アトピーには日光浴をしながら散歩するのがおすすめな理由

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

112

みなさんは普段、日光浴をしていますか?紫外線が怖いから、あまり日の光を浴びることはないという人も多いと思いますが、日光って実はアトピーに良い影響をもたらしてくれるものなのです。
なので、アトピー性皮膚炎の人こそ、日光浴をしながら散歩をすることをおすすめします。

では、日光浴をしながら散歩をすることがなぜ、アトピーの人におすすめなのか、理由をご説明いたします。

日光を浴びるとビタミンDが皮膚で合成される

ビタミンDは日光を浴びることで合成される成分です。アメリカアレルギー学会では、このビタミンDがアトピー性皮膚炎に効果的ではないかという研究結果を出しているそうです。
なぜ、ビタミンDがアトピー性皮膚炎に効果的なのかというと、ビタミンDには免疫力を調節して、アレルギー反応を抑えるという効果があるからです。

アレルギーは病原性のないものにまで、免疫力が働いてしまうことで発症します。免疫力が高いというわけではなく、免疫力が異常を起こしている状態です。
免疫力を抑えれば、確かにアレルギー反応も治まるかもしれませんが、それでは感染症のリスクが高くなります。ビタミンDは免疫力を上げすぎず下げ過ぎないというように、免疫力を調節することができるので、アトピー性皮膚炎に効果があるのではないと言われているのです。

紫外線にはステロイドと同じ効果がある

114

日光が嫌われる一番の理由は「紫外線」です。紫外線を浴びると、シミやシワなど老化の原因になってしまったり、病気の原因にもなることがあるからです。また、特に日本人は白い肌を好む人が多いため、「日焼けして肌を黒くしたくない」「白い肌のままがいい」と思う人が多いので、日光を浴びることをあまり好みません。

美容面では確かに紫外線は「敵」です。しかし、アトピー性皮膚炎という疾患から紫外線を見ると、実は「味方」だったりするのです。
なぜ、紫外線はアトピー性皮膚炎の味方なのかというと、紫外線にはステロイドと同じような効果があるからです。アトピー性皮膚炎の程度にもよりますが、ステロイドを使用すると一時的ではあるものの大抵の人は、アトピー性皮膚炎の症状が治まります。

ステロイドはランゲルハンス細胞という免疫細胞の働きを抑えて、アトピー性皮膚炎の症状を治めています。紫外線もステロイドと同じく、ランゲルハンス細胞にはたらきかけてアトピー性皮膚炎の症状を治めることができるのです。
実際に、日光浴をしてアトピー性皮膚炎を治した人もいますし、紫外線を用いてアトピー性皮膚炎を治療する方法もあります。

ここで不安なのが「ステロイドと同じ効果ならステロイドと同じように副作用があるのではないか」「日光浴をやめたらリバウンド現象が起きるのではないか」という点です。しかし、紫外線には副作用がありませんし、リバウンド現象もありません。ただし、シミやシワ、日焼けなど美容面においてダメージを受けてしまうというリスクがあります。

しかし、紫外線によるダメージはスキンケア次第で、最小限に食い止めることも可能です。日光浴で紫外線を浴びる場合は、紫外線に対するケアをすることが大切になります。

日光を浴びればセロトニンが分泌される

115

冬になると日照時間が短くなったり、日の光が弱くなったりします。そして、この時期に多くなるのが「うつ病」です。冬にうつ病を発症する人も多いですが、冬だけ限定でうつ病になる「冬季うつ病」もあります。冬季うつ病の原因は日照時間が短くなり、なかなか日の光を浴びることができないからです。

実は、人は日の光を浴びると「セロトニン」という幸せホルモンを分泌します。うつ病の原因はセロトニンが不足していることも関係しており、だから日照時間の短くなる冬はうつ病が多くなるのです。
セロトニンは9割が小腸などの消化管に存在しており、消化管の運動を調節する働きがあります。それだけでなくセロトニンは神経伝達物質であるため、「感情」や「気分」をコントロールするのにも欠かせないのです。

