これで綺麗になれる!芸能人のアトピーを克服した方法まとめ

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

t1

芸能人はカメラの前に立つお仕事をしています。演者さんにしろ、モデルさんにしろ、芸人さんにしろ、カメラの前に立ったら全国民から注目を浴びせられるのはみんな同じです。
そんな芸能人も、お仕事を離れてしまえば1人の人間です。1人1人、それぞれの悩みがあります。その悩みの中には「アトピー性皮膚炎」が悩みという人もいます。

実は、今は肌が綺麗な女優さんでも、以前はアトピー性皮膚炎の症状に悩まされていたり、国民的アイドルとして一躍有名となった人が引退をしてしまった理由が、アトピー性皮膚炎かもしれないと言われていたり(アトピーを持っていることは公言されていたようです)、アトピー性皮膚炎と闘いながら芸能活動をしている人もいたり、芸能人だってアトピー性皮膚炎で悩んでいる人はたくさんいます。

そんなアトピー性皮膚炎の芸能人の中には、克服して症状を抑え、綺麗な肌をキープしている人もいます。今回は、アトピーを克服した芸能人が実際に行った、アトピーを克服した方法について触れていきます。
あなたのアトピー性皮膚炎を改善できるヒントが隠されているかもしれません。では、アトピー性皮膚炎を克服した芸能人が実際に行っていた方法をご紹介いたします。

おやつにドライフルーツを食べる

Dryfruits

まず、ドライフルーツの良いところは「皮ごとフルーツを食べられる」ところです。フルーツの栄養分って皮に一番多く含まれていたりしますよね。そんな栄養分たっぷりの皮ごと美味しく食べられるのがドライフルーツです。

生のフルーツは約80~90%ほどが水分なので、食べると一時的に体を冷やしてしまいますが、ドライフルーツは水分が抜け、フルーツの成分がぎゅっと凝縮されている状態なので、体内への吸収も良く、血行を促進して冷えの改善をすることができます。
血行が促進すると代謝もアップしますし、肌へ栄養が十分に行き渡るようになるので、美容効果も期待できます。

そして、不足しがちなミネラルも豊富で、さらに食物繊維をタップリ含まれています。食物繊維を摂取することで、お通じも良くなりますし、腸内環境も整うようになります。
アトピー性皮膚炎には食事療法が用いられることがありますが、それは、腸内環境を整えたり、体質を改善するのが目的です。ドライフルーツをおやつ代わりに食べることで、より効果的に体質改善をはかることができるようになります。

アトピー性皮膚炎の人は、アレルギーを持っている人が多いので、ドライフルーツを食べる際は、アレルギー反応が出るものがないかよく調べてから食べるようにしてくださいね。

炭酸風呂に入る

炭酸風呂というのは、浴槽のお湯に重曹を大さじ2杯、クエン酸を大さじ1杯入れたものです。予め材料を混ぜておき、浴槽に浸かる直前に材料を入れて混ぜます。しゅわしゅわと炭酸ガスが発生して、まるでソーダ水の中に入るような感じになります。上記の材料以外に、天然塩を大さじ2杯入れるとミネラルがプラスされるので、さらに美容効果が高まるそうです。ただし、アトピーの炎症が酷かったり、傷などがある場合はしみるので塩は入れないほうが良いです。

実は、炭酸風呂にすることで、皮膚に付着しているタンパク質を吸着し、古い角質が離れやすくなります。また、通常の湯に比べて、皮膚の毛細血管の血行が3~5倍ほど促進されるそうなので、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促す効果も期待できます。
肌のバリア機能が低下しているアトピー性皮膚炎の肌は、傷つきやすく、そして傷が治りにくくなっているので、肌の新陳代謝をアップさせることで、症状の改善を促すことができるようになります。

ただし、人によっては肌に合わないこともあるので、少しでもあわないと感じたら、炭酸風呂は中止しましょう。

髪型を工夫する

t3

髪が触れることで肌が刺激され、アトピー性皮膚炎の症状が悪化してしまうことがあります。また、髪の汚れが肌に付着することも肌への刺激になるので、なるべく髪は肌に触れないようにするのがおすすめです。

髪が長い人は結んで肌に触れないようにしたり、前髪はわけてしっかり固定したり、髪が短い人は肌に触れないように長さを調節したりしてみましょう。
意外と髪が触れることによるダメージは大きく、肌が健康的な人も髪が触れる部分は荒れているという人も多いです。もちろん、おしゃれで自分に合った髪型にしてOKです。ただし、肌への刺激を考慮した髪型にするようにしてみてください。

