乳児湿疹とアトピーの違いは?赤ちゃんのアトピーって?

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

uuu1

赤ちゃんに湿疹ができることはよくあることです。しかし、それが単なる「乳児湿疹」であるのか、それとも「アトピー性皮膚炎」なのか見分けが付かずに困っている人も多いです。
そこで、今回は乳児湿疹と赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の違いについてご紹介いたします。

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の発症

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。なので、汗をかいたりおむつが蒸れたり、乾燥したりするだけで湿疹が出てきてしまいます。このとき、湿疹ではなくアトピー性皮膚炎がでる子もいます。
因みに乳児湿疹とアトピー性皮膚炎が出始めるのは乳児期(1歳未満)の子です。産まれてすぐから湿疹とアトピー性皮膚炎が出始める子がいるということです。

このときに出る湿疹は、赤いよくあるタイプの湿疹だけでなく、肌が赤くなるだけだったり、水ぶくれができるタイプだったり、じゅくじゅくと湿っているタイプや逆にかさかさと乾燥しているタイプなど、見られる湿疹も人によって違います。
乳児湿疹もアトピー性皮膚炎も全身に現れます。乳児湿疹は特に顔に現れやすく、アトピー性皮膚炎の場合は顔だけでなくひじや膝などの関節部分にも出やすいです。どちらにしても全身どこに出てもおかしくない上に、発症する時期も同じなので見分けがつきにくいです。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸
おすすめアトピー石鹸

赤ちゃんの湿疹とアトピーは目で見るだけではわからない

乳児湿疹もアトピー性皮膚炎も、全身にできる湿疹ですし、人によって湿疹のタイプが違うので、医師ですら見分けが付かないことがあります。なので素人の目で判断することはできません。
もしも赤ちゃんに湿疹が見られたら、とりあえず「乳児湿疹」と診断されることが多いです。

では、どうしたらアトピー性皮膚炎と乳児湿疹をしっかり見分けることができるのかというと、その後の症状の具合によってアトピー性皮膚炎と診断されることが多いようです。

まず、乳児湿疹と診断されると、乳児湿疹を改善するためのケアを行います。そこで、本当に乳児湿疹であれば湿疹も少なくなっていきますが、アトピー性皮膚炎の場合は良くなったり悪くなったりを繰り返すようになります。
ケアをしてもなかなか良くならなかったり悪化したり、何度も繰り返し再発する場合はアトピー性皮膚炎の可能性があるので、小児科か皮膚科、もしくはアレルギー科などで診てもらいましょう。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は1歳くらいになると自然と消えていく

赤ちゃんの体は未熟な部分が多いので、例えアトピー性皮膚炎だったとしても成長していくに連れて自然に治っていることが多いです。特に乳児期に発症するアトピー性皮膚炎は、何度も症状を繰り返しますが1歳をすぎてから2歳くらいまでには、症状がかなり治まっていたり、完全に治っていたりすることが多いです。

また、アトピー性皮膚炎を発症する時期として多いのが生後5~6ヵ月くらいです。この時期は離乳食を開始する時期でもあるため、離乳食に含まれている食品にアレルギー反応を起こしてしまっている可能性があります。
ただし、この時期にアレルギー反応が出たとしても、その後一生その食品を食べることができないというわけではありません。1~2歳くらいまではアレルギー反応がでないように控えたほうが良いですが、その後は成長していくに連れて食べることができるようになることもあります。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸
おすすめアトピー石鹸

食物アレルギーでなくてもアトピー性皮膚炎になることがあります

uuu2

5~6ヵ月ごろが発症のピークであるだけで、離乳食を開始する以前から発症する場合もあります。要するに、食物アレルギーでなくてもアトピー性皮膚炎を発症してしまう赤ちゃんがいるということです。

必ずしも食物アレルギーが原因でアトピー性皮膚炎になるのではなく、食物アレルギーがなくてもアトピー性皮膚炎になることがあるのです。
その理由は免疫力のバランスが崩れているからです。免疫力にはTh1とTh2というものがあります。Th1は細菌やウイルスを攻撃する免疫で、Th2は病原性のない物質に攻撃をします。
アレルギーは病原性のない物質に対して攻撃をすることであり、Th1よりもTh2の免疫が強くなるとアレルギーが発症しやすくなります。

