アトピー性皮膚炎に用いられる薬の種類と特徴まとめ

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

z1

アトピー性皮膚炎で使用する薬はステロイド剤だけではありません。その他にも色々な薬があります。今回はそれぞれの薬の特徴と正しい知識を理解していただこうと思い、アトピー性皮膚炎に用いられる薬の種類と特徴をまとめてみました。

アトピー性皮膚炎の薬には外用薬と内服薬があります

アトピー性皮膚炎に用いられる薬には「外用薬」と「内服薬」があります。それにプラスして「保湿剤」が処方されます。医療機関ではこれらの医薬品を用いてアトピー性皮膚炎を治療していくのが一般的です。今回は主に「外用薬」と「内服薬」について触れていきます。

外用薬(塗り薬)には「ステロイド外用薬」と「免疫抑制外用薬」があります。
また、内服薬(飲み薬)には「ステロイド薬」「免疫抑制薬」「抗アレルギー薬」「抗ヒスタミン薬」があります。

それではそれぞれどのような特徴があるのがご紹介いたします。

ステロイド外用薬

z1

ステロイド外用薬と言えば、アトピー性皮膚炎に有効な薬としては有名ですね。ステロイドは元々人の体でも作られている物質であり、アトピーの炎症を抑えるために用いられています。
その他、アトピー性皮膚炎以外にも円形脱毛症や免疫疾患などでも使用されます。

ただし、ステロイドは炎症を抑えるだけでなく、免疫力を抑えてしまう働きもあるため、皮膚が弱くなってしまったり、その他にも色素沈着や多毛(産毛が濃くなること)、緑内障や白内障などといった、さまざまな副作用のリスクもあります。
また、ステロイドはアトピー性皮膚炎の症状を無理矢理押さえ込んでいるだけ、すなわちストッパーをかけている状態であるため、いきなり使用を中止すると、ストッパーが外れて症状が一気に悪化してしまいます。

因みに副作用のリスクは、長期的に使用すればするほど上がっていきます。無理な脱ステロイドは危険を招きますが、長期的に使用し続けていても危険であるため、医師と相談の上、ゆっくりと徐々にステロイドを卒業していくことをおすすめします。

ステロイドには5段階の強さがあり、それぞれ連続で使用して良い期間などが定められています。

まずは一番強いⅠ群の【ストロンゲスト(strongest)】です。大人の場合連続使用は1週間までであり、重度のアトピー性皮膚炎の患者さんに処方されます。また、ストロンゲストのステロイド外用薬は、ステロイドの中でも最も体へ吸収されやすいため、原則として子供に処方されることはありません。

次は非常に強力なⅡ群の【ベリーストロング(very strong)】です。大人の連続使用は1週間までであり、比較的吸収されにくい体幹部に処方されます。子供の場合は数回まで使用可能であり、主に四肢に処方されます。

そして、強力なⅢ群の【ストロング(strong)】です。大人の連続使用は2週間以内で、子供の場合は1週間以内です。どちらも主に体幹部に処方されます。

中程度のⅣ群は【ミディアム(medium)】です。大人の連続使用は2週間以内で、子供の場合は1週間以内です。どちらも顔を含む全身に処方されます。

最後に弱いⅤ群の【ウィーク(week)】です。大人も子供も連続使用は2週間以内で、顔や陰部を含む全身に処方されます。ウィークのステロイドの成分は体に吸収されやすいものですが、薬自体のステロイドの含有率は高いので、使用する際は注意が必要です。

免疫抑制外用薬

アトピー性皮膚炎は免疫異常により、かゆくなったり炎症がひどくなったりなど、症状が悪化すると言われています。異常に高くなってしまった免疫力を抑え、症状を和らげるために免疫抑制外用薬が処方されます。

免疫抑制外用薬の炎症を抑える強さは、ステロイド外用薬のミディアムからストロングほどの強さです。ステロイドのような副作用はないため、長期的にステロイドを使用するのが不安な人や、ステロイドでは湿疹がなかなか良くならない人、炎症がある程度落ち着いてきた人などに処方されます。

