アトピー性皮膚炎は水の塩素除去をしたら治るって本当?

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

k1

プールの水が目に入ると目が赤く充血してしまうのは、プールの水に含まれている塩素による刺激が原因です。プールに入ると、肌が荒れやすくなったり、かゆくなったり、髪がパサパサになってしまうのは、塩素の刺激によるものです。

実は、私たちが普段使用している水道水には塩素が含まれており、塩素は体に良くないと、今では浄水器を水道の蛇口に付けたり、飲水はミネラルウォーターやウォーターサーバーの水を飲むようにしている家庭が増えています。

アトピー性皮膚炎の皮膚の状態はとてもデリケートです。あらゆる刺激に弱く、ちょっとした刺激でも症状を悪化させる原因になってしまいます。口コミなどで、塩素除去をしたら、アトピー性皮膚炎が治ったという投稿を時々目にすることがあります。

塩素は肌に刺激を与えるものであることは確かなのですが、塩素除去をすれば、本当にアトピー性皮膚炎は治るのでしょうか?

塩素には強力な殺菌作用がある

k2

水道水に塩素が含まれている理由は、水の安全基準を満たすためです。海外では水道水を料理に使ったり、そのまま飲むことができない国が多いです。その理由は安全基準が満たされておらず、雑菌などが水道水の中にたくさんいて、飲むと体調を崩してしまうからです。

しかし、日本の水は料理に使っても、そのまま飲んでも体調を崩してしまうことはありません。水道の設備がきちんとしているからという理由もありますが、塩素の高い殺菌作用によって、水の中にいる雑菌を殺しているから、日本の水道からは安全な水が出てくるのです。

水道水は飲んでも問題はないのですが、実は水道水の塩素濃度って意外と高くて、少なからず人体にも影響を与えるくらいの濃度はあるそうです。安全な水だから、飲んだところで体調が悪くなるということはありませんが、アトピー性皮膚炎の症状がなかなか良くならない理由は、もしかすると水道水に含まれている塩素が原因なのかもしれません。

水道水の塩素除去を徹底的に行うことで、刺激が少なくなるのは確か

蛇口に浄水器を付けて塩素除去を行ったり、シャワーヘッドは塩素除去のものを使ったり、湯船には塩素を除去できる薬を入れたり、水道水は飲まないようにするなど、水道水の塩素除去を徹底的に行うことで、肌への刺激が少なくなることは確かです。

徹底的に塩素除去を行うことでアトピー性皮膚炎が治ったケースもあります。なので、塩素除去を行えばアトピー性皮膚炎が治るというのは本当です。しかし、アトピー性皮膚炎の原因は人によって違いますし、なぜアトピー性皮膚炎が発症するのかという詳しい原因は未だに解明されていません。

医療技術が発展している現在でも未だに解明されていないのは、あまりにも発症させる原因になるであろう要因が多すぎるということや、人によって違う部分が多すぎるからだと思います。

要するに、塩素除去をしてアトピー性皮膚炎が改善するかどうかには個人差があるということです。塩素除去によりアトピー性皮膚炎を改善したケースの人は、アトピー性皮膚炎を発症させたり、症状を悪化させる大きな原因が塩素にあったからというだけです。

もちろん、塩素によって肌に刺激があることは確かなので、アトピー性皮膚炎の人は塩素除去をすることをおすすめします。しかし、必ずしも目に見えてわかるというわけではないということは理解してください。

刺激が少なくなる分、症状が悪化しにくくなる

k4

塩素除去をしたところで、全ての人が症状を改善するわけではありませんが、塩素除去は決して無駄な行為ではありません。

塩素除去を行えば、塩素による刺激がなくなるので、その分アトピー性皮膚炎の症状は悪化しにくくなります。口コミなどにも、「症状は改善されなかったけど、これ以上悪くなるということはなくなった」という意見を多く見かけます。

目に見えるような効果は実感できなくても、刺激を減らすということは決して無駄ではないということです。やはりアトピー性皮膚炎にとって刺激となるようなものは敵です。敵は少ないほうがいいに決まってますからね!

塩素除去で効果が感じられない場合はアレルギー科へ行きましょう

アトピー性皮膚炎の治療と言えば「皮膚科」に行く人が多いですが、皮膚科よりも「アレルギー科」へ行くことをおすすめします。

もちろん、皮膚科でもちゃんとアトピー性皮膚炎の原因となりえるものを調べてくれるのですが、より詳細に調べることができるのは、アレルギーを専門に扱っているアレルギー科です。きちんとアレルゲンを調べることってアトピー性皮膚炎には大切なことなのです。

もしも、塩素除去で効果が感じられなかったら、塩素以外のもので、アトピー性皮膚炎の原因と大きく関わっているアレルゲンがある可能性があります。

塩素除去で劇的に改善する人もいれば、症状の進行を食い止めるだけの人もいるのは当たり前のことです。きちんとアレルゲンを調べることは、アトピー性皮膚炎の治療でも大切なことなので、塩素除去で効果を感じられなかった人は、アレルギー科へ行ってみてください。

塩素除去だけでなくスキンケアも忘れずに!

k3

塩素除去をするだけでは治らないのは当たり前です。刺激が減っただけであり、傷を治すにはそれ相応のケアが必要です。なので、アトピー性皮膚炎の症状を改善したいなら、毎日ちゃんと保湿ケアを行ってください。

塩素除去をしただけで、スキンケアは何もしないというのは絶対にNGです。アトピー性皮膚炎の肌の状態は乾燥しやすく刺激に弱くなっているので、スキンケアを行わなければ症状が改善されるわけがありません。

お風呂から上がったら、入浴中に吸収した水分を逃さないように、素早く保湿ケアを行いましょう。塩素除去をした水なら、肌に吸収されても問題はありません。むしろ蒸発して乾燥してしまうほうが問題です。絶対に保湿ケアは怠らないようにしてくださいね。

生活習慣も見直しましょう

ストレスや睡眠不足など、自分の生活習慣によって、アトピー性皮膚炎が悪化しやすくなると実感している人はたくさんいます。塩素を除去して刺激を減らすことも良いことですが、それ以前に生活習慣により、多くの刺激を受けている人は、生活習慣の見直しが必要です。

特にストレスは皮膚だけでなく、体にも悪影響を及ぼします。仕事や人間関係などでストレスを感じていませんか?しっかり睡眠をとれていますか?適度な運動は心がけていますか?

ストレスをためこむと、アトピー性皮膚炎は確実に悪化すると言っても過言ではありません。強いストレスを抱えてしまうと、せっかくの塩素除去も無駄になりかねません。なかなか症状が改善されない人は、自分の生活習慣を見直してみることをおすすめします。

まとめ…塩素除去でアトピー性皮膚炎が治るは本当

塩素除去を行うことで、アトピー性皮膚炎が治るのは本当です。塩素がアトピー性皮膚炎の大きな原因のひとつであり、なおかつ正しく保湿ケアを行っている場合、劇的な改善が見られます。

しかし、人によってアトピー性皮膚炎の原因は違いますし、体質にもよりますので、塩素除去をしても症状の改善が見られない人もいます。でも、肌への刺激が減ることは確かなので、塩素除去は無駄な行為ではありません。

なかなか症状が改善されない人は、大きな原因となるアレルゲンがあるか、生活習慣によりさまざまなストレスを抱えている可能性もありますので、まずはアレルゲンを調べたり生活習慣を見なおしたりして原因をきちんと調べてみてください。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です