アトピーでも楽しめる!各テーマパークの低アレルゲンメニュー

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

21

長期休暇や連休などを利用して、テーマパークに遊びに行く人も多いと思います。ディズニーリゾートにユニバーサル・スタジオ・ジャパンなど、日本各地にたくさんのテーマパークがあります。
テーマパークでは、アトラクションやイベントなどを楽しむのはもちろんですが、グルメを楽しむのもテーマパークの楽しみ方の1つではないでしょうか。

例え、どこにでもありそうなメニューでも、ついつい食べたくなってしまうのもテーマパークの魅力でもあります。
せっかく遊びに行くなら、グルメも楽しみたいと思っている人は多いはずです。しかし、アトピー性皮膚炎の人は、アレルギーを持っていて食べられる食品が限られている人も少なくありません。

もし万が一、アレルゲンを口に含んでしまったら、アトピー性皮膚炎が悪化してしまうばかりではなく、最悪の場合死に至る可能性もあります。
それではせっかくの楽しい思い出が台無しになってしまいます。

しかし、最近では子どもやアレルギーのある人に向けた低アレルゲンメニューがテーマパークでも充実してきているそうです。
これなら、アトピー性皮膚炎でも気兼ねなくグルメを楽しむことができるのではないでしょうか。今回は、そんなテーマパークの低アレルゲンメニューについてご紹介いたします。

ディズニーリゾートの低アレルゲンメニュー

22

ディズニーリゾートでは、東京ディズニーランド及び、東京ディズニーシーの両パークで低アレルゲンメニューを提供しています。
基本的には「5大アレルゲン」である小麦とそば、卵、牛乳、落花生を使用していないメニューとなっています。ただし、豆乳を使っているメニューなど、一部はアレルゲンになり得る材料を使っている場合があるので注意しましょう。

ディズニーリゾートの低アレルゲンメニューは、お子様ランチのように子供用のメニューから、見た目も華やかでお腹も満足するような大人向けのメニューまで、全ての人が楽しめるような低アレルゲンメニューが提供されています。

ディズニーランドではカレーや洋食ランチなど、洋食の低アレルゲンメニューだけでなく、和食レストランの「れすとらん北斎」でも低アレルゲンメニューが提供されているため、和洋どちらでも低アレルゲンメニューを楽しむことができます。
ディズニー・シーでも、高級感ただよう美味しそうな低アレルゲンメニューが充実しており、アレルギーがあるからといって、食事に困るということはありません。

因みに、ディズニーリゾートでは公式ホームページからアレルゲン検索をすることができます。各パークの各レストランやアレルゲンから検索することができるので、事前に食べても大丈夫なメニューと食べてはいけないメニューを調べておくことも可能です。ただし、公開されている情報はあくまでもアレルゲンについての情報であり、アレルギー症状を発症させないと保証されているものではないので、予め了承した上で利用してください。

因みに、ディズニーランドでおすすめの低アレルゲンメニューは、「イーストサイド・カフェ」の低アレルゲンメニューです。提供されているのはなんと、小麦や卵を使わずに作られたミートパスタです。ハンバーグやパンプキンスープにポテトサラダ、フルーツゼリー、アップルジュースと、セットが充実しているので、楽しい食事ができること間違いなしです。さらに、ディズニーキャラクターのミッキーマウスの形をしたプレートに料理が乗っているので、目でも楽しめます。

ディズニー・シーのおすすめ低アレルゲンメニューは、「マゼランズ」の低アレルゲンメニューです。見た目が華やかでとても高級感があるのですが、栄養バランスもよく、「サーモンのポワレ」が使われている低アレルゲンメニューはマゼランズ限定なので、ぜひ味わっておきたい低アレルゲンメニューとなっています。

ディズニーリゾートにきたらぜひ、アトピー性皮膚炎の人もグルメを楽しんでみてください。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸
おすすめアトピー石鹸

