アトピー治療にステロイドは安全?危険?本当はどっち?!

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

41

アトピー性皮膚炎の治療で使われる薬と言って、誰もが思い浮かぶであろう薬は「ステロイド」だと思います。確かにアトピー性皮膚炎の治療薬として、ステロイドは非常にポピュラーな薬です。
しかし、ステロイドというのは「炎症を抑えるだけ」の薬であり、アトピー性皮膚炎の根本的な部分を治すことはできません。

そして、ステロイドの使用において不安に思う人もたくさんいます。なぜ、みんなステロイドの使用に不安を抱いているのかというと「副作用」があるからです。この副作用に対する不安と恐怖により、ステロイドの使用を拒否する人や、ステロイドをやめる人(脱ステロイド)が増えてきています。
しかし、その一方で「ステロイドは安全な薬だ」と唱えている人もたくさんいます。

要するにステロイドについて、「危険である」という意見と「安全である」という2つの意見が存在しているということです。
では、なぜ2つの意見が存在しているのか、そして本当は安全なのか危険なのか2つの意見を参考にしながら考えていきましょう。

ステロイドが安全と唱えているのは医師に多い

45

アトピー性皮膚炎で皮膚科にいくとステロイドを処方されます。最近ではステロイドは嫌だと断る患者さんも多いそうですが、医師曰く、患者さんが怖がるほどステロイドは怖い薬ではないそうです。
その理由は「ステロイドで全身に現れるような副作用が出ることはほとんどない」「重大な副作用が発生したケースを知らない」ということです。

ステロイドを使っていると確かに副作用は現れてきます。ステロイドの副作用には、多毛や色素沈着など、塗った部分に現れる局所的副作用と、免疫力の低下という全身に現れる副作用があります。
皮膚に塗るだけで全身に副作用が現れることがあるのかという疑問もあると思いますが、皮膚に塗るとステロイドの成分が血管へ浸透して全身に回ってしまうので、弱いステロイドを使用しても全身の副作用が出る可能性は0ではありません。

塗る部位によってステロイドの吸収率は変化するものの、全身に副作用が出るのは強いレベルのステロイドを「異常なほどまでに大量に塗ったとき」であり、普通に使っていれば全身への副作用はほとんど出ないという見解を持っているようです。

もちろん、全ての医師がこのような意見であるというわけではありませんが、アトピー性皮膚炎ならステロイドを勧める医師の方が圧倒的に多いですし、脱ステロイドを否定的に思っている医師も多いです。
間違った使い方をしなければ安全であり、ステロイド=危険というのはただの誤解だというのがステロイドは「安全」だと思っている人の意見だそうです。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸
おすすめアトピー石鹸

ステロイドは元々人の体の中にあるホルモンのことです

そもそも、ステロイドとはどのようなものなのかというと、ステロイドとは人がストレスを受けたときに、ストレスに対抗するために副腎から分泌される副腎皮質ホルモンのことです。ステロイドホルモンやストレスホルモンとも呼ばれています。
ストレスを受けたときに副腎がステロイドホルモンを分泌することで、ストレスを受けても生きていくことができるのです。ステロイドホルモンは生きていく上で重要なホルモンなのです。

そして、このステロイドホルモンには抗炎症作用や抗アレルギー作用があります。このステロイドホルモンを人工的に強くして、アトピー性皮膚炎のような皮膚疾患の治療薬として使われているのがステロイド薬です。
ストレスホルモンは生きていく上では必要だし、抗炎症作用や抗アレルギー作用もあるのだからいくら塗っても危険なことはないのでは?と思われがちですが違います。

ステロイドが危険な理由その1「副腎機能の低下」

42

私たちの体は、ストレスを受けると副腎からステロイドホルモンが分泌され、ストレスを受けても平気な体になります。そして、ストレスから開放されると元の体の状態に戻り、ステロイドホルモンの分泌もおさまります。
しかし、現在のストレス社会では、なかなかストレスから開放されない人もたくさんいます。人間関係や仕事への不安が常に頭のなかにあり、常にストレスを抱えている人がたくさんいるのです。

ストレスを受け続けている限り、ストレスホルモンは分泌されます。しかし、ずっと走っていると疲れて走れなくなるように、ずっとストレスホルモンを分泌し続けてしまうと副腎が疲れてストレスホルモンの分泌をやめてしまいます。
また、副腎は疲れていなくてもステロイドホルモンの分泌をやめてしまうことがあります。それは、外部からステロイドホルモンが与えられたときです。

少量だったり、効果が弱いステロイド薬なら副腎に影響を及ぼすことはほとんどありません。しかし、効果の強いステロイド薬を使ったり、長期間使い続けたりしていると、常に外部からステロイドホルモンの分泌を手助けしてもらっている状態になるので、副腎自身のステロイドホルモンを分泌する力が弱くなってしまうのです。

