みんながアトピー性皮膚炎を完治させた5つの方法【完治患者のパターン】

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

31

薬も必要なくなり、一切アトピー性皮膚炎の症状が出ないほどに回復した人はたくさんいます。肌の美しい芸能人ですら、過去はアトピー性皮膚炎だったという人もたくさんいますし、意外とアトピー性皮膚炎を完治した人はたくさんいるようです。

では、アトピー性皮膚炎を完治させた人は、一体どうやって治したのでしょうか?
今回は、アトピー性皮膚炎を完治した人の体験談を元に、どのような方法で完治したのかまとめてみました。

徹底的にに塩素を抜いたら家族全員のアトピー性皮膚炎が治った

自分自身もアトピー性皮膚炎、そして子供もみんなアトピー性皮膚炎のアトピー一家の全員が、アトピー性皮膚炎を治した方法があります。それは「塩素を抜いたこと」だそうです。

普段何気なく使っている水道水は、決して体に害が及ぶものではありません。日本は世界でも数少ない水道水が飲める国でもあるので、日本の水道水は安全でとても綺麗です。
その、安全性を維持するためには「塩素」が必要不可欠です。しかし、実はこの塩素こそがアトピー性皮膚炎を悪化させてしまう原因になることもあります。

お風呂に洗濯、食器洗い、料理など、水は毎日欠かさず使うものであり、普通の人は微量の塩素が触れたところで特に肌や体に影響が出ることはありません。しかし、アトピー性皮膚炎の人の場合は、肌が敏感だったり、体質的に微量の塩素でも反応してしまう人がいます。
そのような人は、塩素除去をすることでアトピー性皮膚炎が治ることがあります。

塩素除去の方法は、キッチンやの蛇口に塩素除去ヘッドを取り付けます。お風呂のシャワーにも塩素除去のシャワーヘッドを取り付けます。浴槽にためたお湯には、アスコルビン酸(ビタミンC)の粉末を入れることで塩素除去ができます。
ビタミンCはコラーゲンの生成をサポートする美容にも嬉しい成分ですし、塩素除去したところで有害物質になることもないので、お風呂に入ると痒くなる人におすすめです。通販で安く購入できるので、蛇口の塩素除去ヘッドを購入するのが難しい人にもおすすめです。

また、飲水や料理で使う水は、水道水ではなくミネラルウォーターや天然水を使いましょう!

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸
おすすめアトピー石鹸

油の摂取をやめたらアトピー性皮膚炎が治った!

32

重度のアトピー性皮膚炎で何をしても症状がよくならなかった人が、油の摂取をやめたことで完治することができたそうです。きっかけは『油を断てばアトピーはここまで治る―どんなに重い症状でも家庭で簡単に治せる! 』という本によるものだそうですが、油絶ちをしてアトピー性皮膚炎を完治させた人も、この本の口コミも、最初は辛かった人が多いようです。

アトピー性皮膚炎の人はアレルギーを持っている人も多いので、必然的にい一部の食品は制限しなくてはなりません、油自体はアレルゲンになることはほとんどないため、普通に料理に使っている人も多く、油を一切使わずに調理している人はほとんどいません。
しかし、アレルゲンでなくても油はアトピー性皮膚炎を悪化させてしまう悪い効果があるのです。

油にはリノール酸やアラキドン酸という脂肪酸が含まれていますが、実はこれらの脂肪酸は体を炎症させる働きがあるのです。その炎症が肌にでることでアトピー性皮膚炎となってしまいます。
油を摂るのをやめれば、体が炎症することもなくなり、アトピー性皮膚炎の症状が出にくい体になります。

油の中にはDHAのように必須脂肪酸もありますが、必須脂肪酸は油を使わなくてもバランスの良い食事をしていれば肉や魚などの脂肪から自然と摂取できます。

重度のアトピー性皮膚炎だったので、綺麗になるまでは1年以上かかったそうですが、軽度のアトピー性皮膚炎なら比較的早く綺麗になっていくそうです。
油を控えめにしている人も多いと思いますが、徹底的に摂取をしないようにすることが完治させるのに重要です。最初は辛いかもしれませんが、何を試してもダメだったという人は、挑戦してみる価値があると思います。