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の低アレルゲンメニュー

23

「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター」でハリーポッターの世界を忠実に再現し、人気が急上昇したユニバーサル・スタジオ・ジャパンでも低アレルゲンメニューが提供されています。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで提供されている低アレルゲンメニューはカレーライス、ハヤシライス、ミートパスタで、一部メニューを覗いてデザートが付いており、ハンバーグかミートボールをトッピングすることもできます。

おすすめは「ハピネス・カフェ」の低アレルゲンカレーです。こちらのカレーにはトッピングもデザートもありませんが、サラダバーとドリンクバーを利用することができます。
ライスが星形に盛りつけられており、とってもかわいいカレーライスとなっています。ただし、サラダとドリンクには「特定原材料7品目および特定原材料に準ずるもの20品目」を含んでいるものもあるので注意が必要です。アレルゲンに関しては店員の方に聞くと詳しく教えてもらえるので、心配な人はぜひ店員の方に聞いてみてください。

ハウステンボスの低アレルゲンメニュー

24

1年中色とりどりの花が咲き乱れているハウステンボスでは、花という自然の恵みを楽しめるだけでなく、イルミネーションやプロジェクションマッピングなどの人が生み出した光のアートを楽しむこともできるテーマパークです。
明るい日中から日が暮れたあとも楽しめるので、デートスポットとしてもおすすめです。

アスレチックもあるので、太陽の下でちょっとした運動ができます。太陽の下で運動をすることは、アトピー性皮膚炎の改善に良い影響をもたらしてくれるので、楽しみながら自然とアトピーケアをすることもできます。

そんなハウステンボスでは、イタリアンレストランの「プッチーニ」と、ハンバーグ&ステーキレストランの「ロード・レーウ」で低アレルゲンメニューが提供されています。
ハウステンボスの低アレルゲンメニューは小麦、そば、卵、乳、落花生、かに、えびが使われていないメニューのことであり、使われてる醤油にも大豆が含まれていません。

「プッチーニ」ではチキングリルとフライドポテト、サラダ、ライス、オレンジジュースのセットとなっており、「ロード・レーウ」ではハンバーグステーキ、フライドポテト、ライス、オレンジジュースのセットとなっております。
ホームページから予め材料を知ることはできますが、それでも心配な場合はハウステンボスの総合予約センターにて相談することができるので、ぜひ利用してみてください。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸
おすすめアトピー石鹸

低アレルゲンメニューが見つからない場合は?

25

少しずつテーマパーク内で食べられる低アレルゲンメニューは増えてきていますが、それでもまだまだ低アレルゲンメニューのないテーマパークはたくさんあります。
そんなときは、自分で作ったお弁当などを持参するのがおすすめです。

テーマパークに来たからには、やはりそこで販売されている料理を食べて楽しみたいという気持ちもわかりますが、アレルギー反応が出てしまったせいで台無しになってしまっては元も子もありません。

いつもと同じ食事をするのは気が乗らないかもしれませんが、「テーマパークで食べる」というだけでいつも以上に楽しく美味しい食事になることは間違いありません。
予めテーマパークに低アレルゲンメニューがあるかどうか調べ、ない場合はお弁当を持参しましょう!

もしくは、総合窓口やサポートセンターなどに問い合わせることで、アレルゲンについて詳しく話を聞くことができるので、予め問い合わせて、食べられるメニューはないかどうか調べておきましょう。

楽しい思い出を作りたいなら必ず下調べを!

テーマパークで楽しむためには必ず下調べをしておきましょう。食事も楽しみの一貫です。イベントやアトラクションだけでなく、食事もしっかり楽しみましょう!

心から楽しむことは、ストレスの解消にもなります。テーマパークではたくさん歩くと思いますし、屋外ならたくさん日の光を浴びます。
楽しむこと、たくさん歩くこと、たくさん日光を浴びることはアトピー性皮膚炎のケアにも効果的です。

テーマパークに行ったらぜひ、思いっきり楽しんでくださいね!

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です