彼氏、彼女がアトピーです!アトピーの恋人にできる事とは?

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

www

自分の彼氏や彼女がアトピー性皮膚炎だという人はたくさんいます。アトピーとは「奇妙」や「異常」を意味するギリシャ語の「atopos」が語源となっています。アトピー性皮膚炎の人は、障害があるというわけではありません。しかし、肌に異常が起きていることは事実です。普通とは違うということを患者さん本人たちも自覚しています。

そんな普通とは違った肌質のアトピー性皮膚炎の恋人ができたとき、パートナーとなった人が考えることは「自分にできることはないか?」「何か助けてあげられないか?」ということではないでしょうか?
そこで今回は、アトピー性皮膚炎の人が「恋人にこんなことされて嬉しかった!」「支えになった!」という体験談を元に情報を集めてみました!

何も気にしないことが嬉しい

気を使って色々と心がけてくれるのはとても嬉しいことです。アトピー性皮膚炎の人は、周りからきつい言葉を浴びせられている経験がある人も多いので、優しい言葉で励ましたり気を使ってくれることって心の底から嬉しいことだったりします。
しかし、気を使いすぎると「なんか悪いなぁ・・・。」と思ってしまうので、実はあまり気にしないで普通に接してもらうことが嬉しいそうです。

ちょっと炎症がひどくなっていたり、患部に触れてしまったときなどに「大丈夫?」「どうしたの?平気?」と聞いている程度で、あとは普通に接しましょう。
相手がアトピー性皮膚炎だということを忘れてしまうくらいが調度良いこともあるようです。

薬や保湿クリームを塗ってあげる

アトピー性皮膚炎の人はその肌故にあまり人とスキンシップを取らない人が多いです。相手が嫌がるからという理由もありますが、自分も触れてほしくないからという理由もあります。
なので、無理矢理薬や保湿クリームを塗ってあげる必要はありませんが、普段触れられない分、そのスキンシップと優しさが嬉しくなりますし、触れられているという安心感が生まれます。

薬や保湿クリームを塗るときは優しく刺激を与えないように塗ってください。指の先よりも指の腹で爪を当てないように塗ってあげましょう。
ただし、あまりに炎症がひどくなっているときは、触ってほしくないと思うこともあるので、断られたらそのときは塗るのをやめましょう。

夜中にかゆくて相手が動いたときに起きてしまったら

www1

夜中に体温が上がってかゆくなってしまうことがあります。アトピー性皮膚炎のかゆみは、自分が思っている以上にかゆく、炎症が激しければ激しいほどかゆみは強くなります。
夜中に掻きむしってしまい、ベッドや患部が血だらけになってしまった人もいますし、強烈なかゆみのせいで睡眠不足になってしまう人もいます。

我慢できないほどのかゆみで、夜中に相手が動いたり物音を立ててしまうことは仕方のないことです。もしも、そのときに目が覚めてしまったら、気にしないで寝続けるか、薬を塗ってあげたりかゆい部分を冷やしてあげたりしてください。冷やすと炎症が治まりかゆみも同時に治まるので、保冷剤や氷、塗れタオルなど当ててあげるといいですよ。

中には起こして悪かったと思ってしまい、かゆくても無理矢理我慢してしまう人もいるので、気にせず起きた素振りを見せずに寝続けてもらうと気持ちが楽になる人もいます。

症状がひどくて相手が鬱状態になったら

アトピー性皮膚炎は良くなったり悪くなったりを繰り返す皮膚疾患です。人によって症状の程度は違いますが、時にはあまりにもひどくて見せられない状態になることもあります
アトピー性皮膚炎の症状があまりにもひどいと、「嫌われてしまうかもしれない」と自信をなくしてしまったり、「また悪くなってしまった」と絶望感を感じたりすることもあります。鬱のように何もやる気が出なくなったり、全てをネガティブに捉えてしまったりすることもあります。

症状がどんなにひどくなっても気にしない人も多いと思います。しかし、「気にしないから大丈夫!だから会おう!」と誘うのはかえって負担になってしまうことがあります。
肌が荒れてしまい外出すること自体大変な上に、心も荒れてしまい当たってしまったり、心からデートを楽しめなかったりすることもあります。
なので、症状がひどいときは、どんなに会いたくても相手の負担を考えてメールや電話だけで済ませたり、寂しいようなら無料通話アプリで通話して一緒に何を楽しんでみたりするのがおすすめです。

もちろん、どうしても会いたいのならば、その旨を伝えて会うのも大丈夫です。たまにわがままを言うくらいなら逆に嬉しいと思う人も多いと思いますよ。

水仕事の負担を減らしてあげる

www2

アトピー性皮膚炎の相手が一人暮らしだった場合、恋人なら相手の家へ行くこともあるでしょう。そういうときだけでいいので、水仕事を代わりにやってあげるのもおすすめです。
アトピー性皮膚炎の人にとって水仕事は辛い仕事です。洗剤を使えば界面活性剤のせいで肌荒れするし、水と洗剤のせいで乾燥が進んでしまいます。

あかぎれどころから血だらけになってしまう人もいます。なので、あなたが家に行ったときだけでも水仕事を引き受けるのをおすすめします。
そんな気を使わなくてもいいよと言われたら、「お皿だけは洗わせて!」と分担するのがおすすめです。

顔の症状が酷いときはあまり顔を見ない

アトピー性皮膚炎は全身どこにでも湿疹ができます。首から下の体の部分なら、服などでどうにでも誤魔化せますが、顔の湿疹は誤魔化すことが難しいです。
症状が酷いとお化粧することすらできないので、女性の場合はノーメイクで外出しないといけないということもあります。

症状が酷くなくても顔にアトピー性皮膚炎ができると人に見られたくないものです。どんなにあなたが気にしていなくても、どんなにあなたのことが好きであっても、顔のアトピーは見られたくありません。
なので、顔に出ているときはなるべく顔を見ないようにしてあげたり、必要ならばほったらかしにしておくこともおすすめです。

暑いところにはなるべく連れて行かない

暑いと汗が出ますし体温も上がります。汗と体温の上昇はかゆみを誘発する原因です。なので、なるべく暑いところには連れて行かないようにしましょう。
例えば、真夏に公園へ行ったり、人が密集していて体温で温度が上昇しているような場所(人混み)などです。

また、カラオケやインターネットカフェ、自宅やホテルなどの密室で過ごす場合は、部屋の温度を寒くない程度で涼しめに設定するのがおすすめです。
意外と温度を低くすることは喜ばれるようです。

程よい距離感で向き合うことが大切

www3

結局のところ、何が一番大切なのかというと「程よい距離感」です。辛いにも関わらず気にしないで色々と連れ回すのはあまり良くないですし、かと言って常に心配されるのも悪い気がしてしまいます。
なので、気になるときだけ心配をして、普段はあまり気にしないこと、1人になりたいときは1人にするなど時には放置する1人の時間を作ってあげることが大切です。

お互い支え合って付き合っていくことは、相手がアトピー性皮膚炎であろうとなかろうと同じことです。知られたくないことを追求しないという程よい距離感を持つことも同じことです。
だから、相手がアトピー性皮膚炎だからと言って特別なことをする必要はありません。

何かできないかな?と思う前に、まずは相手のことを理解することから始めてください。理解ができれば、程よい距離感を掴むこともできるようになるはずです。頑張ってください!

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です