漢方薬で体質改善しながら脱ステロイドをして完治

33

漢方薬は一般的に使われている西洋薬と違い、人工的に作られた成分を配合して作られた薬ではなく、植物や動物など自然界にあるもので作られた生薬を配合して作られている薬です。
漢方薬は腸に働きかける薬が多く、腸から体質改善をして健康になるというのが漢方薬の特徴です。

体質や治したい疾患、改善したい部分によって生薬の配合が変わるため、絶対にこの漢方薬を飲めば治るという保証はできませんが、体質改善をするのなら漢方薬はおすすめです。
体質が変わればアトピー性皮膚炎の症状が出なくなるという噂がありますが、その通りであり、漢方薬で体質改善をすることで、アトピー性皮膚炎がひどかった時と違う体質になることができるので、アトピー性皮膚炎に強い体質になりたい人はぜひ漢方薬を飲んでみてはいかがでしょうか。

一時的に症状を抑える手段としてステロイドを使っている人もいると思いますが、漢方薬を飲んでいると徐々に症状が軽くなっていくので、意識せずとも自然と脱ステロイドをすることが可能です。
自然に任せて治療をするので、重度のアトピー性皮膚炎というわけではないという人でも半年以上はかかると思ってよいでしょう。

半年以上かかるのは長いと思う人も多いかもしれませんが、長年苦しんでいたアトピー性皮膚炎が治って、再発しにくい体になるのならば、ゆっくりとした長期的な治療は無理も負担もないのでおすすめです。
ゆっくりでいいので少しずつ体質改善したい人はぜひ、漢方薬を試してみてください。

保険の効かないお店もありますが、保険が効く薬局でも取り扱われるようになったので、まずはお近くの薬局に問い合わせてみてください。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸
おすすめアトピー石鹸

食事療法で完治した人は多い

34

食事療法は病院で指導を受けるのが最も確実です。自己判断での食事療法は、発育や成長に影響が出てしまう可能性があり、鉄分やカルシウムなど体に必要不可欠な栄養素が不足してしまうケースも多々あるからです。
なので、最初のうちの慣れるまでの間は、アトピー性皮膚炎の食事療法に関しての書籍などの資料をよく呼んだり、病院にて指導してもらうことをおすすめします。

食事療法は、アレルギーのある食品を除去するのはもちろんですが、漢方薬での治療のように体質改善を主な目的にしています。腸内環境は全身への影響をもたらします。腸内環境を整えた結果、体質改善をし、アトピー性皮膚炎に強い体づくりをするというのが食事療法の目的です。
人間の体は食べたものでできているので、自分が食べたものが体に影響するのは確かなことです。

因みに、ドラマやCMなどで今も活躍している広末涼子さんも食事療法でアトピー性皮膚炎を治した人の1人です。アトピー性皮膚炎を食事療法で治したことは本人が公式に発言していたので、噂ではなく本当です。

保湿ケアは必要不可欠です

食事療法や塩素除去など、日常生活においてアトピーケアをしつつしっかり保湿ケアをすることが大切です。保湿はし過ぎないほうがいいとも聞きますが、そもそも保湿成分やそれを蓋する皮脂の分泌が元々少ないので、保湿ケアはしっかりめにする方が改善しやすいです。
肌が乾燥していると、バリア機能も弱く、ターンオーバーの周期も乱れているので、アトピー性皮膚炎以外の肌トラブルにも弱い肌になってしまいます。

アトピー性皮膚炎は感染症と合併もしやすいので、肌を強くするという意味でも保湿ケアは欠かさないようにしましょう。
どのような治療法を選んでも保湿ケアは大切になってきます。保湿ケアをしつつ、自分に合う治療法でアトピー性皮膚炎を治していきましょう!

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です