アトピーでも使える界面活性剤はある!正しい知識と正しい判断を

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

jj1

巷では界面活性剤を絶つとアトピー性皮膚炎が治るという噂がされているようですが、ハッキリ言ってしまえばそれは嘘です。なぜなら、アトピー性皮膚炎でも使える界面活性剤はありますし、界面活性剤そのものがアトピー性皮膚炎を悪化させているわけではないからです。

ややこしい伝え方をすることで、間違った判断をしてしまい、逆にアトピー性皮膚炎の症状を悪化させてしまうこともあります。そんなことにならないためにも、界面活性剤に関する正しい知識を身につけ、正しい判断をできるようになりましょう。

界面活性剤とは何?

界面活性剤は水と油を馴染みやすくする効果のある成分です。界面活性剤の1つの分子には、「親水性」という水に馴染みやすい部分と「親油性」という油に馴染みやすい部分があります。
その分子の構造により、本来馴染むことのない油と水を、界面活性剤を加えることで馴染ませることができるようになります。

この界面活性剤は化粧品から、シャンプーやボディーソープ、洗剤など、さまざまな製品に配合されています。
では、なぜこの界面活性剤がこれらの製品に配合されているのかをご説明いたします。

まず、洗浄力を上げるためです。例えば、油でベトベトになってしまった食器があるとします。この食器は水で洗うだけでは油を綺麗に落とすことができません。その理由は、油と水が馴染まないからです。
しかし、界面活性剤が配合されている洗剤を加えるとどうでしょうか?洗剤を加えることで、洗剤に油と水が馴染み、その洗剤ごと水と一緒に油を洗い流すことができるようになります。

洗顔料やシャンプーなども同じです。皮脂やその汚れなどが水と馴染むようになるのでスッキリ洗い流すことができるようになります。

界面活性剤は洗浄力を高めるだけが役目ではありません。化粧品の場合は、まず化粧品の成分を水と馴染みやすくします。馴染まないままですと、水と成分が分離してしまうからです。
さらに、化粧品が肌に馴染みやすくなります。化粧品の成分を効率よく肌に馴染ませるという目的でも、油と水を馴染みやすくする界面活性剤が使われるというわけです。

なぜ界面活性剤が肌に悪いと言われているのか

jj2

では、油と水を馴染みやすくする界面活性剤が、なぜ肌に悪いと言われているのかご紹介いたします。

まず、お皿洗いを毎日している主婦や、洗い場の仕事をしている人の手を見てください。赤くなっていたり、乾燥してしまっていたり、ひび割れができていたりしませんか?
それは、洗剤の界面活性剤による影響です。界面活性剤によって、手の必要な皮脂までも洗い流してしまい、乾燥しやすくなってしまった結果、肌のバリア機能が低下して手が荒れてしまっているのです。

要するに、界面活性剤を使い続けてしまうと、肌を保湿するために必要な分の皮脂を洗い流してしまうため、肌が乾燥して荒れやすくなるということです。

ただし、界面活性剤が蓄積されるということではない

界面活性剤を使って汚れを洗い流し続けると皮脂もどんどん流れてしまうから乾燥してしまい、バリア機能が弱くなってしまうだけであり、界面活性剤自体は肌に蓄積されることはありません。
界面活性剤を使い続けると肌に蓄積されてバリア機能を破壊するなんて噂があるようですがこれは違います。たしかに、かつての化粧品は、あまり品質の良い界面活性剤が使われていませんでした。

しかし、現在の化粧品に使われている界面活性剤は、洗い流しやすくなっており、なおかつ人の肌の酵素によって簡単に分解されてしまうので、蓄積されるということはありません。

なので、界面活性剤が蓄積されて肌のバリア機能を破壊するということは間違っています。

注意が必要なのは合成界面活性剤

jj3

界面活性剤=悪影響というイメージを持っている人が多いですが、そんなことはありません。

界面活性剤には天然由来の界面活性剤と、化学物質を合成させて作った界面活性剤があります。この中でも特に注意が必要なのが合成界面活性剤です。

合成界面活性剤は、強力な酸などを使用して洗浄力を高めているだけでなく、酸による肌への刺激も強いです。肌が敏感なアトピー性皮膚炎の人にはあまり使用してほしくない界面活性剤でもあります。

界面活性剤を絶てばアトピー性皮膚炎が改善されると言われるようになったのは、この洗浄力の高い合成界面活性剤が原因です。
しかし、洗浄力がマイルドで、肌への刺激も少ない界面活性剤はたくさんあります。そのような界面活性剤を使用すれば、アトピー性皮膚炎の症状の悪化を防ぐことが可能です。

