アトピー肌は黄色ブドウ球菌が多い?常在菌バランスを整える方法

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

yy1

アトピー性皮膚炎の原因は黄色ブドウ球菌だということは、今では多く人に知られていると思いますが、なぜ黄色ブドウ球菌が多いのかわかりますか?
実は、黄色ブドウ球菌が多くなってしまっている原因には、アトピー性皮膚炎の症状を緩和することができるヒントが隠されていました。

では、なぜ黄色ブドウ球菌が多いのか、そしてその対策などについてご紹介いたします。

アトピー肌は黄色ブドウ球菌が健康な肌よりも多い!

黄色ブドウ球菌というのは健康な人の肌にもいる常在菌です。健康な肌の人にもいるということは、本来ならばほとんど害のない細菌だということです。
しかし、増えすぎてしまうと食中毒の原因になったり、アトピー性皮膚炎の原因にもなります。

アトピー性皮膚炎の人の肌は健康な肌よりも常在菌の種類が少なくなっており、その代わりに黄色ブドウ球菌とコリネバクテリウム(C. bovis)という菌で支配されています。
※コリネバクテリウムはアトピー性皮膚炎の人がアレルギーを持っている人が多い原因を作っている菌です。

そして、実験により黄色ブドウ球菌の数を減らしたところ、アトピー性皮膚炎の症状が緩和したことが明らかになりました。要するに、健康な肌の人と同じような常在菌のバランスを保てはアトピー性皮膚炎は和らぐということです。
すなわち、アトピー性皮膚炎を完治するには常在菌バランスが重要となります。

なぜ、黄色ブドウ球菌が多いのか?常在菌バランスを整えるには?

yy2

では、なぜアトピー性皮膚炎の人の肌には黄色ブドウ球菌が多いのかご紹介いたします。それは抗菌ペプチドが普通の肌の人よりも少ないからです。
抗菌ペプチドというのは、体の表面に病原菌などを増やさないために、私たちの皮膚や体を守ってくれている物質です。抗菌ペプチドが存在していないと、私たちの肌はたちまちカビや病原菌などで荒らされてしまいます。

抗菌ペプチドはディフェンシンやカテリシジンやタームシジンなどいくつかの種類があります。この抗菌ペプチドが少ないと、黄色ブドウ球菌が増えすぎてしまい常在菌バランスが崩れ、アトピー性皮膚炎などにつながります。

要するに、黄色ブドウ球菌を減らして常在菌バランスを整えるためには抗菌ペプチドを増やす必要があるということです。

因みに、マウスを用いた実験では抗生物質を使って常在菌のバランスを整えていました。しかし、抗生物質を長期間使用するのは危険であるため、抗生物質に頼らずに治療する必要があります。抗生物質に頼らずに常在菌バランスを整えるアトピー性皮膚炎の治療法はまだ確立されていません。現在は治療法の確立のための研究が進められているそうです。

そして、抗菌ペプチドは、この抗生物質のような役割を担っています。ただし、抗生物質のように副作用はありません。副作用のない、色々な生物の体に元々いる抗生物質のようなものというイメージに近いです。

抗菌ペプチドが少ない理由

では、アトピー性皮膚炎の人はなぜ、抗菌ペプチドが少ないのかという原因をご紹介いたします。それは、抗菌ペプチドは肌の状態が正常であるときに生成されるからです。
炎症があったり、乾燥をしていたり、ターンオーバー(新陳代謝)が遅れていたりなど、皮膚に異常があると上手に生成することができないため、少なくなってしまいます。

アトピー性皮膚炎の人の肌は乾燥傾向にあるということ、そして肌の乾燥は肌のターンオーバーを遅らせる原因でもあります。そして、抗菌ペプチドが少なくなり、黄色ブドウ球菌が増えてしまいます。
これが悪循環となって症状を重症化させることもあります。

どうしたら抗菌ペプチドは増やせるのか?

yy3

常在菌のバランスを整えるためには抗菌ペプチドを増やす必要があります。では、どうしたら抗菌ペプチドを増やすことができるのかというと、実はあらゆる方法で抗菌ペプチドを増やすことが可能でした。

まず抗菌ペプチドのうちカテリシジンを増やすならビタミンDを摂るのがおすすめです。なぜなら、カテリシジンを作るにはビタミンDが必要不可欠だからです。ただし、摂り過ぎると血中のカルシウム濃度が上昇して内蔵にカルシウムが沈着してしまいます。そうなると、最悪の場合、死に至ることもあるため。サプリメントで摂取するなら、きちんと目安量を守って摂取してください。
因みに、食品から摂取するなら魚ときのこ類がおすすめです。その他の食品にはあまり含まれていないので、魚やきのこ類を積極的に取り入れてみてくださいね。

