アトピーは免疫力が高くなる?いいえ、それは免疫異常です!

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

hhh1

アトピー性皮膚炎の人は免疫力が高いという説があります。免疫力が高くなってしまい、病原性を持たないものにまで免疫機能が反応してしまった結果、アトピー性皮膚炎が悪化したり、発症したりしてしまうということのようです。
しかし、実際は違います。アトピー性皮膚炎の人は、別に免疫力が高いわけではありません。アトピー性皮膚炎の人は免疫力が高いわけではなく、免疫異常が生じているのです。

では、アトピー性皮膚炎の人の免疫力についてと、その対策をご紹介したいと思います。

アトピーにアレルギー持ちが多いのは免疫力が高いからではない

アレルギーとは、本来病原性を持たないものに対しても免疫力が働いて、その物質に対して攻撃をしてしまうことです。その結果、アレルギー反応として、湿疹が出たり発作が起きたりします。
そして、アトピー性皮膚炎の人はアレルギーを持っている人が多いです。それは免疫力が高いがゆえに、病原性を持たない物質にまで攻撃してしまうせいだと言われています。

しかし、実際はアトピー性皮膚炎の人は特に免疫力が高いというわけではありません。免疫力が高いのではなく、免疫異常が生じしているのです。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸
おすすめアトピー石鹸

アトピー性皮膚炎の人はIgE抗体の過剰な働きが抑えられない

hhh2

では、免疫異常というのはどういうことなのかご説明いたします。まず、アレルギーに対する抗体がIgE抗体というものです。この抗体は物質ごとに作られます。要するに、ほこりに対してはほこりの抗体、小麦に対しては小麦の抗体が作られます。そして、抗体が作られると、その物質に対してアレルギー反応を起こします。
抗体を減らすことはできませんが、なんらかの原因で増えていくことはあります。なので、突然好きな食べ物に対してアレルギーになってしまうということもあります。

アトピー性皮膚炎の患者さんは、IgE抗体の数値が高い傾向にあります。IgE抗体の数値が高いということは、抗体を作りやすい、すなわちアレルギーになりやすい体質ということです。
このIgE抗体の過剰な働きを抑えることができずに、IgE抗体の数値が高くなってしまい、アレルギーになりやすい体質になってしまいます。

なので、アトピー性皮膚炎の人は免疫力が高いのではなく、IgE抗体による過剰な免疫機能を抑える力が低いという免疫異常の人が多いというのが本当のところです。

免疫力が高いどころか低くなっているのが現実

アトピー性皮膚炎の患者さんは免疫力が高いわけではありません。むしろ、免疫力が低くなってしまっている人が多いです。その理由は、長期間に及ぶステロイドの使用が原因です。
ステロイド剤の効果が弱く、なおかつ短期的な使用であれば、体にはあまり影響は出ません。しかし、長期間使用し続けていれば、ステロイドによる影響が体にも出てきます。
塗り薬だけを使っている場合でも、皮膚から血液へ吸収されてしまいますので、体への影響が出てしまいます。

ステロイドの長期使用による影響は色々ありますが、中でも今回注目したいのが「免疫力の低下」です。アトピー性皮膚炎の治療で、ステロイドを長期的に使用し続けていると、免疫力が低下し、感染症などにかかりやすくなっていたり、あらゆる疾患の原因になってしまうこともあります。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸
おすすめアトピー石鹸

なぜステロイドによって免疫力が低下してしまうのか?

hhh3

では、なぜステロイドによって免疫力が低下してしまうのか、原因をご紹介いたします。

ステロイドは副腎皮質ホルモンと呼ばれている、副腎で作られるステロイドホルモンと同じ成分の薬です。人工的にステロイドホルモンを合成し、少量でもしっかり効くように濃度や強さを高めています。
このステロイドにはアトピー性皮膚炎の炎症を抑える効果があります。この抗炎症作用が働くおかげで、ステロイドを使用するとアトピー性皮膚炎の症状が治まるというわけです。

