのはアロエ、ヨーグルト、キムチ、キウイ、パパイヤです。
まず、アロエですが、アロエはIgAを増やす効果が期待できます。そして、ヨーグルトとキムチは、腸内環境に大きく影響する乳酸菌が豊富で、IgE抗体を減らす効果があります。キウイやパパイヤにもIgE抗体を減らす効果があります。

おすすめはデザートにキウイやパパイヤを入れたアロエヨーグルトを食べることです。おやつや朝食にもなりますし、続けやすいのではないでしょうか。

ほかにも、アレルギーに強くなる食材はたくさんあるので、自分にアレルギーがなくても赤ちゃんのために授乳中は積極的にそのような食材を食べるようにしてください。

また、最低でも生後6ヵ月くらいまでは低カロリーで高タンパクな食事を意識することがおすすめです。少し大変ですが赤ちゃんのためになるだけでなく産後太りの解消にもなるので、生後6ヵ月くらいまでは、自分自身の食事にも気をつけてください。

母乳からアトピーやアレルギーがうつることはあるの?

心配になるのが、母乳から母親のアトピーやアレルギーが赤ちゃんにうつってしまわないかどうかです。

アトピーやアレルギーは遺伝することはあります。しかし、そもそもアトピーやアレルギーは、感染症ではないので、母乳を与えたところで赤ちゃんにうつってしまうことはありません。

「母乳を与えたら赤ちゃんがアレルギーになっちゃった!」という話は、母乳に含まれている成分に、赤ちゃんが反応してしまっただけであり、移ったわけではありません。
なので、アレルゲンを摂取しないように気をつければ、自分にアレルギーがあっても母乳を赤ちゃんに与えること自体は問題ありません。

ただし、胸付近にアトピー性皮膚炎の症状が酷く出ている場合は、症状が治まるまでは自重した方が良さそうです。

母乳で赤ちゃんのアトピーをいっしょに治そう!

175

赤ちゃんのアトピーの改善には、赤ちゃんだけでなく母親もいっしょに頑張らなければなりません。やはり、母乳は赤ちゃんの体に大きく影響するものですから、母親自身が質の良い母乳を作るように努力しなければならないのです。
母乳の質をあげることは母親しかできないことですし、我が子のためなら、たった半年くらい頑張れるのではないでしょうか。

ただ、母親のストレスは赤ちゃんにも伝わりますので、たまには好きなものを好きなように食べる生活をすることは悪くないと思います。もちろん、アレルゲンには気をつけてくださいね。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は、しっかりケアをしていれば治りますが、中には治らずそのまま子どものアトピー性皮膚炎になってしまうこともあります。長引いてアトピーが悪化してしまわないようにするためにも。母乳を与えてアレルギーに強い体質作りの手助けをしてあげてください。

もちろん、母親自身にアレルギーがあっても、母乳から赤ちゃんに影響が及ぶことはありませんので、そこは心配しなくてもOKです。

自分の赤ちゃんがアトピー性皮膚炎と判断されたら、粉ミルク派の人もぜひ、母乳に変えて赤ちゃをアトピーに負けない体質にしてあげてくださいね!

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です