アトピーでも脱毛して大丈夫?サロン選びに失敗しない方法

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

ii1

お洒落をするということ、綺麗になるということは、心にとっても良いことです。それは、アトピー性皮膚炎の人だって同じことです。アトピーだからお洒落できないとか綺麗になれないということはありません。アトピーだからこそ、自分を磨いて心も体も元気にするということが必要です。

お洒落や美容において、最近とても多くなってきているのが「脱毛」です。脱毛は何年も前から普及していますが、最近は料金も徐々に安くなってきており、手を出しやすくなってきていることから、ますます需要が増えているようです。
脱毛を行えば面倒くさい脱毛処理をしなくても良くなりますし、カミソリによる刺激もなくなります。楽で肌への負担も少なくなるので、女性だけでなく男性の間でも脱毛の需要は高まってきています。

しかし、ここで1つ気になることがあります。今では色々なタイプの脱毛方法がありますし、以前に比べて痛みも少なくなっているようですが、アトピー性皮膚炎の人でも脱毛して大丈夫なのでしょうか?

アトピー性皮膚炎でも脱毛はできるのか?

ii2

まず、結論から言ってしまいますが、アトピー性皮膚炎でも脱毛することはできます。美容皮膚科でもエステでも、場所に限らずアトピー性皮膚炎でも脱毛することは可能です。
ただし、基本的に医師に同意してもらわないといけないため「同意書」というものを書いてもらわなければなりません。

脱毛を行っているほとんどの医療機関やエステサロンでは、実際に脱毛を行う前に無料でカウンセリングを行ってもらえます。そのときに、自分の肌の状態に合った脱毛方法を調べてくれたりするのですが、その際に同意書を提出しなければならないことがほとんどです。
なので、カウンセリングの前に必ず、脱毛を行おうと思っている医療機関やエステサロンに、アトピー性皮膚炎だからということを伝え、医師から同意書をもらう必要があるかどうかを確認してください。同意書は普段通っている医療機関の主治医の方に書いてもらってくださいね。

また、普通ならほとんど問題なく全身どこでも脱毛することは可能ですが、アトピー性皮膚炎の場合は、症状の程度によって脱毛できない場所などがあります。
例えば、アトピー性皮膚炎の症状がひどく出てしまっていたり、かきむしっていてただれていたり傷ができている場合は施術ができません。基本的に傷ができている場所は、アトピー性皮膚炎でなくても施術できないことになっています。

医療機関やエステサロンによっては、アトピー性皮膚炎の人を脱毛したという経験が豊富なところもあるようです。そのようなところで脱毛をすれば、対応などもきちんとしていますし、もしものときの対処法もわかっていると思うので安心して施術を受けられます。

何よりも、何人ものアトピー性皮膚炎の患者さんの脱毛をしてきたということは、断られにくいということです。きっと親身になってカウンセリングをしてくれると思うので、そのようなところを選ぶのがおすすめです。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸
おすすめアトピー石鹸

おすすめは医療機関

個人的にはエステサロンで脱毛をするよりも医療機関で脱毛をすることがおすすめです。エステサロンのほうが料金的には安いかもしれませんが、医療行為を行うことができないので、医療機関で使うような強力な脱毛マシーンを使用することができません。さらに、アトピー性皮膚炎に対して正しい知識を持っているとも限りません。

一方、医療機関の場合は美容含め基本的に皮膚科で脱毛を行います。脱毛効果はもちろんですが、皮膚科はアトピー性皮膚炎も取り扱っている診療科です。正しい知識をきちんと持った上で脱毛をすることができるので安心です。
もちろん、エステサロンがダメというわけではないので、自分の肌質とお財布に相談することをおすすめします。

ただし、脱毛をすることで悪化してしまう可能性もあります!

ii3

脱毛することはアトピー性皮膚炎でも敏感肌の人でも可能ですが、アトピー性皮膚炎は極度の敏感肌であり、ちょっとした刺激でも悪化しやすいという状態になっています。
そのため、脱毛マシーンによっては刺激を感じてしまい、症状が悪化してしまうことがあります。

脱毛はどの方法でも熱が加わります。冷却機能はもちろんついているものの、肌が健康的な人でも脱毛後は赤くなってしまうという人もいます。
なので、アトピー性皮膚炎の人ほどアフターケアが重要になります。アフターケアの指導が必ずあると思うのでそれに従い、なおかつ、激しい運動をしない、入浴をしない(短時間のシャワーに済ませる)など、体を温めるようなことはしないようにしましょう。

また、刺激によって悪化するだけではありません。ステロイドは本来、アトピー性皮膚炎の炎症を抑えるために処方されるものですが、脱毛マシーンによるレーザーやフラッシュなどの光を当てると反応して、炎症を起こしてしまいます。
なので、脱毛をする際は、予定日までの1週間くらいステロイドの使用を控えるようにしなければならないこともあるそうです。

ただ、ステロイドをやめたらすぐに症状が悪化してしまう人もいるので、できれば脱ステロイドができていたり、その途中で少ない回数で症状が抑えられるようになったときなど、肌の調子が良いときに脱毛するのがおすすめです。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸
おすすめアトピー石鹸

使用するジェルで悪化することも・・・

脱毛マシーンを使用する前に、専用のジェルやローションなど塗ります。そのジェルやローションに配合されている成分が肌に合わず、アトピー性皮膚炎を悪化させてしまう人もいるようです。

なので、事前に配合成分を教えてもらったり、パッチテストをしてもらえるようなところを選ぶようにしましょう。
自分ではよくわからない場合は、予め専用のジェルやローションについての情報を教えてもらい、皮膚科やアレルギー科などで大丈夫なのか聞いてみるのも良いと思います。

失敗しない医療機関&サロン選び

ii4

脱毛コースは各医療機関やエステサロンにより制度が違います。予め期間が設定されていて、その期間内なら何回でも可能な期間保証のところと、期間は特に限定されておらずこの回数まではいつでも施術を受けられるという回数保証のところがあります。

期間保証のほうがお得のような気もしますが、アトピー性皮膚炎の場合は回数保証をしてもらえるところを選ぶことをおすすめします。
その理由は、アトピー性皮膚炎の人の場合は、症状が悪化してしまうと施術を受けられなくなってしまい、最悪の場合期間内に脱毛が完了せずに損をしてしまう可能性があるからです。

しかし、回数保証の場合は期間が特に設けられていないこともあり、自分の肌の状態に合わせたペースで通うことができます。万が一途中で症状が悪化してしまい、脱毛にいけなくなったとしても、必ず指定されている回数分は保証されているので、損をしてしまうこともありません。

万が一悪化してしまったときのことも考えると、回数保証のところを選ぶことをおすすめします。

まとめ

アトピー性皮膚炎でも脱毛することはできますが、医師に同意書を書いてもらう必要があることがほとんどです。さらに、症状が悪く傷などができている場合は施術できません。また、レーザーやフラッシュなどの光にステロイドが反応してしまい、炎症を促してしまう可能性があるので、ステロイドの使用を控えなければならないこともあり、どちらにしても脱毛するためには、症状を落ち着かせなければならないということになります。

また、万が一途中で症状が悪化してしまい、脱毛になかなか行けないような期間ができてしまったとしても、損をしないように、期間保証ではなく回数保証のところを選ぶようにしましょう。

アトピー性皮膚炎で脱毛を諦めていた人も、もう諦める必要はありません!調子が良くなったら、脱毛して美しさを追求してみるのも悪くはないですよ。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です