薬に頼らないアトピー自然治癒

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

h1

アトピー性皮膚炎は薬に頼ることなく自然治癒することも可能です。子供のうちは成長していくにつれて自然と治る子が多いのですが、成長期を過ぎた大人でも日常生活を送る上で、色々な部分を改善していけば自然治癒することは可能です。今回は、薬に頼らないアトピーの自然治癒についてまとめてみました。

薬に頼らないというのは自分の力で治していくということ

実はステロイドなどの薬は対処療法でしかないということを知っていますか?薬では症状を悪化(かゆみや炎症を激しく)させる根本的な部分を「抑える」ことはできます。しかし、症状を抑えているだけであり、アトピー性皮膚炎の根本そのものを薬の力で治すということはできないのです。

もちろん、薬を使っているうちにアトピー性皮膚炎が治っていく人もいます。しかし、薬を使うことでアトピーが治った人も、薬は症状を抑えるための手段だっただけであり、自分であらゆる努力をしたり、子供なら成長していくうちに体質が変わって症状がでなくなったなど、自分の自然治癒力や免疫力を高めた結果治った人が多いのです。

薬に全く頼らないとなると、症状を抑える手段としててでも薬は使いません。しかし、今まで薬を使ってきた人がいきなり薬の使用をやめるのは危険です。薬に頼らない自然治癒では、徐々に薬の量を減らしていき、最終的に自分の自然治癒力でアトピー性皮膚炎を治していくことを目指します。

では、アトピー性皮膚炎の自然治癒の方法をご紹介いたします。

薬は徐々に弱く少なく

h2

薬を使わずに自然治癒するには、やはり薬をやめるところから始めなければなりません。アトピー性皮膚炎で使用する薬と言えばステロイドですが、いきなりステロイドの使用を中断すると、かえって肌が危険な状態になってしまうのです。

薬は症状を抑えるためのものです。薬の使用をやめると、抑えているものがなくなるので、一気に症状が悪化してしまいます。この状態を好転反応と言う人もいるようですが、それは大きな間違いであり、極めて危険な状態なのです。

では、こうならないためにもどうしたら良いのかというと、薬の強さを徐々に弱くしていき、徐々に使用頻度や使用量を少なくしていけばいいのです。

ステロイドには薬によって5段階の強さがあります。強いものを使っている人は、徐々に弱いステロイドを使うようにしてみてください。いきなり何段階も弱くするのではなく、交互に1段階低いものと使うようにして、徐々に1段階ずつ低くしていきましょう。

強さの弱いステロイドを使えるようになったら、次は徐々に使用頻度を減らしていきましょう。

弱いものに変えたり、使用頻度を少なくすることで、多少かゆみが強くなったりすることもあると思いますが、そのときはかきむしってしまう前に、軽く軟膏でかゆみを抑えるようにしてください。いくら薬に頼らないからと言って、かきむしってしまっては意味がありません。軟膏も上手に使うようにしてください。

徐々に弱く少なくしていくことで、最終的に薬に頼らない生活を安全に目指すことができるようになります。

自然治癒には生活環境の改善は必要不可欠

自然治癒を目指す上で大切なことは生活環境を改善することです。これをしなければ自然治癒するのは難しいです。なぜ、生活環境の改善が必要なのかというと、生活環境の中にアトピー性皮膚炎を発症させる原因だったり、悪化させる原因が必ずどこかしらにあるからです。

アトピー性皮膚炎の原因は未だにはっきりしていませんし、全くの不明という人もいます。しかし、わからないからこそ、生活環境を改善するのも必要なのではないでしょうか。検査してもわからなかったけど、極身近な部分をちょっと変えただけで症状が落ち着いたという人もいるのですから。

生活環境の改善をする際は、まず自分の家の環境をよく見てください。しっかり片付けられている部屋でも実はハウスダストでいっぱいだったすることもあります。また、観葉植物や花などを置いているなら一度外に出してみたり、布団をあまり干さないなら、一度よく天日干ししてみるのも良いと思います。

他にも洗濯用洗剤を肌に優しい物に変えてみたり、ぬいぐるみなどを一度しまってみたり、水道水をミネラルウォーターに変えてみたり、気になった部分は少しずつ変えてみるのがおすすめです。

アトピー性皮膚炎を発症させたり悪化させる原因が見つからないような生活をしていても、よく見ると原因になりえるものが置いてあるということもあるのです。実際に、気管支喘息とアトピー性皮膚炎の原因がわからずに苦しんでいたお子さんいて、何をしてもなぜ症状が改善しないのかと疑問に思った医師が一度家庭訪問をしてみたところ、ぬいぐるみが部屋にたくさんおいてあったので処分してみるよう声をかけたそうです。すると、アトピー性皮膚炎の症状も、気管支喘息の症状も落ち着いたというケースがあります。

