アトピーと食事の関係

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

f1

アトピー性皮膚炎と食事って、あまり関連性がなさそうな感じがしますよね。しかし、実はアトピー性皮膚炎と食事には深い関係があるようです。では、アトピー性皮膚炎と食事の関係について見てみましょう。

アトピーの原因について

まずアトピー性皮膚炎と食事の関係を説明する前に、アトピー性皮膚炎の原因について触れてみます。

まず、アトピー性皮膚炎の原因は大きくわけて2つあり、1つめが「体質に関する原因」、そして2つめが「環境に関する原因」です。

「体質に関する原因」としては、アトピー要因(アレルギーなど)を持っているかどうかと、肌のバリア機能の低下(肌の免疫の低下)などがあります。そして、「環境に関する原因」は、アレルギー症状を発症させる原因となっているアレルゲンからの刺激、汗や摩擦、化学物質などによるアレルゲン以外からの刺激、過労による疲れや寝不足、ストレスなどが挙げられます。

この中で食事に関係しているのは「アレルゲン」と「肌のバリア機能の低下」だとお思います。ストレスや疲れなども食事に関係することもあるのですが、体質とアレルゲンに関しては食事が大きく関係しているのではないかと思うのです。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸
おすすめアトピー石鹸

アレルゲンと食事

f2

アレルゲンとはアレルギー症状を発症させる原因物質のことです。アレルゲンには、ダニやホコリなどのハウスダストや、花粉、動物の毛などがあります。そして、食べ物にもアレルゲンとなるものがたくさんあるのです。

人によってアレルギーが違うので、アレルゲンとなる物質も違います。また、アレルギーだと自覚ができない隠れアレルギーなどもあるそうです。

そのため、アトピー性皮膚炎の場合、食事制限が必要不可欠となります。

特に子供の場合、消化管が未熟であるため、食事でアトピー性皮膚炎の発症を予防したり改善したりする食事療法が効果的だそうです。

アトピー性皮膚炎に食事療法は有効なのか

アトピー性皮膚炎が発症する原因は体質的なものと自分を取り巻く環境などが複雑に絡むことだと言われています。複雑に絡むという表現をしているのは、未だ解明されていない不明な点が多いからです。

アトピー性皮膚炎と食事の関係もいろいろな説があり、食事療法は有力であると言われている一方、アトピー性皮膚炎に食事療法は意味がないのではないかと言われていたり、賛否両論あるそうです。

しかし、人によってアトピー性皮膚炎を発症させる原因が違うため、食事療法をしても効果のない人もいますし、実際に改善された人もいるのです。そのため、食事療法は意味がないと言い切ることはできませんし、絶対に有効と言い切ることもできません。

しかし、食事療法を行うことで、体の中から健康的になれることは確かであり、体の健康は肌に良いことも確かなのです。

だから、食事療法は全く効果が無いというわけではないと思います。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸
おすすめアトピー石鹸

アトピー性皮膚炎の食事療法について

f3

では、アトピー性皮膚炎の食事療法について触れてみましょう。

アレルゲンがはっきりしている場合、その食べ物を避けるという食事制限はもちろんですが、アレルゲンがはっきりしておらず、特定の食べ物がアトピー性皮膚炎に影響しているわけではない人もいます。

アトピー性皮膚炎にはわからないことがまだまだたくさんあるのですが、多くの食品がアトピー性皮膚炎の原因に関与しているのではないかという説が有力だと思います。

アトピー性皮膚炎に悪い食べ物、アトピー性皮膚炎に良い食べ物というのをハッキリ区別することはできませんが、普段の食事を振り返ってみると、ちょっと偏ってしまっている部分はないでしょうか?