段々とステロイドホルモンの分泌が少なくなっていき、最終的には自分の力では分泌することができなくなります。ステロイドホルモンの分泌がされなくなると、ストレスに弱い体になってしまうのです。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸
おすすめアトピー石鹸

ステロイドが危険な理由その2「免疫力の低下」

ステロイドの使用において、副作用の中でも最も危険ではないかと思われるのが「免疫力の低下」です。ステロイドの抗アレルギー作用は、病原性のない物質にまで攻撃をしてしまう異常な免疫力を抑えることで作用します。
このとき、異常な行動を起こしている免疫力だけを低下させるのなら問題はないのですが、免疫力そのものを低下させてしまうので、病原性のある物質に対しての免疫力も弱くなってしまいます。

免疫力が低下すると感染症にかかりやすくなりますし、がんも発症しやすくなります。感染症は風邪やインフルエンザなど身近な感染症もありますが、中には命を落とす可能性のある感染症もあります。
免疫力が低下すること自体が怖いというわけではなく、免疫力が低下したことによって引き起こされる別の病気が危険なのです。

ステロイドのが危険な理由その3「リバウンド現象」

ステロイドの使用を急にやめてしまうと、アトピーの症状が一気に悪化します。激しい痒みと炎症、場合によっては体中が体液まみれになってしまうこともあります。
これがリバウンド現象というものであり、脱ステロイドを失敗してしまう一番の原因でもあります。

このリバウンド現象を「好転反応」と呼んでいる人もいます。アトピー性皮膚炎が良くなる前兆として勘違いしている人が多いですが、実は、とても危険な状態であり、リバウンド現象が起きてからそのまま治らなくなってしまったり、感染症を引き起こしてしまう可能性があるのです。

これは、ステロイドで抑え込んでいた症状が、ステロイドをやめてしまうことで一気に爆発してしまうようなものであり、ステロイドそのものが原因というわけではなく、いきなりステロイドをやめてしまうのが原因です。
正しい脱ステロイドを行えば、リバウンド現象によるリスクは回避できます。

正しく使って正しいケアを行えば安全、間違った使い方や長期間の使用は危険

44

では、実際はステロイド薬は安全な薬なのか、危険な薬なのかどっちなのかというと、安全といえば安全ですし、危険と言えば危険です。ステロイドの効果は優秀であり、アトピー性皮膚炎以外の病気にも幅広く使われています。
弱いステロイドを短期間使う分には、危険性や副作用について心配する必要はありません。

また、弱いステロイドであっても連続で使用して良い期間が決められているので、きちんと守って使用をしていれば特に問題はありません。
アトピー性皮膚炎の根本治療はステロイドではできませんが、症状を一時的に抑える薬としては優秀です。
症状を抑えている間に、正しいケアをして症状を改善させることができれば、どんどん強いステロイドに変えていかなければならないということもありません。

しかし、連続使用可能期間を超えての長期使用をしたり、自己判断での突然の脱ステロイドは危険です。また、ステロイドを使用している間に、アトピー性皮膚炎を治すためのケアを行っていない場合、今使っているステロイドの強さでは効かなくなり、どんどんステロイドを強くしていかなければならなくなります。
ステロイド薬は外用薬が効かなくなると、内服薬に変わります。内服薬は直接体内にステロイドを取り込むので、より全身の副作用のリスクが高まります。

強いステロイドを使ったり、長期的に使用を続けたりすると、ステロイドは危険な薬になってしまいます。

脱ステロイドを目指しつつ必要なときは使うのがおすすめ

ステロイドは効果が強いものを使えば使うほどやめるのが難しくなりますし、副作用のリスクも高まります。なので、ステロイドを使うことはあまりおすすめできません。
しかし、根本治療ではないものの、アトピー性皮膚炎の症状を抑えるのには優秀な薬です。正しく使用をしていれば、危険というわけではないので、おすすめは脱ステロイドを目指しつつ、必要なときに使うことです。

やはり、体に優しい治療をするのであれば、薬に頼らずに治すことが一番です。ステロイドは絶対に使ってはいけないというわけではありませんが、できれば使わないほうがいい薬なので、脱ステロイドを目指すことをおすすめします。
脱ステロイドをするのには、少しずつ減らして、少しずつ弱くするというステップをふまなければなりません。ゆっくりでいいので、正しい脱ステロイドを行ってください。

少し使う分には、あまり影響はありませんし、必要なときにだけ使うようにすれば、依存する可能性も低くなります。
正しく使えば安全ですが、間違った使い方は危険を招くのが「ステロイド」です。

上手に正しくステロイドと向き合って、アトピー性皮膚炎を治していきましょう。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です