神経伝達物質には3大神経伝達物質と呼ばれている「セロトニン」「ドーパミン」「ノルアドレナリン」があります。セロトニンには精神を安定させる働きがあり向上心など意欲的な感情に関係しています。一方、ドーパミンは快感や喜びといった前向きな感情、そして攻撃的な感情に関係しており、ノルアドレナリンは不安や恐怖、怒りなどの感情に関係しています。

セロトニンが不足すると、感情にブレーキが効かなくなってしまい、大きなストレスを与えられた時に、不安や怒り、悲しみなどの感情が抑えられなくなってしまいます。何をしても怒りが治まらず攻撃をしてしまったり、何をしても楽しめず気分がどんどん沈み不安になったりします。
アトピー性皮膚炎はストレスにより悪化する皮膚疾患です。ステロイドなどの影響により、ストレスに弱くなっているため、セロトニンが不足すると感情が爆発してしまったり、さらなるストレスによって症状が悪化してしまう可能性があります。

日光浴をしてセロトニンを十分に分泌することができれば、例え大きなストレスを与えられたときでも、一時的には物凄く感情が出てしまったとしても抑えることができるようになります。
さらに、セロトニンは眠りの質を向上させることができるので、深く上質な眠りを実現し、かゆみによって寝ている途中で目が覚めてしまうという事態も予防できるようになります。

精神を安定させること、上質な睡眠をとることはアトピー性皮膚炎の治療において必要不可欠です。そのためには、やはりセロトニン不足が起きないように、日光浴をするべきだと思います。

散歩はどんな運動よりも健康になれる魔法の薬だった

111

適度な運動は、健康的な生活を実現する上では必要不可欠な要素です。アトピー性皮膚炎を治すためには、健康的な生活を送ることが大切であるため、運動もアトピー性皮膚炎を治すための大切な要素なのです。
適度な運動をしていれば、自分に合う運動ならなんでも大丈夫なのですが、特におすすめなのが「散歩」です。

ウォーキングでも良いのですが、ただ普通に歩くだけの散歩でも大丈夫です。歩く速さは時速4~5kmでいいので、本当に普通に歩くだけで大丈夫です。しかも、1日30分歩けば「魔法の薬」の恩恵を受けることができます。

では、1日30分の散歩にどのような効果があるのかというと、不安を和らげる効果(日光浴をしながらならさらに効果的)、うつ病の予防と改善、糖尿病予防、がん予防、早死予防、廊下抑制、認知症の進行を遅らせる、股関節の骨折の予防などです。
適度な運動なので、他のもたくさんの効果が期待できるのですが、これだけの効果が期待できる運動って「散歩」だけだそうです。

医学会でも認められているため、アトピー性皮膚炎を改善しつつ、体を健康的にするためにも散歩をすることはおすすめなのです。

気分転換にもおすすめです

1日30分、日光浴をしながらただ歩くだけでいいので、朝の通勤通学で1~2駅分歩くようにしてみたり、日常的に散歩をしてみたりすることをおすすめします。
普段通らない道を通って探検することもできますし、日光浴をしながら散歩をすることは良い気分転換にもなります。

散歩をするときは、音楽を聴いていてもいいのですが、五感を全て使って楽しんでいただきたいので、なるべく何も聴かずに散歩をすることがおすすめです。
また、脳に良い刺激を与えたいと思っている人は、景色があまり変わらないような河川敷などを歩くよりも、街中を歩くほうがおすすめです。進む度に景色がどんどん変わっていくので、脳にも良い刺激になります。

このように、日光浴をしながら散歩をすることは、アトピー性皮膚炎の改善だけでなく、体や脳に色々な良い影響をもたらしてくれるのです。まずは週に1回からでいいので、1日30分の日光浴をしながらの散歩を始めてみてはいかがでしょうか?

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です