アトピーでも接客業がしたい!世間の声や面接対策などについて

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

51

お店に入れば必ず接客をする人がいます。お客さんに直接商売をする以上、接客は必要不可欠です。なので、アルバイトもパートも正社員も、どんな雇用形態であれ接客業の求人募集が常にされています。
そして、このような接客業で働くアトピー性皮膚炎の方もたくさんいます。

接客業は、化粧品販売やアパレル系など「美容」に関する部分ですと、ある程度の容姿が求められることもありますが、コンビニやスーパー、飲食店などでは容姿は関係ありません。
その代わりに求められるのが「清潔感」です。どんなに見るからにコンプレックスがわかってしまうような容姿であっても、美容に関する業界でなければ特に関係ありません。

しかし、フケがあったりボサボサの髪だったり、髭が生えていたりなど、「だらしない」「不潔」という印象を与えるような格好をしていると、面接では落とされてしまいますし、勤務中なら注意を受けます。
それほど、接客業では清潔感が大切なのです。

そんな清潔感が求められる接客業で働いてみたいという人も多いと思います。接客業は人によっては合う合わないがありますが、人と接することが好きな人なら、どんなに大変でも接客業は楽しい仕事です。
では、アトピー性皮膚炎の人が接客業するための面接対策や、アトピー性皮膚炎の人が接客をしていることに対して、世間の人はどう思っているのかを紹介していきたいと思います。

アトピー性皮膚炎の人が接客していても気にならない

軽いアトピー性皮膚炎なら、ちょっと肌が荒れているくらいでアトピー性皮膚炎って気づかれないこともあります。しかし、ちょっとでも症状が激しくなると、何をしても誤魔化せないくらいになってしまいます。
そんな一発でアトピー性皮膚炎とわかってしまうような人が、接客していることに対して、世間の人はどう思っているのか調べてみました。

やはり、一番多いのは「全然気にならない」という意見でした。
アトピー性皮膚炎は不潔だから発症しているわけではなく、体質的なものであり、決して不衛生ではありません。さらに、人から人へ移るような感染症でもありません。このようなことをきちんと理解している人が増えてきているため、「その人の肌質」として捉えられ、例えアトピーがひどい状態であっても気にならないという人が多いそうです。

ただし、どんなに気にならないと言っても、接客中に湿疹をかきむしるなどの行為はNGです。ましてや、衛生面にとても厳しい飲食店での接客では、湿疹には絶対に触れてはいけません。
アトピー性皮膚炎出ない人でも頭をかいたり、目をこすったりした手では料理を運んでほしくないと思うのと同じで、湿疹を触った手で料理を運ぶのは絶対にしないようにしてください。

人前で湿疹を触ったりしなければ、特に肌が汚いとか気になるとか、そのようなクレームが入ることもほとんどありませんし、気にする人もほとんどいません、

また、気にならない人は多くても、湿疹が酷いと「どうしたのかな?大丈夫かな?」と、心配で気になってしまう人もいるようです。中には、直接話しかけてしまうという人もいます。
もしも、接客中にお客さんに「大丈夫?」と話しかけられたら、きちんと答えてみてください。きっと、あなたを応援してくれると思います。その応援がアトピー治療への励みになることもあります。心配してくれる人に悪い人はいませんので、安心して答えてくださいね。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸
おすすめアトピー石鹸

ただしごく一部に否定的な人もいます

53

アトピー性皮膚炎に対して理解のある人が増えてきているので、別になんとも思わないという人が多かったり、他のことに集中しているからそもそも店員さんのことなんて見ていないという人も多い中、ごく一部ではありますが、未だにアトピー性皮膚炎に対して理解が足りずに差別している人もいます。

「そんな手で商品に触らないで!移ったらどうするの?」と人が見ている前で怒鳴りつける人や、「その肌どうにかならないの?」と軽蔑した目で言ってくる人などもいます。
ただ、このようなことを言ってくるのは本当にごく一部の人であり、何年も同じところで接客していてもこのようなことを言われたことない人もたくさんいますし、言われても1回だけだったりするそうです。

そして、このような否定的なことを言ってくる人たちは、比較的中高年の人に多いです。若い人にとってはアトピー性皮膚炎は身近な皮膚疾患でもあるので、きちんとどのような病気なのか理解している人が多いですが、中高年の人はアトピー性皮膚炎と無縁の人生を歩んできた人も多いので、理解もなく間違った知識を持っている人もいるのです。
なので、否定的なことを言ってくる人は中高年の人に多い傾向になっています。

言われた本人としては、とてもショックですし、中には「みんな言わないだけで、みんな自分のことを汚いと思っているのではないか?」と、周りの目に敏感になりすぎてネガティブになってしまう人もいます。
しかし、否定的な人はごく一部であり、大抵の人はアトピー性皮膚炎に対してなんとも思っていません。だから、周りの目は気にせずに、安心して接客してください。

否定的なことを言ってくる人たちは、そもそも理解しようとも思っていないので、気にせずに放っておきましょう。
そのような人たちのことを気にするのではなく、自分を心配してくれたり、応援してくれている人に対して感謝しましょう。味方はたくさんいますので、何を言われても気にする必要はありません。気にせず接客を続けて大丈夫です。

アトピー性皮膚炎の人は面接に受かりにくい!?

