アトピー性皮膚炎とアレルギーの違いや特徴

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

xx1

アトピー性皮膚炎はアレルギー性疾患です。しかしアトピー性皮膚炎自体はアレルギーではありません。ところが、アトピー性皮膚炎=アレルギーと思っている人も多いようです。
では、アトピー性皮膚炎とアレルギーの違いについてご紹介いたします。

アレルギー性疾患とは?

アレルギー性疾患とはアレルギーが原因で、皮膚や粘膜などに反応が見られる疾患のことです。慢性的に現れ、治療には長期間時間を要するのが特徴です。
因みに、アレルギーが皮膚に出る疾患はアトピー性皮膚炎以外にも、アレルギー性接触皮膚炎などがあります。アレルギー性接触皮膚炎とは、アレルゲンとなる物質に触れることで、かゆみを伴った湿疹などが発生する皮膚炎です。接触時は問題なくても、光が当たることで発症することもあります。その場合を光接触皮膚炎と言います。

そして、粘膜にアレルギーが出る疾患には、日本人にとってはお馴染みの花粉症や、アレルギー性鼻炎、気管支喘息などがあります。
特に気管支喘息はアトピー性皮膚炎と併発しているケースも多いです。

アトピー性皮膚炎について

xx6

アトピー性皮膚炎は、アレルゲンが触れたり、ストレスなどの精神的不調など、さまざまな要因が複雑に絡みあうことで発症する皮膚炎のことです。
アトピー性皮膚炎の原因の1つとしてアレルギーがあり、アレルギー反応が皮膚に起こることで皮膚炎が発生している人が多いです。アトピー性皮膚炎はアレルギーが原因の1つというだけであり、アトピー性皮膚炎自体はアレルギーではありません。

また、アトピー要因を持っている人がアトピー性皮膚炎になりやすいと言われています。そのアトピー要因というのが、アレルギーを本人または血の繋がっている人が持っていたり、アトピー性皮膚炎を発症させたことのある人が血の繋がっている人の中にいたりなど、アトピー性皮膚炎になりやすい体質のことです。
なので、アトピー要因=アレルギーということでもありません。

アレルギーとは?

まず、風邪はウイルスや細菌が体の中に侵入したことによって発症します。細菌やウイルスが体内に侵入すると、体を守る防御システムである免疫力が働きます。
この免疫力が抗体を作って対抗して戦っているときに、咳や鼻水、熱などといった症状が現れます。

しかし、細菌やウイルスなどの病原性を持つものではなく、ホコリや花粉、食べ物などの本来病原性を持たないものに対しても、免疫力が働いてしまうことがあります。そしてそれらの病原性のないものにまで抗体を作ってしまい、過剰な反応を起こしてしまいます。
これがアレルギー反応の正体になります。

そして、アレルギーの原因となる物質「アレルゲン」に対する抗体をIgE抗体と言います。IgE抗体を作りやすい体質ほど、アレルギー体質になりやすいです。

アトピー性皮膚炎の人は、IgE抗体の数値が高い人が多いため、アレルギーを持っている人が多いです。

抗体が作られてしまったらアレルギーになる

xx2

食べ物やハウスダストなどに対して抗体が作られると、それらのアレルゲンに触れたときにアレルギー反応がでます。しかし、今は大丈夫でも、徐々に抗体が作られていくと今まで大丈夫だったものに対してアレルギー反応を起こすようになります。
わかりやすいのは「花粉症」です。花粉症は毎年苦しんでいる人もいれば「今年から花粉症になっちゃった!」と、今まで大丈夫だったのにいきなり花粉症になる人もいます。

日本人で最も多いと言っても過言ではないのが「スギ花粉」に対する花粉症です。今まで大丈夫だった人は、スギ花粉に対する抗体が体内で作られていなかっただけであり、もしも、体内でスギ花粉に対する抗体が作られてしまったら、次にスギ花粉が多くなる時期に花粉症を発症してしまいます。

また、食べ物も同じです。今まで食べることができていた食品のアレルギーになり、アレルギー反応が出てしまう人も少なくはありません。
特に、長期的に食べ続けている食品は、抗体を作りやすい傾向にあるようです。

大好きな食品があり毎日食べ続けていたら、いきなり重いアレルギー症状が出てしまい、生死をさまよう思いしたというエピソードをテレビ番組で見たことがあります。
このように、今日は大丈夫でも明日アレルギーになっている可能性もあるということです。

アトピー性皮膚炎はなぜアレルギーを持っていることが多いのか?