まずは、自分の暮らしている空間の環境を変えてみるところから始めてみてくださいね。

自然治癒には食生活の改善も必要!

h3

自然治癒を目指すなら、生活環境の改善だけでなく、食生活の改善も必要です。食事からアレルギー反応を起こしているかもしれないからという理由もありますが、偏った食生活はアトピー性皮膚炎を発症させたり悪化させる原因にもなりえるのです。

まず、普段自分が食べ過ぎているものを挙げてみましょう。炭水化物ばかりに偏りすぎていませんか?野菜は少なくはありませんか?ミネラルやビタミンが不足していたりはしませんか?

同じ食品を食べ続けていると、気付かないうちにその食品がアレルギーになってしまっていることもあります。まずは、偏った食生活を改善し、1日3食しっかりと栄養バランスの良い食事をとるようにしてください。

最初は難しいかもしれませんが、まずは朝ごはんをしっかり食べるところから始め、1日1食は必ずバランス良い食事を心がけるようにしてください。徐々に3食ともバランス良い食事へと切り替えていきましょう。

外食やコンビニやスーパーなどのお惣菜で済ますことが多くても大丈夫です。飲食店でも野菜をしっかり食べることができて、バランスの良い食事ができるところはたくさんあります。コンビニやスーパーにも、サラダやスープなどたくさん販売されています。自炊が難しくても、意識すればどんな食生活でもバランスの良い食生活へと切り替えることは可能です。

食生活を改善することで、腸内環境が改善され、健康的な体になります。健康的な体は健康的な皮膚を作れるようになります。なぜなら、健康的な体は血流が良いからです。血流の悪い体は不健康な体です。

血流が良いと、肌にしっかり栄養を与えることができます。肌のバリア機能も向上しますし、体の自然治癒力もアップさせることができるのです。

食生活の改善がアトピー性皮膚炎に関与するのかというのは賛否両論あるようですが、決して無意味ではありません。むしろ、体を健康にしていくことで、美容に良いというのは常識です。本気で薬に頼らずにアトピー性皮膚炎を自然治癒したいのならば、食生活の改善は必要不可欠です。

ストレスをためない生活を心がける

h4

自然治癒をするなら、ストレスをためない生活も大切です。ストレスを溜め込みやすい人は早死しやすいと医師が言っています。一方、よく笑う人は病気の回復が早かったり、長生きできるとも言っています。笑いは最良の薬であると言っている医師も大勢いるのです。

最近では、笑いがどれだけ体に良い影響を及ぼすのかという研究も進んでいます。その一方で、ストレスがどれだけ体に悪い影響を及ぼすのかというのも明らかになってきているのです。

ストレスをためないというのは難しいことかもしれませんが、まず、不規則な生活をしているのならそこから改善していきましょう。もちろん、夜勤があって不規則な生活をせざるを得ない人もいると思います。大切なのは上質な睡眠をとることです。例え生活が不規則であっても上質な睡眠をとることで、ストレスは軽減されるそうです。寝不足はストレスの原因にもなりえますので、まずは、しっかり睡眠をとるようにしてください。

また、大きな悩みを持っている人などは、やはり人に話すべきだと思います。「どうせ人に話したところで解決できるわけない!」と思う人もいるかもしれませんが、解決できなくても、悩みを吐き出すだけで、人と共有するだけでもストレスは軽減されますよ。

家族や友人、恋人に話すのも良いし、カウンセラーに相談するのも良いと思います。誰にも打ち明けることができないのならば、SNSを使うのも良い方法だと思います。SNSならあなたが特定されることはありません。匿名で自分の思いを精一杯つぶやくことができます。誰も見ないかもしれませんが、文字にして吐き出すことでスッキリするのは間違いありません。

また、時にはストレスを発散させるための日を作るのも良いでしょう。この日だけは自分の好き勝手過ごすと決めて、行きたいところに行って、やりたいことやって・・・と好き勝手に過ごせる日を作りましょう。

ストレスと上手に向き合っていくのも、アトピー性皮膚炎を自然治癒する上では必要なことなのです。

おわりに

薬に頼らずにアトピー性皮膚炎を自然治癒するのは、人によっては遠い道のりになるかもしれません。しかし、薬に頼らずにアトピー性皮膚炎と向き合っていくことで、心にも体にも優しいアトピー性皮膚炎の治療が実現できると思います。

少しずつ自分ができるところだけでもいいので、自然治癒を目指して頑張ってみてはいかがでしょうか?

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です