そして、タームシジンは汗に含まれている抗菌ペプチドです。アトピー性皮膚炎には運動が良いという説がありますが、それは体の健康を保ったり、ストレスを解消したりという理由などだけでなく、抗菌ペプチドを作ることができるからという理由もあります。
汗をあまりかかない人はタームシジンの量が少なく、感染症などに弱い体になってしまいます。

正常な肌作りをすることも大切

少しだけ触れましたが、抗菌ペプチドは正常な肌から生成される物質です。アトピー性皮膚炎ではお馴染みの保湿ケアは、乾燥を防いで肌の水分の状態を正常にするために行います。
さらに、肌が潤えばターンオーバーを促進したり、バリア機能を強化することもできます。やはり、保湿ケアはアトピー性皮膚炎にとってとても重要なことだということになります。

そして、食事療法も正常な肌を作るためには大切なことです。私たちの体は食べ物から作られているようなものです。自分が食べたものが体に影響するということになります。
綺麗な肌を目指すのであれば、バランスの良い食生活を送ることが大切です。食事療法は無駄という説をたくさん見てきましたが、正常な肌を作るならむしろ積極的に食事療法は行うべきです。

黄色ブドウ球菌を自分で減らすことも大切!

yy5

抗菌ペプチドを増やして常在菌のバランスを整えることも大切ですが、黄色ブドウ球菌を少しでも減らして、常在菌のバランスを整えるサポートをすることも大切です。
実は、黄色ブドウ球菌って簡単な方法で減らすことができます。それはきちんと石鹸を使って体を洗うことです。

石鹸を使わない入浴方法などが、アトピー性皮膚炎には良いという噂がたくさんありますが、石鹸の代わりに使用されるものは、体を洗うことを目的に作られたものではありませんし、黄色ブドウ球菌を殺菌することはできません。
水やお湯だけでも皮膚の汚れは落とせますが、黄色ブドウ球菌までを減らすことはできません。

黄色ブドウ球菌が多いことがそもそもの原因であるため、減らす必要があります。だから、アトピー性皮膚炎の人こそ、きちんと石鹸を使って体を洗うべきです。
今は刺激も少なく、アトピー性皮膚炎でも使える商品がたくさん販売されています。色々な噂に左右されて色々な方法を試すのも悪くないですが、自分に合った石鹸を使うことが最も安全で確実性が高いと思います。

常在菌バランスを整える化粧品や石鹸もある

最近では、常在菌のバランスを整えることに着目して開発されている化粧品や石鹸などが販売されています。常在菌は普段はおとなしいですが、過剰に増えてしまうとニキビを作ったり、皮膚炎を起こしたりなど色々な影響が出てしまいます。
なので、常在菌を増殖させないためにバランスを整えて美肌を目指そうというのが、このような化粧品や石鹸の目的となっています。

アトピー性皮膚炎の改善を目的とした商品は少ないかもしれませんが、常在菌のバランスを整えなければならないという目的は同じであるため、刺激の少ない商品ならアトピー性皮膚炎専用でなくても使用して大丈夫です。
ただし、どんなに肌に優しい化粧品や石鹸でも、人によっては刺激になったり、肌トラブルの原因になることもあるので、異常があったらすぐに使用を中止してくださいね。

常在菌のバランスを整える化粧品や石鹸を使えば、即効性を感じることは難しいと思いまずが、徐々に黄色ブドウ球菌の数を減らすことが可能になります。
抗菌ペプチドを増やしつつ、常在菌のバランスを整えるケアをするとより良い効果が期待できます。

毎日のケアに少しずつ

アトピー性皮膚炎を改善するためには常在菌のバランスを整えることが大切です。そのためには、抗菌ペプチドを増やして、黄色ブドウ球菌など増殖しすぎた常在菌を減らす必要があります。
毎日のケアでなかなかアトピー性皮膚炎が改善されないと悩んでいる人はぜひ、このような部分を意識してみてはいかがでしょうか?

今までのケアの方法や生活スタイルなどを一気に変えることは難しいですが、少しずつ取り入れることならできると思います。少しずつ意識して取り入れればきっと、アトピー性皮膚炎の症状も軽くなっていくと思います。ぜひ、試してみてください。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です