では、アトピー性皮膚炎の人はなぜ、アレルギーを持っている人が多いのか、アトピー性皮膚炎とアレルギーの関係についてご紹介いたします。
まず、少しだけ触れましたが、アトピー性皮膚炎の患者さんはIgE抗体の数値が高い傾向にあります。なので、アレルギーになりやすい体質となってしまっています。これがアトピー性皮膚炎の人がアレルギーを持っていることが多い理由なのですが、では、なぜIgE抗体の数値が高くなってしまっているのかご紹介いたします。

まず、アトピー性皮膚炎と肌が健康な人の違いってわかりますか?デリケートかどうかとか、乾燥しているとか、湿疹があるとか、そういう部分も違っていますが、実は見えない部分も違っています。
それが、常在菌の種類です。常在菌は通常色々な種類の細菌がたくさん皮膚に付着しています。

常在菌は細菌ではありますが、悪い菌というわけではありません。実は、肌を外部の刺激から守るバリア機能の最前線に常在菌がいるのです。すなわち、肌を刺激から守るためにはこの常在菌も必要ということです。

しかし、アトピー性皮膚炎の人の肌の常在菌は、健康な人の肌の常在菌より種類が少なく、なおかつ黄色ブドウ球菌とコリネバクテリウム(C.bovis)という菌に支配されています。黄色ブドウ球菌は健康な人の肌にもいる常在菌ですが、アトピー性皮膚炎の人の場合は数が違います。

そして、黄色ブドウ球菌と一緒に支配しているコリネバクテリウムという細菌は、なんとIgE抗体を上昇させている超本人でした。アトピー性皮膚炎の人のIgE抗体の数値が高いのはコリネバクテリウムが原因であり、そのせいでアレルギーに敏感な体質になってしまっているということになります。

これが、アトピー性皮膚炎の人がアレルギーを持っていることが多い理由です。

アトピー性皮膚炎のアレルギー対策

xx5

やはり、まずは自分にはどんなアレルギーがあるのか把握しておくことが良いです。おすすめはアレルギー科で調べることですが、大きな総合病院などでしかこの診療科は見当たらないので、アレルギーを検査してもらえるのならどこでもOKです。

また、いきなり花粉症を発症するケースがあるように、抗体はいきなりできます。なので、1度検査したからといって安心することはできません。できれば、アトピー性皮膚炎の症状がひどい時くらいは定期的に検査するのがおすすめです。
ただし、全てのアレルギーがわかるというわけではありませんので、生活していくうえで、どのような物質に触れたときにアトピーがひどくなるのかどうかを確かめていき、アレルギーとなる要素を減らしていくことをおすすめします。

例えば、塩素除去シャワーヘッドに変えたら症状が軽くなった場合、塩素に反応している可能性がありますし、チョコレートを食べた後に悪化する場合は、チョコレートの成分に反応している可能性があります。
このように、どんなことをしたときに悪化するのか、日常でどこを取り除いたときに症状がよくなるのかを確認することで、アレルゲンから体を守り、アトピー性皮膚炎の症状を抑えることが可能です。

難しいかもしれませんが、少しずつ、自分ができるところからやってみてください。

まとめ

アトピー性皮膚炎=アレルギーではありません。アトピー性皮膚炎の原因と言われているアトピー要因にアレルギーが含まれていることから、アトピー性皮膚炎=アレルギーという間違った知識が出回ってしまっています。
アトピー性皮膚炎は、アレルゲンに触れることで皮膚に起こるアレルギー反応であり疾患です。アトピー性皮膚炎そのものはアレルギーではありませんが、アレルギーとは深い関係があります。

アトピー性皮膚炎の人の肌にはコリネバクテリウムが多く存在しています。このコリネバクテリウムがアレルギーを引き起こすIgE抗体を上昇させているため、アトピー性皮膚炎の人はアレルギーを持っている人が多いのです。
常在菌であるため、まずは皮膚の清潔を保つことと、なるべくアレルゲンとなるものに触れないように、しっかり自分のアレルゲンを把握しておくことが大切です。

アレルギー対策をしながら、アトピー性皮膚炎のケアをするのは大変ですが、少しずつの努力が改善の道へと進むことができるので、諦めずにがんばってくださいね。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です