ステロイドの効果は炎症を抑えるだけではありません。ステロイドを使用することで、IgE抗体の生産を止める効果があります。なので、ステロイドを使用するとアレルギーの原因であったIgE抗体が作られなくなります。
しかし、それと同時に免疫力も低下してしまいます。その理由は、IgE抗体の元となっているIgG抗体という抗体が生産されなくなるからです。実はIgG抗体というのは細菌やウイルスに対して対抗する抗体です。このIgG抗体がヘルパーT細胞という細胞から命令を受けることでIgE抗体となってしまうのです。

IgE抗体が作られなくなることで、アレルギー反応を弱めることはできますが、IgE抗体の元となるIgG抗体自体が生産されなくなるため、免疫力が低下してしまいます。
アトピー性皮膚炎の患者さんの全員が免疫力が低下しているというわけではありませんが、ステロイドを使用している人は免疫力が低下している傾向にあるということになります。

免疫異常を改善させるには?

hhh4

まずはIgE抗体の数値を高くしている原因を取り除くことが大切です。実はIgE抗体の数値を上げている根本的な原因をご存知でしょうか?それは黄色ブドウ球菌と共に皮膚の常在菌バランスを崩している原因となっているC. bovisという細菌のしわざです。
このC. bovisがIgE抗体を多く生産するように働いてしまうため、アトピー性皮膚炎の人は免疫異常となりアレルギーに敏感な体質になってしまいます。

では、どのような対策をしたら良いのかというと、まずはきちんと皮膚を清潔にすることです。健康的な肌の人の皮膚にはいくつも常在菌がいます。しかし、アトピー性皮膚炎の人の皮膚の常在菌は、健康的な人の皮膚の常在菌と比べて種類が少なくなっています。それは黄色ブドウ球菌とC. bovisが常在菌のほとんどを占めてしまっているからです。
常在菌バランスを整えるためには、やはり皮膚を清潔にすることが大切です。石鹸を使ってきちんと洗えば、殺菌することができるので、原因菌の数を減らすことができます。

また、スキンケアも大切です。保湿ケアはもちろんですが、できれば常在菌バランスを整えることを考えて作られた化粧品を使ってスキンケアをすれば、より常在菌バランスを整える効果が期待できると思います。

そして、免疫力が低下している人は、免疫力を上げるようにしましょう。免疫力を上げるには、腸内環境を整えること、生活習慣の改善をすることです。

腸内環境を整えるには、乳酸菌の摂取がおすすめです。乳製品に対してアレルギーがないのであれば、ヨーグルトを食べるのがおすすめです。また、面倒な場合はビオフェルミンなど乳酸菌で作られた薬やサプリメントを摂取するようにしましょう。
生活習慣の改善は、やはり規則正しい生活習慣を心がけることです。仕事の都合で不規則になるのであれば、睡眠時間だけはしっかり確保できるように過ごして下さい。毎日うだうだと無駄に起きてしまいがちな人は、なるべく早めに布団に入る習慣を付けましょう。

ちょっとした工夫を加えて生活をしていくことで、免疫力は高めることができます。自分に合った免疫力の高め方を見つけて、ぜひ習慣づけてみてはいかがでしょうか。

まとめ

アトピー性皮膚炎の人は免疫力が高いからアレルギー反応を起こしやすいのではなく、アレルギー反応を起こす原因であるIge抗体の過剰な働きを抑制する力が低いためアレルギー反応を起こしやすいのです。
これは、免疫力が高いというわけではなく、免疫機能に異常が生じているということです。

むしろ、外用薬、内服薬問わず長期的にステロイドを使用している人は、免疫力が低下してしまっている可能性があります。
免疫力の低下はあらゆる疾患を招いてしまう原因でもあるため、きちんとした正しい対策を行うことが大切です。

やはり、一番効果的なのは生活習慣を改善することです。人間は本来朝起きて夜眠る生き物です。この、本来の生き方を意識しながら、規則正しい生活リズムを身につけること、必要な栄養素をバランスよく摂取すること、適度に動いて体の機能を低下させないようにすることが、免疫異常の改善に役立ちます。
また、皮膚を清潔にすることと、きちんとしたスキンケアも忘れないようにしてください。

これ以上アレルギーを増やしてしまわないためにも、免疫異常に対するケアをしていきましょう!

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です