副作用はほとんどありませんが、使用開始から1~2週間程度はヒリヒリと刺激を感じたり、ほてりを感じることがあります。

ステロイド内服薬

ステロイドは内服薬もあります。内服薬が処方されるのは、ステロイド外用薬では症状を抑えられないほど、アトピー性皮膚炎が重症の場合に処方されます。
抗炎症作用は強力であり、その分副作用も強くなります。また、内服薬であるため副作用は皮膚だけでなく、全身にも及びます。

副作用としては肥満になったり、免疫力が低下するので易感染性(感染症にかかりやすくなる)になったり、白内障、緑内障、骨粗鬆症、低身長などがあります。

免疫抑制内服薬

z3

免疫抑制内服薬が処方されるのは16歳以上であり、なおかつ広範囲で強い炎症が見られ、これまでの治療で十分に効果が見られない人に処方されます。

最大で3ヵ月まで連続使用できますが、それ以上長期的に使用する場合は3ヵ月使用した後、一度使用を休止しなくてはなりません。

副作用は全身に及び、ステロイド同様に易感染性になったり、腎障害や多毛などがあります。また、免疫力が低下していることにより、癌なども誘発しやすくなります。

抗アレルギー薬(内服薬)

抗アレルギー薬はかゆみを抑えるために使用されます。また、症状を悪化させないための予防薬としても使用され、アトピー性皮膚炎以外のアレルギー性の疾患でも処方されます。
副作用はあまりない安全性の高い薬ですが、アトピー性皮膚炎の場合効果が本格的に実感できるまで1ヵ月以上かかることがあります。

抗ヒスタミン薬(内服薬)

抗ヒスタミン薬はアトピー性皮膚炎のかゆみの原因であるヒスタミンという物質を抑制する働きがあるため、かゆみ止めとして処方されます。また、ヒスタミン自体はアレルゲンが体内に侵入するとくしゃみや鼻水を出す働きもあり、これが花粉症の原因にもなっています。なので、アトピー性皮膚炎だけでなく、花粉症にも処方される薬です。

また、抗ヒスタミン薬は脂肪に溶けやすい性質があるため、体脂肪が高い人ほど抗ヒスタミン薬が中枢神経に届きやすく副作用がひどくなります。
副作用としては眠気やめまい、嫌悪感などがあり、車などを運転する人は注意が必要です。

ただし、第二世代の抗ヒスタミン薬は、これらの副作用が出ないように改善されているので、医師と相談して第二世代の抗ヒスタミン薬を処方してもらうのがおすすめです。

薬を使わないだけが心にも体にも優しい治し方ではない

z4

強さの程度に関わらず、どの薬にも症状を抑えるというメリットと、副作用のリスクがあるというデメリットが存在します。これらの副作用のリスクを回避するためには、やはり薬を使用しないことが一番です。
副作用は体にとって良い影響とは言えませんし、薬を使わずに治すことが心にも体にも優しい治し方だと思います。

ただし、いきなり薬の使用を中止すると、かえって皮膚が危険な状態にさらされることになります。薬を使用しないことが一番ではありますが、大切なのはその薬の性質を理解し、上手く付き合っていくことです。
上手く付き合いながら、日々のアトピーケアをしていくことで、徐々に薬の量を減らしたり、強さを下げたりすることが可能になります。

今現在、薬を使用してアトピー性皮膚炎を治療している人は、とりあえず使用を続けてみてください。徐々に様子を見ながら使用頻度を下げていきましょう。
使用頻度を下げたり、効果の弱いものにランクを下げると、かゆみが増すことがあります。そのような場合は低刺激でアトピー性皮膚炎に効果的なかゆみ止めを使用してください。
かゆみ止めも薬であり刺激も多少はありますが、かきむしって悪化させてしまうよりも、かゆみを止めてかきむしらないようにした方がマシです。

かゆみ止めを上手に使い、薬と向き合いながら、徐々に脱ステロイドや脱薬を目指していきましょう。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です