アトピーの人のウエディングドレス選びと気をつけたいこと

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

131

アトピー女子の悩みと言えば「自信を持って肌を見せられない」ということではないでしょうか。

特に夏は憂うつという人もいますよね。アトピーでなくても、肌が荒れていると肌を見せたくないと思います。ただの肌荒れなら、夏など露出が多くなる季節になるまえに対策をして治してしまえばいいのですが、アトピー性皮膚炎はなかなか治るものではありません。

そんなアトピー女子もいつしか籍を入れて、結婚式を行なうということもあると思います。そのときに、この「自信を持って肌を見せられない」という悩みにいつも以上に悩まされることになります。
なぜならば、最近のウエディングドレスは肩出しデコルテ出しのスタイルが一般的だからです。

そこで、今回はアトピー女子はどんなウエディングドレスを選ぶのか、ウエディングドレス選びなどで気をつけたいことは何かなど、アトピー女子の体験談を元にまとめてみました。

ウエディングドレスは普通のでOK

デコルテや肩が出ている一般的なウエディングドレス。アトピー女子にはちょっと抵抗があるかもしれませんが、普通にそのようなウエディングドレスを着ても問題はありません。
「肌が荒れているけど大丈夫かな?」と心配になる人も多いと思いますが大丈夫です。

まず、真っ白なウエディングドレスは、レフ板(撮影の際に使われる被写体に光を反射させる板で、肌を明るく見せる効果がある)肌を明るく見せるので、いつも以上に肌が綺麗に見えるようになります。
さらに、ウエディングドレスの明るい色が目立つので、肌にそこまで注目されません。

そして、ウエディングドレスはどんな人も綺麗に見せる効果がありますので、肌荒れを気にする人ってほとんどいないようです。

また、工夫次第で、露出度を少なくすることができます。ロングの手袋をすれば露出度が抑えられるので、腕の肌荒れは見えなくなります。デコルテ部分はアクセサリーを付けることで隠せます。
ヘアメイクは首周りを隠せるように頼めば、ヘアメイクさんが希望通りの髪型にしてくれます。どうしても隠したいけど隠せないという部分は、ファンデーションを塗ってもらえうと隠せるようになります。ファンデーションで隠せるのか不安になる人もいると思いますが、プロのメイクさんが隠してくれるので、本当に目立たなくなりますよ!

工夫をすれば、露出の多いウエディングドレスでも問題はありませんし、アトピーだからと不安に思う必要もありません。

隠せるようなドレスを選ぶ

132

最近のウエディングドレスは肩とデコルテが出ているのが一般的で、やはり種類も圧倒的に多いです。しかし、すべてのウエディングドレスがそのようなスタイルというわけではなく、首まで隠せるタイプや、袖が付いているタイプ、手首までレース袖になっているタイプなど、肌を隠せるドレスはいくらでもあります。

ただ、やはり種類が少ないため、理想的なドレスに出会えるかはわかりません。もしも、資金に余裕があるのであれば、オーダーメイドという手段もあります。
いまなら、安いところで30万円ほどで作ってもらえるそうなので、オーダーメイドも検討してみてはいかがでしょうか。

和装ウエディングにしてみる

綺麗でふわふわしたウエディングドレスに憧れる人も多いと思いますが、予算が多いのであれば和装ウエディングもおすすめです。

日本ならではの結婚式で素敵だと思います。和装なら、着物なので、腕やデコルテなどを出す必要がありません。露出もあまりないので、アトピー女子でも気にする部分はありません。和装ウエディングはあまり興味ないという人も、一度調べてみることをおすすめします。
調べることで興味を持つこともありますし、和装ウエディングも候補のひとつとして入れてみてはいかがでしょうか。

ウエディングドレスの試着時の注意

133

普通のウエディングドレスにするにしても、和装ウエディングにするにしても、自分に合ったウエディングドレスを見つけるために、必ず試着をすると思います。
肌が荒れていない人なら特に問題はありませんが、アトピーの人の場合は少々注意しなくてはならないことがあります。

まず、ドレスについて相談するときに、自分がアトピーであり肌が弱い(敏感)なことをあらかじめ担当スタッフに伝えてください。そうすることで、チクチクしない肌に優しい素材のドレスをおすすめしてもらえたり、隠したい部分を隠せるドレスを選んでもらえたりします。

また、滲出液が出ていたり、患部が湿っているなどする場合はドレスに滲出液が付いてしまったり、シミができてしまう可能性があります。アトピーの状態が軽ければ特に問題はありませんが、心配なら薄手の肌着を着ていくもしくは持っていくようにしましょう。
肌着を着た状態で試着をしていき、気にいるものがあったら肌着なしで着てみて着心地を確かめてみてください。肌着なしだと心配になる人は、患部にカーゼを当てるのがおすすめです。

ほかにも、結婚式当日にウエディングドレスにシミができてしまった場合についても試着時に聞いておきましょう。大抵は、レンタル代にクリーニング代やメンテナンス代が含まれていますが、中にはレンタル代と別途クリーニング代が必要な場合があるので、あらかじめどのくらいクリーニング代にかかるのか聞いておきましょう。
小さなシミなら追加料金はほとんどありませんが、血液がべったりついてしまっていたり、落としにくい大きなシミができてしまった場合、後日クリーニング代が請求されることがあります。追加請求についてもよくリサーチしておきましょう。

おすすめのウエディングドレスの素材

アトピー女子におすすめのウエディングドレスの素材はシルクとオーガニックコットンです。

まず、シルクですが、ウエディングドレスの専門店もアトピー女子におすすめする素材となっています。その理由は、実はシルクって人の肌と同じタンパク質でできています。だから、肌になじみやすく、かぶれることがほとんどありません。
通気性も吸湿性があるので、蒸れにくくお肌も乾燥しにくくなり、着るだけでアトピー性皮膚炎の人に最適の環境にすることもできます。

さらにツルツルとした光沢がサテンとは比べ物にならないくらい上品で、着心地もいいです。なので、アトピー女子はシルクの素材のウエディングドレスを選ぶことをおすすめします。

また、オーガニックコットンは、農薬不使用で育てられたコットンを使用しているため、薬品によって反応してしまうことはありません。アトピー性皮膚炎の症状を和らげるための服の素材としても使用されているので、オーガニックコットンのウエディングドレスもおすすめです。
仕上がりはシルクのような光沢はありませんが、ふんわりとした優しい感じのドレスになります。オーガニックコットンのみを扱っているウエディングドレス店もあるので、気になる方はそちらを利用することをおすすめします。

自分の好きなドレスを着るのが1番!

134

アトピー女子はウエディングドレス選びに少し注意しなくてはならない点などありますが、いずれにしても、自分が着たいと思ったドレスを着ることが1番です。

肌が荒れている部分が気になるのは仕方のないことですが、それはいくらでも対策をすることができます。それに、堂々と肌が荒れている部分を出しても気にする人はほとんどいません。
ニコニコと最高の笑顔を見せていれば大丈夫です。

ウエディングドレスはあなたの美しさを最大限に魅せてくれるドレスでもあるので、結婚式当日に、残念ながら肌の状態が悪かったとしても、きっとあなたは美しくドレスを着こなせると思います。

大丈夫です。自信を持って、自分の好きなドレスを選んでください!そして、最高の結婚式を作りましょう!

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です