よくあるパターンが、動物性の食品に偏ってしまっているパターンです。特に乳製品や肉類などを食べ過ぎてしまっている人が多いです。もちろん、乳製品や肉類は体に良いものなので、食べてはいけないというわけではありません。あくまでも、偏ってしまっている食生活がいけないのです。

また、動物性の食品に関わらず、特定の食品を食べ続けるのも体にはあまり良い影響はありません。

アレルゲンではなくても、同じ食べ物ばかりをずっと食べ続けることは、体にとっては不自然なことであり、バランスが偏る原因でもあるのです。また、あまりにも同じものばかりを食べ続けていると、その食品のアレルギーになってしまうこともあるのです。

アトピー性皮膚炎にかぎらず、偏った食事は体に良い影響を与えないということになります。

アトピー性皮膚炎の食事療法では、栄養バランスの良い食事をとります。特に和食が多いようです。和食は、野菜メインのメニューも多く、自然と野菜を多く食べれるようになるということと、油をあまり使わないので、余計な皮脂が出るのを抑えることも可能なのです。

バランスの良い食事は腸内環境を良くする

最近の研究でアトピー性皮膚炎についてわかったことがあるそうです。それは、アトピー性皮膚炎の患者さんは腸内にいる「善玉菌が少なく、悪玉菌が多い」ということだそうです。

悪玉菌が多いのは問題ですが、逆に善玉菌が増えすぎるのも良くないのです。というのも、腸内には善玉菌と悪玉菌だけでなく、どちらでもない中間の細菌がいて、この中間菌が一番多くの割合を占めているのです。

しかし、厄介なことにこの中間菌、善玉菌が多くなると善玉菌になり、悪玉菌が多くなると悪玉菌になるというタイプの菌なのです。だから、悪玉菌が増えると、中間菌も悪玉菌になってどんどん数が増えていってしまうのです。

逆にヨーグルトなどの乳酸菌の多い食品を食べ、それに加えて乳酸菌の薬などを飲んでしまうと善玉菌が増えすぎてしまうということもあります。大切なのはバランスを良くするということです。

バランスの良い食事で腸内環境を整えると、悪玉菌と善玉菌とバランスも良くなります。

また、悪玉菌と善玉菌のバランスが良くなると、腸のはたらきが活性化します。腸は脂質代謝、消化吸収、免疫機能、薬物の代謝、ホルモンやビタミンの分泌、有害物質の分解などの役割があります。バランスの良い食生活をすることで、腸本来のはたらきを活性化させ健康的な体になるのです。

健康的な体は肌も健康的になる

f4

では、バランスの良い食生活を送ることで健康的な体を手に入れることって、アトピー性皮膚炎にどんな影響があるのかというと、肌のバリア機能が向上に、外的刺激に強くなり、アトピー性皮膚炎に負けない肌をつくることが可能です。

健康的な体は、まず代謝機能がきちんとしています。代謝は脂肪の代謝だけでなく、肌の代謝(ターンオーバー)もきちんとされるということです。ターンオーバーの周期が長くなると、その分古い角質がたまってしまったり、肌にできた傷がなかなか治らなかったりするのです。

また、ターンオーバーがきちんとした周期で行われている肌は、皮膚の毛細血管の血流が良いです。毛細血管の血流がいいと、肌にきちんと栄養が行き届きます。きちんと栄養が行き届いている肌は、血色も良く、ふっくらと水々しくなるのです。

要するに、体を健康的にすれば、アトピー性皮膚炎の改善につながったり、アトピー性皮膚炎に負けない肌づくりへとつなぐことが可能ということです。

アトピー性皮膚炎と食事は決して無関係ではないということ

劇的な変化はないかもしれませんが、食事療法などで健康的な食生活を送るということは、アトピー性皮膚炎に対して決して無関係ではないということです。

食事内容によって何かしらの形で肌に影響があると思って良いと思います。

食事を変えただけでたいして影響はないと思っている人も多いかもしれませんが、私たちの体は食べたものでできています。決して影響がないということはないのです。

それくらい、アトピー性皮膚炎と食事には深い関係があるのだと思います。

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です