アトピーの人におすすめの入浴法で脱ステロイドを目指そう

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

v1

心にも体にも優しくアトピー性皮膚炎を治したいなら、薬の力に頼らずに自然に近い形で治していくのが一番です。そのためには、まずは脱ステロイドを目指しましょう。
実は、入浴方法を工夫すると、脱ステロイドを目指すことができるって知っていましたか?脱ステロイドとお風呂ってあまり関係ないように思われがちですが、実はお風呂って脱ステロイドを目指す人、そしてアトピー性皮膚炎に悩んでいる人にとってはとても大切な部分です。

では、脱ステロイドを目指せるアトピー性皮膚炎の人におすすめの入浴法についてご紹介いたします。

お風呂の目的は体を清潔にすることです

お風呂に入る目的は人によって違いますよね。リラックスするためだったり、ダイエットするためだったり、血行を促進するためなど、さまざまな目的があると思いますが、本来は「体を洗うため」の機会です。
なので、お風呂に入る目的は「体を清潔にすること」ということです。

まず、お風呂に入れば石鹸の力で、アトピー性皮膚炎を発症させたり悪化させる原因の「黄色ブドウ球菌」を殺菌して減らすことができます。
さらに、余分な皮脂や古い角質など、皮膚に付着した汚れを落とし、皮膚を清潔にすることができます。清潔にすることは、アトピー性皮膚炎の治療においてもとても大切なことです。

では、この清潔にすることはなぜ、脱ステロイドに関係しているのでしょうか?

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸
おすすめアトピー石鹸

しっかり体を洗わないとステロイドの効果が薄くなる

v2

脱ステロイドをする際に、いきなりステロイドの使用を中止するのは絶対にNGです。症状が一気に悪くなり、皮膚が危険な状態になってしまいます。ステロイドをやめて症状が一気に悪化することを「好転反応」と言う人もいますが、それは大きな間違いです。悪化してしまい、合併症なども発症する可能性があるほど危険な状態になっており、決して良い方向に向かっているわけではありません。

では、脱ステロイドをするにはどうしたら良いのかというと、だんだんとステロイドのランクを下げていったり、使用回数を減らしていくことです。
徐々に弱く、徐々に減らしていくことで、最終的にステロイドを使わなくても良い状態にするというのが理想的な脱ステロイドの方法です。

徐々に弱くしていくということは、弱いステロイドでしっかり効果を発揮させなくてはならないということです。

しかし、ステロイドは前塗ったステロイド剤に含まれている油分が残っていたり、スキンケアで使用した化粧品の油分が皮膚に残ってしまっていると、ステロイド本来の効果が発揮できません。汚れのない皮膚にこそ効果が発揮されるということです。

しっかり体を洗わなければ、汚れは落とせず、ステロイドの効果が薄くなります。ステロイドの効果が薄くなると、塗っても塗っても症状が治まらず、さらに強いステロイドを使わなくてはならなくなってしまうという事態に陥る可能性があります。
これでは脱ステロイドどころか、徐々に弱いステロイドに移行するということもできません。

お風呂でしっかり体を洗って、皮膚を清潔にし、そしてステロイドの本来の効果をしっかり発揮させるということが、脱ステロイドに効果的ということです。逆にしっかり汚れが落とされていない皮膚は、ステロイドの効果が薄くなりどんどん強いステロイドを使わなくてはならなくなるかもしれないということになります。

ただし入浴方法に注意が必要

v3

ただし、アトピー性皮膚炎の人の皮膚はデリケートなので、肌が健康的な人以上に刺激に気をつけなければなりません。やはり、刺激もアトピー性皮膚炎にとって良くないものであることは確かなことです。なので、入浴する際には色々と注意しないといけないことがたくさんあります。

アトピー性皮膚炎の人におすすめの入浴法は、刺激をなるべく少なくした入浴法です。では、どのような入浴法が良いのかご紹介いたします。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸
おすすめアトピー石鹸

お湯の温度に注意する

シャワーでも湯船に浸かる場合でも、お湯の温度に気をつけてください。熱いお湯は肌への刺激になります。熱いお湯で刺激を受けると、患部がかゆくなってしまうこともあります。
なので、アトピー性皮膚炎の人は、肌が健康的な人以上にお湯の温度に注意しなくてはなりません。

だいたい38~40℃くらいが理想的です。42℃以上にすると刺激になってしまうので、あまり温度を上げ過ぎないようにしてください。特に湯船に浸かる場合は、最初は熱めのお湯を入れてもOKですが、水で熱くない程度に調節するようにしてください。

シャワーだけよりも湯船に浸かるのがおすすめ

シャワーでさっと済ませてしまう人も多いと思いますが、アトピー性皮膚炎の人こそ湯船に浸かるのがおすすめです。理由は、体を洗う前に入れば、肌が柔らかくなって汚れも浮いて落としやすくなるからです。
体を洗ったあとに入る場合は、落としきれなかった石鹸や汚れも湯船に浸かることで落ちるようになります。

余分にシャワーで刺激する必要もなくなりますし、余分に石鹸やシャンプーを使う必要もなくなります。余分な刺激がなくなるので、肌に優しい入浴ができるようになります。

また、塩素を抜いてみたり、アトピー性皮膚炎用の入浴剤を使用したりするのがおすすめです。

使用するシャンプーや石鹸は無添加のものを!

v5

また、使用するシャンプーや石鹸にも注意が必要です。無添加のものが基本です。石鹸は、固形石鹸なら無添加でも安価で手に入る商品がたくさんあります。高いものを買わなくていいので、敏感肌や赤ちゃんなどにも使えるような、肌にやさしい石鹸を選んでください。

シャンプーの場合は、値段がちょっと高くなってしまうと思いますが、高級アルコール系界面活性剤を使っていないシャンプーを選んでください。
高級アルコール系界面活性剤はラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムが代表的です。安価なシャンプーのほとんどにはこの高級アルコール系界面活性剤が使用されています。

名前に硫酸と入っているものは、刺激が強いので頭皮にダメージが与えられてしまいますし、シャンプーがつきやすいおでこや首などにもついてしまい、症状を悪化させてしまう可能性があるので注意してください。

また、無添加というのは香料や着色料はもちろん、なるべく防腐剤も入っていないものを使うようにしてください。

洗うときはよく泡立てて優しく洗いましょう

洗うときは、石鹸やシャンプーはまず最初によく泡立てておき、しっかり泡立ったら手で優しく洗うようにしてください。スポンジやタオルなどは使わず、手で優しく洗いましょう。
炎症が酷い部分は泡をそっとおいて、泡を転がすようにして洗ってください。

どの部分を洗うにしても、絶対にゴシゴシと強く洗わないでください。摩擦が刺激となってしまい、症状が悪化したり、色素沈着してしまう原因になってしまったりしますので、優しく洗うことを心がけてください。

清潔な皮膚にして脱ステロイドを目指しましょう

アトピー性皮膚炎にとって、皮膚を清潔にすることはとても大切です。

皮膚を清潔にするということは、脱ステロイドを目指すこともできるということです。ステロイドだけでなく、保湿ケアに使う化粧品や薬なども、皮膚が清潔な状態の方が効果が発揮されます。
汚れが残っていると、これらの効果が発揮できないだけでなく、症状を悪化させる原因にもなってしまいます。

お風呂ってあまりステロイドとは関係なさそうに見えますが、実はアトピー性皮膚炎を治していく上ではとても大切な部分です。自分がどんな入浴をしているのかをよく見直して、改善できる部分は改善していきましょう。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です