高級アルコール系界面活性剤は洗浄力が強い

界面活性剤の中でも特に洗浄力が強いのが高級アルコール系界面活性剤です。
中でもラウレス硫酸ナトリウムやラウリル硫酸ナトリウム、といった「硫酸」が付く成分は特に注意が必要です。これらの界面活性剤は、少量で強力な洗浄力を得られるため、大量生産されている安価なシャンプーなどに多く使用されています。

実は硫酸と表記のある成分は、製造過程において硫酸が使用されています。例えばラウリル硫酸ナトリウムでは、まずラウリン酸という酸をアルコールで還元しラウリルアルコールにします。それを濃い硫酸を使ってエステル化(結合させ1つの化合物にさせること)し、ラウリル硫酸エステルにます。この時点で強い酸性になってしまっているので、アルカリ性であるナトリウムで中和をすることでラウリル硫酸ナトリウムが完成します。

シャンプーなどに配合する際は、濃度は薄くなってはいるものの、製造過程で濃硫酸が使われていることは確かであり、刺激があるということも事実です。
ただし、高級アルコール系界面活性剤も全てが刺激が強い界面活性剤というわけではありません。

最近注目を集めている「ラウレス-4カルボン酸ナトリウム」や「ラウレス酢酸ナトリウム」は低刺激の高級アルコール系界面活性剤です。カルボン酸は酸の強さが弱く、酢酸は料理でも使われているお酢です。
高級アルコール系界面活性剤ではありますが、これらは低刺激で洗浄力もマイルドなので、アトピー性皮膚炎の人でも使えます。

ボディーソープはアミノ酸系界面活性剤がおすすめ

jj4

私たちの皮膚や髪はタンパク質でできています。そしてこのタンパク質は何種るものアミノ酸から作られています。肌と同じアミノ酸から作られている界面活性剤は、アレルギー反応もしにくいので、アトピー性皮膚炎にも赤ちゃんの肌にもおすすめです。

アミノ酸系界面活性剤はかなりたくさんの種類があるので、調べるのは大変です。まずアミノ酸系界面活性剤に使われているアミノ酸の種類をご紹介いたします。
全部で8種類ほどで「グルタミン酸」「リン酸」「イセチオン酸」「タウリン」「アラニン」「グリシン」「サルコシン」という名前が成分名に入ります。

例えば、ココイルグルタミン酸ナトリウムという感じです。ココイルは椰子油のことです。まずは油に馴染みやすい脂肪酸の名前、そしてアミノ酸の名前、最後にナトリウムのように水に馴染みやすいアルカリ性の物質の名前が来ます。
とりあえず、8種類のアミノ酸の名前だけ覚えておけば大丈夫です。

ちなみに、アミノ酸系界面活性剤は、基本的に全て天然由来成分のため、肌にも優しく洗いあがりもマイルドです。ただ、製品にもよるのですが、中には泡立ちの悪いものもあり、物足りないさを感じることもあるかもしれません。泡立ちの良いものもあるので、自分の肌の相性と好みの仕上がりのを選ぶことをおすすめします。

化粧品は天然界面活性剤がおすすめ

jj5

実は、身の回りにある植物から抽出されている天然由来成分の界面活性剤もあります。刺激も少なく洗浄力もかなりマイルドなので、シャンプーやボディーソープよりも化粧水や美容液など、スキンケアで使用する化粧品におすすめの界面活性剤です。

天然由来成分の界面活性剤にはレシチンとサポニンが有名です。レシチンは大豆や卵黄、サポニンはにんじんやお茶に含まれている成分です。
ただ、アトピー性皮膚炎の場合アレルギーを持っている人が多いので、天然由来成分の界面活性剤を配合している化粧品を使用する場合は、アレルギーがないかどうかよく確認してから使うようにしてください。

界面活性剤は絶たなくても大丈夫!

ハッキリ言ってしまえば、界面活性剤を絶つ必要なんてありません!肌の清潔を保つためには避けては通れないものですし、界面活性剤を使わないように制限するのはかなり大変です。
アトピー性皮膚炎でも使えるような肌に優しい界面活性剤もありますし、全ての界面活性剤が肌に悪影響を及ぼすというわけではありません。

界面活性剤を避けるあまりに肌を不衛生にしてしまっては逆効果です。アトピー性皮膚炎にとって肌を清潔にすることはとても重要だからです。使うのを抑える努力はしてもいいと思いますが、無理に使わないようにするというのはおすすめできません。
注意が必要なのは洗浄力の強い硫酸を使った高級アルコール系界面活性剤です。それ以外の界面活性剤は基本的に刺激も少ないので、アレルギー反応があるかどうかを注意すればOKです。

正しい知識を身につけて、どのような化粧品やシャンプーなどを使えばいいのか正しい判断をできるようになりましょう。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です