アトピーの人がなりやすいアトピー咳嗽ってどんな病気?

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

151

アトピー性皮膚炎の人は体質や肌の弱さからさまざまな疾患や、症状に襲われることがあります。そのなかでも、最近増えてきていると話題になっているのが「アトピー咳嗽(がいそう)」というものです。

今回は、アトピー咳嗽ってどんな病気なのか、どんな人が発症しやすいのかをご紹介いたします。

アトピー咳嗽とはどんな病気?

アトピー咳嗽とは、慢性的に咳が出る気管の病気です。どのくらい咳が出るのかというと1ヶ月以上続きます。アトピー性皮膚炎で、なおかつ1ヶ月以上咳が出る人は、アトピー咳嗽である可能性があります。

咳の状態は、たん(痰)が混ざっていない乾いた感じの咳で、ヒューヒューゼイゼイするような呼吸音もありません。

似ている症状で言えば「咳喘息」ですが、咳喘息の場合は気管支の病気であり、アトピー咳嗽は気管の病気なので別物です。ただし、症状がとてもよく似ているため症状だけで咳喘息なのかアトピー咳嗽なのか診断をすることはできません。
初診時に処方される薬で症状が改善されたか、効果がなかったのかを見て診断をくだします。

咳喘息の場合、「気管支拡張薬」という薬で改善されますが、アトピー咳嗽には効果がありません。一方、アトピー咳嗽の場合は「ヒスタミンH1受容体拮抗薬」や「吸入ステロイド薬」で改善されます。

また、アトピー咳嗽の特徴として、咳は夜から早朝にかけて出ることが多いです。お昼の活動には影響なくても、咳のせいで眠れなくなってしまう人もいます。

さらに、アトピー咳嗽はとある原因が絡むことで誘発されることがあります。とある原因というのは、例えばたばこの煙だったり。ストレスだったりとさまざまです。ときには会話をしているだけで誘発されることもあります。

このように、ただの咳のように思えても、実はアトピー咳嗽にはほかの咳とは違う特徴があるのです。

どんな人がアトピー咳嗽になるのか?

152

アトピー咳嗽は名前の通り、アトピー性皮膚炎の人がなりやすいです。ただし、必ずしもアトピー性皮膚炎の患者さんがアトピー咳嗽になるというわけではありませんし、アトピー性皮膚炎じゃないからといってアトピー咳嗽を発症しないという保証はできません。
要するに、アトピー性皮膚炎の人は発症しやすいですが、アトピー性皮膚炎じゃない人でも発症する可能性があるということです。

ではアトピー性皮膚炎じゃない人でなりやすい人はどのような人かというと「アトピー要因を持っている人」や「閉経後の女性」などが多いです。
ちなみに、アトピー要因とはアトピー性皮膚炎のことではありません。

アトピー要因とは、アレルギーになりやすい体質のことです。アレルギーになりやすいというだけであって、自分がアトピー要因を持っていると気付かない人もいます。
例え自分にアレルギーがなくても、家族にアトピー性皮膚炎や花粉症、アレルギー性鼻炎などアレルギーに関する疾患やアレルギーを持っている人がいると、アトピー要因を持っていることになります。

このようなアレルギー持ちでない人でも家族にいればアトピー要因を持っていることになり、アトピー性皮膚炎を発症していなくてもアトピー咳嗽を発症する可能性があるということになります。

また、閉経後の女性に多い理由はホルモンバランスが関係していると考えられます。しかし。アトピー要因を持っている、閉経後の女性に多いなど、発症しやすいと思われる人はいますが、実はいまだに原因は不明の部分が多いため、アトピー要因もなく、閉経後の女性でなくても発症する可能性は否めません。

アトピー咳嗽の治療方法

アトピー咳嗽は基本的に薬で治療します。まずは「ヒスタミンH1受容体拮抗薬(抗ヒスタミン剤)」です。抗ヒスタミン剤は眠気のあるタイプ(第一世代)と眠気を感じないタイプ(第2世代)がありますが、いまは第2世代のを処方されることが多いそうです。
ただし、アトピー咳嗽に対する抗ヒスタミン剤の有効率はおよそ60%程度であり、効果が感じられない人もいます。

抗ヒスタミン剤で効果が感じられなかった人には、「吸入ステロイド薬」を使用します。ただし、中には吸入ステロイド薬の使用が難しい患者さんもいるので、そのような方には経口ステロイド薬を処方します。
改善すればステロイド薬の使用は終わりますので、アトピー性皮膚炎のように長期的に使用しなければならないということはありません。

ただし、重症の場合は薬物療法だけでは改善が難しい場合も考えられますので、中には入院をしなくてはならない人もいるようです。
いずれにしても、咳が1ヵ月以上続いたら、重症化する前に早めに受診することが大切です。

受診時に医師に伝えておきたいこと

153

アトピー咳嗽は咳喘息と似ているため、初診時にきちんとした診断を下すことは難しいです。しかし、咳の特徴をある程度伝えると、診断の助けになりますので、咳が続くなと思ったらチェックリストを作ることをおすすめします。

チェックしたい項目は以下の内容です。

(1)ヒューヒューゼイゼイするような呼吸音がない(2)今までヒューヒューゼイゼイするような呼吸音がまったく出ていない(3)痰が絡まない咳が1ヵ月以上続いている(4)今まで呼吸困難になっていない(4)咳が出るのは夜から早朝にかけてが多い(5)たばこの煙、運動、ストレス、エアコンの風、ほこりなどで咳が出ることがある(6)アトピー性皮膚炎もしくはアトピー要因を持っている(6)肺活量など呼吸機能に異常がない。

このような項目に当てはまるかどうかのチェックリストを作成し、受診時に医師に伝えることで、より明確な診断が下されるようになります。

長引く咳は危険なことも…!

アトピー咳嗽は命に関わるような重大な病気というわけではありませんが、長引く咳の中には命を落とす可能性のある病気もあります。

例えば結核です。結核は、昔は多くの人の命を奪っていた病気であり、今はきちんとした治療を受ければ治すことができます。しかし、医療技術が発展した今でも、命を落とす人が年間で2000人前後います。
日本の人口からしてみたら少ないかもしれませんが、命を落とす可能性があるだけに、放置してはならない病気なのです。

ほかにも、マイコプラズマ肺炎や肺炎、百日咳など、見逃すことのできない病気はたくさんあります。
どちらにしても長引く咳は、命の危険にさらされる可能性があるため、絶対に放置しないようにしましょう!

1ヵ月以上咳が続いたらすぐに病院へ!

154

アトピー性皮膚炎の患者さんの中で、1ヵ月以上咳が続いている人がいたら、放置せずすぐに病院へ行きましょう、アトピー咳嗽の可能性があります。

ただし、初診だけでアトピー咳嗽かどうかは判断できませんので、自分でとのような症状があるのかチェックすることがおすすめです。しっかりチェックすることで、診断の助けになるので、少しでもおかしいなと思ったらチェックしましょう。

しかし、長引く咳には危険な病気が潜んでいる可能性もあります。1ヵ月以上長引いたら病院へとお伝えしましたが、長引く咳の中には2週間以上続いた時点で診断できる病気もあるため、不安な人は2週間以上続いた時点で受診しても良いでしょう。

アトピー咳嗽は命に関わる可能性は低いですが、寝不足など生活レベルを低下させてしまう可能性があるため、自分のためにも、周りの人のためにも早めの治療が大切になります。
特に、アトピー性皮膚炎の人は発症しやすい病気ですので注意しましょう。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です