ビタミンCを積極的に摂取する

ビタミンCはコラーゲンの生成をサポートしたり、免疫力をアップさせるはたらきがあります。コラーゲンは、人間が元々持っている保湿成分なので、ビタミンCを摂取することで自力でコラーゲンを生成し、肌本来の潤いを取り戻すことができるようになります。
また、皮膚や体の免疫力がアップするので、アトピー性皮膚炎の症状の悪化を防ぐだけでなく、風邪などにも強くなるという健康的な体を手に入れることが可能になります。

食生活で摂取するのもいいですが、おすすめは皮膚科でビタミンCの薬をもらうことです。薬と言ってもビタミンCなので、ステロイド剤のように副作用があるわけではありません。サプリメントのようなものですが、市販のサプリメントで摂取するよりも、皮膚科で処方されたビタミンCを摂取したほうが効き目は高くなります。

きちんと皮膚科に通うこと

t4

皮膚科に行くと強制的にステロイド剤を処方されるのでは?と思われがちですが、そんなことはありません。中には、説明なしに問答無用でステロイドを処方する医師もいるようですが、カウンセリングをしっかり行ってくれる医師なら大丈夫です。

よく、芸能人がダイエットをする番組を見かけますが、あのような番組に出演して短期間でダイエットを成功させた芸能人が多いのは、きちんとしたプロに指導されているからです。
プロの指導がない視聴者が同じダイエットを行っても、同じようにスムーズに痩せることはできません。正しい知識を持ったプロに指導をしてもらうことで、指導されずにダイエットをしている人よりも何倍もの効率を生むことができるようになります。

アトピー性皮膚炎の改善も同じです。もちろん、皮膚科に通うことなく比較的短期間で克服できた人もいらっしゃるようですが、何をすればいいかわからなかったり、どんなことをしていいのかとかわからない人は、まずは皮膚科医の指導を受けることがおすすめです。
最初にきちんとした指導を受けることで、どんな生活を遅ればいいななどがわかるので、より効率的に改善することが可能になります。

しっかりとしたカウンセリングをしてもらい、ステロイドの力を借りずに自然に近い状態で治していきたいことをきちんと伝えてください。

また、皮膚科だけでなくアレルギー科でも、アトピー性皮膚炎の改善に関する指導は行ってもらえます。食事や生活環境における指導なら、アレルギー科の方が向いているかもしれません。

たくさん笑うこと

t5

芸能人はカメラの前に立つお仕事です。人目に触れる機会が一般的な人よりも多いです。
なので、歓声や励ましの声をもらう機会も多いですが、その分批判や差別的な声をきくことも多くなります。人以上に励まされているかもしれませんが、人以上にアトピー性皮膚炎に対する差別も受けているかもしれません。

そんな時でも、カメラに向かったらちゃんと笑わなければなりません。しかし、嫌でも笑うことで精神的にも気分がポジティブな方向に向かいますし、前向きにアトピー性皮膚炎と向き合っていくことが可能になります。

日常生活でも笑うことを意識して、さらに仕事では嫌でも笑わなければなりませんので、笑っている時間が自然と多くなっていきます。面白くなくても笑えば気分って意外と上がっていくものですし、笑いは健康にも良いということが医学的にも証明されています。さらに、表情筋が鍛えられますし、筋肉が動けば血行も良くなり、美容にも効果的です。

アトピー性皮膚炎の人はたくさん辛い思いをすると思いますが、それは芸能人だって同じです。しかし、だからこそ笑うことって大切だと思います。ストレスを抱えれば、その分体にもアトピーにも悪影響です。
人と喋るときは笑顔で、テレビを見るときは大げさに笑って、常に笑うことを意識して過ごしてみてください。

芸能人だからって特別なことはしていない

多くのアトピー性皮膚炎を克服した芸能人は、芸能人だからって特別なことをしているわけではありません。中には、手術で改善させた人もいるようですが、普段の生活から少しずつ変えていくこと、気を使っていくことは、芸能人だろうとなかろうと関係ありません。

しいて言えば、人前に立たなければならない分、アトピー性皮膚炎に対する意識は高く持っているくらいでしょうか。より綺麗になるために、アトピー性皮膚炎を再発させないためにと、普段から意識している人が多いので、克服できているのだと思います。

アトピー性皮膚炎で悩んでいるのはみんな同じです。ちょっとやそっとのことで劇的に改善することはありませんが、ちょっとのことを積み重ねることで、着実に改善への階段を登ることができるようになります。
アトピー性皮膚炎を克服した芸能人を1つの目標にし、アトピーと向き合っていくのも良いのではないでしょうか。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です