アレルゲン(アレルギーの原因となる物質)は、食品だけでなく汗やほこり、花粉などがあります。なんらかの物質にアレルギー反応を起こした結果、赤ちゃんがアトピー性皮膚炎になるようです。
因みに、赤ちゃんは産まれると同時にTh2は弱くなりますが、アトピー性皮膚炎を発症させる赤ちゃんは、Th2が弱まらないまま産まれてきていることが多いです。

なぜ1歳を過ぎるとアトピーが治っていくのか

なぜ乳児期のアトピー性皮膚炎は1歳を過ぎると自然に治っていくのかというと、それはその頃になるとTh2が強いまま産まれてきた赤ちゃんでも、自然とTh2が弱まるからです。
なので、Th1とTh2のバランスが良くなり、この頃から自然にアトピー性皮膚炎が治っていきます。

乳児期のアトピー性皮膚炎はこのように自然に治っていくものであり、体が成熟したあとに発症する大人のアトピー性皮膚炎とは違います。同じアトピー性皮膚炎でも別物と考えても良いでしょう。

乳児湿疹はほとんどの赤ちゃんに見られます

uuu3

アトピー性皮膚炎になる赤ちゃんは一部ですが、乳児湿疹になる赤ちゃんはとても多いです。ほとんどの赤ちゃんが通る道でもあります。
なぜ、乳児湿疹は多くの赤ちゃんで見られるのかというと、私たちの肌の水分は皮脂で皮膚にフタをすることで保たれています。この皮脂の分泌が少しずつ盛んになり、その影響で湿疹ができてしまいます。

乳児湿疹はアトピー性皮膚炎の繰り返し再発するというよりも、一時的に発症するものであり、皮脂が原因であるので、特別な治療法は必要ありません。
気になるときに皮脂を拭きとってあげたりするだけで大丈夫です。

アトピー性皮膚炎とは原因が違う上に簡単に治るので、ケアの方法も簡単です。

赤ちゃんがアトピー性皮膚炎にならないように予防することはできない

大人がアトピー性皮膚炎を再発させないように、悪化させないようにと予防することはできますが、赤ちゃんの場合は根本的な原因が違いますので、アトピー性皮膚炎にならないように予防することはできあせん。
いくら保湿ケアをしてあげても、いくら刺激から赤ちゃんを守ったとしてもアトピー性皮膚炎になる子はなります。

しかし、自然と治っていくことがほとんどですので、「アトピーにならないように予防する」のではなく、アトピー性皮膚炎になったときどう対処していけばいいかを考えるのが大切です。
いくら自然に治るからといって、ほったらかしにすると症状が悪化して、赤ちゃんを苦しめてしまいます。
いかに症状を軽くするか、いかに赤ちゃんにストレスを与えないかを考えて、赤ちゃんのアトピーケアをしてあげましょう。

赤ちゃんがアトピー性皮膚炎になったらどうするべきか

uuu4

もしも赤ちゃんがアトピー性皮膚炎になったら、「お風呂」と「保湿ケア」に注意してアトピーケアを行ってください。

まずはお風呂ですが、お湯は40℃以下でちょっとぬるいくらいにしてください。熱すぎると刺激になるというのと、必要な皮脂まで洗い流してしまい、赤ちゃんの肌が乾燥してしまいます。
ぬるいと「湯冷めするのでは?」と熱くしてしまう人もいるようですが、お風呂がおわったあとにきちんと全身を温めてあげれば問題ありません。お風呂は体の汚れを落とすために行いますのでぬるいくらいで大丈夫です。

そして、洗う順番は頭→体→顔の順番で洗いましょう。シャンプーが背中などに残ってしまうと刺激になりますので、必ず頭を一番最初に洗ってください。
洗うときはしっかり泡立てて、タオルなどではなく手で優しく洗ってください。絶対に爪を立てないようにしてください。

保湿ケアでは、赤ちゃんの肌に合うものなら何でもOKです。皮膚科でもらえる保湿剤も副作用がないので、いくら使っても特に問題はありません。保湿剤を使うのも良いですし、赤ちゃんの肌にも使えるワセリンやホホバオイルやオリーブオイル、ローズヒップオイルなど保湿効果のあるオイルを使っても大丈夫です。

その他にも、赤ちゃんになるべく刺激を与えないように工夫したり、皮膚の清潔を保つなど、日常生活において自分なりに注意していけば、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は治ります。

もしも、赤ちゃんがアトピー性皮膚炎でも大人のアトピー性皮膚炎とは別物のようなものなので、アトピー性皮膚炎が治まるまではアトピーケアをしっかり行ってくださいね!

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です