清潔感を第一にしている接客業は、清潔感のない人は受かりにくいです。アトピー性皮膚炎であろうとなかろうと、清潔感が感じられない格好をしている人は落とされます。
アトピー性皮膚炎はどんなに清潔にしていても、炎症が激しくなってしまうことがあります。それは仕方のないことです。最近では理解ある人が増えてきているので、アトピー性皮膚炎であっても面接で落とされることは少なくなってきていますが、やはり中には湿疹が気になってしまい落としてしまうこともあるそうです。

なので、アトピー性皮膚炎の人は面接で落とされる可能性が、普通の人よりも若干高くなっています。理解のない雇い主の元で働いても、どうせ辛くなるだけなので、差別的な理由で落としてくるようなところで働く必要はありません。
ただし、きちんと理解した上で雇ってくれた場合は、期待に応えられるようにしっかり働きましょう。これは、接客業であってもなくても同じです。

また、アトピー性皮膚炎が気になるからという理由ではなく、炎症が激しくなって突然休まれるのが困るからという理由で落とされることもあります。人間誰しも突然仕事を休まなくてはならないことだってあります。アトピー性皮膚炎に限らずとも、仕事に突然いけなくなることは誰でもありえることなのです。
それなのに、突然休まれると困るからという理由で落としてくることがあるのです。接客業(特に飲食店)は、人が足りていないことが多いです。だから、突然休まれると代わりがいないのです。だから、従業員不足が深刻な職場ほど突然休む可能性のある人を嫌がります。

ただ、どんなに健康的な人でも、落とされるときは落とされますので、受からなくても落ち込まないでください。アトピー性皮膚炎のせいで落ちたと思わず、運が悪かったと思いましょう。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸
おすすめアトピー石鹸

接客業の面接に受かる可能性を上げるには?面接対策について

54

では、接客業の面接に受かる可能性を上げる面接対策についてご紹介いたします。
まず、清潔感が大切です。アルバイトであろうと、正社員であろうと清潔感が重視される業界ですので、不衛生に見えないような格好で面接を受けましょう。

髪はフケがでないようにしっかりとシャンプーをすること、髪はボサボサにならないようにきちんとセットをすること。ただし、整髪料をベタベタと付けていると逆に不衛生に見えるので注意してください。
男性の場合、髪が長い場合はなるべく短めに切ること、女性の場合は髪をまとめておくと受かりやすくなります。男性ウケがあまり良くないお団子ヘアも、面接ウケはいいので、参考にしてみてください。
また、前髪は目にかからないように切ったり、まとめたりしておきましょう。

当たり前ですが、顔に汚れを残さないこと、髭はしっかり剃ること、まゆげもなるべく整えておくことをおすすめします。
女性の場合は、ナチュラルメイクで、化粧を濃くしすぎないようにしてください。

そして、面接中は絶対に「皮膚を触らないように」してください。皮膚を触ってしまうと、それだけで印象が悪くなってしまうので、面接中に痒くならないように、心配な部分に予めかゆみ止めを塗るなどして、かゆみ対策をしておきましょう。
もしも、面接中にかいてしまったりすると、「接客中に肌をかいてしまうかもしれない」と思われて落とされる可能性が上がります。

また、面接では「きちんと病院で治療を行っているのか」「どれくらいで治るものなのか」などを聞かれることがあるので、聞かれたらきちんと正直に答えましょう。
例えば、病院で治療を行っていなくても、漢方薬や化粧品などで治療を行っている場合は、「病院には以前行っていたが、今は専門家(漢方薬なら薬剤師)の指導の元で治療を行っている」という感じで答えましょう。

ただ、問題は「いつ治るか」です。いつ治るかなんて知っている人はいません。治りかけているなら「もうすぐ治ると思います」と答えられると思いますが、治療まっただ中で終わりが見えない場合は答えようがありあせん。
しかし、「わかりません」と答えると、本当に真剣に治療を行っているのか、本当に治す気があるのか疑われてしまう可能性があるので、「半年から一年ほどを目処にしていて時間が掛かりそうだが、今のところ改善傾向にある」という感じで、治療で改善されていることを伝えつつ、長期間かかるかもしれないということを伝えましょう。

必ず受かる保証はありませんが、対策しておくことで、受かる可能性が上がるので、事前にしっかり準備をしておきましょう。

アトピーでも接客業をあきらめないで!

52

アトピー性皮膚炎だからといって接客業ができないわけではありません。アトピー性皮膚炎でも接客業をしている人はたくさんいます。
否定的な意見を持っている人は、一部の理解のない人だけなので、基本的にはアトピーだからと気にする必要はありません。普通に、周りと同じように接客していればいいのです。
あなたとアトピーを気にする人もあまりいないので、アトピーだからといって接客業をあきらめる必要はありません。

世間は少しずつ、アトピー性皮膚炎に対する理解を深めようとしてきているので、差別されることも少なくなってきています。
接客業をしていれば、アトピーであろうとなかろうと辛い思いをすることがあると思います。人と触れ合うのですから仕方のないことです。そんなネガティブなことばかりを気にするのではなく、ポジティブに気楽に過ごすことが一番です。

辛いことがあっても、アトピーのせいにしないで、あきらめずに前へ進みましょう。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です