アトピー肌で重要な冬のスキンケア方法。乾燥する冬は丁寧に!

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

nnn1

冬は空気が最も乾燥する季節です。この季節は肌も乾燥しやすくなります。アトピー性皮膚炎の人の肌は乾燥している傾向にあるため、冬になるとより一層乾燥が増してきます。
肌が乾燥すると、バリア機能が低下したりターンオーバーの周期が乱れたりし、いつも以上にアトピー性皮膚炎が悪化しやすい肌の状態になります。

アトピー性皮膚炎を悪化させたくないのならば、季節に合わせたアトピーケアも大切です。今回は、乾燥する冬に備えて、アトピー性皮膚炎の冬のスキンケアの方法についてご紹介いたします。

冬はアトピー性皮膚炎が悪化しやすい季節です

大人はもちろん、子どもも冬は肌が乾燥します。そして、冬は最もアトピー性皮膚炎が悪化しやすい季節であり、実際にとられたアンケートでが乾燥が深刻になる冬や汗をかきやすい夏に悪化すると答えた人が多くを占めていました。
中には秋や春など、暑さと寒さが入り交じる季節に悪化するという人もおり、個人差があるものの、やはり冬は悪化はしなくても乾燥してしまうという人が多いです。

では、アトピー性皮膚炎が悪化しやすい冬にはどのようなスキンケアを行うべきでしょうか?

保湿成分を補う基本的なケアは大切です

nnn2

どの季節でも保湿ケアは大切ですが、特に冬はより一層大切になります。
まずは、肌に水分を与えるための保水ケアを行います。洗顔したり、入浴をしたりすると皮膚が水分を吸収して潤います。しかし、その水分は純粋な水であり、さらに皮膚に付着した汚れとともに保湿成分なども流れてしまうため、洗顔後や入浴後は一気に水分が蒸発して乾燥しやすくなります。
空気が乾燥している冬は、乾燥するスピードもより一層はやくなります。なので、洗顔後や入浴後はすぐに保水ケアを行います。

保水ケアで使用するのは化粧水です。化粧水は肌に水分を与えられるだけでなく、肌に水分が馴染みやすくなるように美容成分や乳化剤が使用されています。
因みに乳化剤は、界面活性剤のことですが、全ての界面活性剤が肌に悪影響を及ぼすわけではなく、天然の肌に優しい界面活性剤もたくさんあります。界面活性剤が配合されることで、水分が肌に馴染みやすくなり、蒸発しにくくなります。

保水ケアと同時に保湿ケアができる化粧水を使えば、さらに効率よくスキンケアすることができます。特に保湿ケアでおすすめの成分はセラミドと天然保湿因子の入った化粧水です。
天然保湿因子とは、肌が元々もっている保湿成分のことであり、元々持っている成分だからアトピー性皮膚炎でも安心できる成分です。また、1つの成分を指す言葉ではなくいくつもの因子の総称であり、アミノ酸が40%、ピロリドンカルボン酸ナトリウム(空気中の水分を吸収して肌に潤いを与える成分)が12%、乳酸塩が12%、尿素が7%、ヒアルロン酸が0.5~1%となっています。

因みに、保湿成分として有名なコラーゲンはタンパク質の一種です。そしてタンパク質の原料となるのがアミノ酸であり、天然保湿因子とコラーゲンは深い関係にあります。

もちろん、他の成分が入っている化粧水でもOKですが、人によって相性の悪い成分もあるので、少しでも不快感を感じたらすぐに使用をやめるようにしてください。

保水ケアを行いつつ保湿成分を補うことで、肌を潤わせることができます。冬はより乾燥しやすい時期なので、いつもよりも多めに化粧水を使ったり、入浴後すぐにスキンケアを行うようにして下さい。
おすすめは、パックすることです。普段使っている化粧水でもいいので、コットンやティッシュ、フェイスシートなどに染み込ませてパックすると、より肌に浸透してしっとりとした潤い肌を目指すことが可能です。

水分を逃さないためにフタをする

nnn4

水分を与えたり保湿成分を与えたりしても、水分はどんどん蒸発してしまいます。普段はこれだけのケアでも大丈夫かもしれませんが、冬はそうはいきません。
そこで重要になるのが、水分を逃さないためにフタをすることです。

通常、皮脂が水分を逃さないためのフタの役割をしますが、アトピー性皮膚炎の人は皮脂の量が少ない上に、入浴後などは皮脂が通常よりも少なくなっているため化粧品などを使って補わなければなりません。
因みに皮脂は、水分を蒸発させないためのフタとしてだけでなく、肌のバリア機能を高める役割もあります。

バリア機能を内側から補うのには時間がかかりますが、外側から補うのは油分を塗ればいいので簡単です。油分はクリーム状の基礎化粧品や乳液などに含まれています。
また、ホホバオイルやローズヒップオイルなどの美容成分が豊富なエッセンシャルオイルを直接塗ったり、ニベアクリームやワセリンのように肌に優しい鉱物油系のスキンケア用品を使うのがおすすめです。

肌がひび割れて化粧水などが染みてしまう場合のスキンケア

基本的なスキンケアは化粧水などで保水&保湿ケアをした後に、油分などでフタをするという流れですが、冬になると乾燥しすぎて肌がひび割れてしまうことがあります。
アトピー性皮膚炎の人はひどい乾燥肌の人もいるようですので、冬になると化粧水などが染みこんで痛みを感じる人も少なくありません。

そんな人におすすめなのは、染みて痛みを感じる部分に予め少量のオイルなどを塗っておくことです。要するに、オイル系で薄くフタをしてから化粧水などで保湿ケアを行い、さらにフタをするという流れになります。
この一手間で、染みて痛いくなるのを防ぐことができます。

蒸しタオルをするのもおすすめです!

nnn3

スキンケアの一環として蒸しタオルを取り入れるのもおすすめです。蒸しタオルをすることで肌が柔らかくなり化粧水の成分が浸透しやすくなります。しっかり浸透するようになるので、保湿効果がアップします。
さらに、血行が良くなるので肌のターンオーバーを促進したり、肌に与えられた成分をスムーズに全体的に運ぶこともできます。

蒸しタオルの方法は、とても簡単です。タオルを水で濡らして、垂れてこないようにしっかりと絞ります。この時に、好きなエッセンスオイルを加えると、香りでリラックスできるようになったり、エッセンシャルオイルの美容成分を肌に与えることができるようになります。そして、そのまま電子レンジで温めます。だいたい500~600wで1分くらいで大丈夫です。熱すぎると思ったらもう少し短くするか、広げて少し冷ましてもOKです。

保湿を目的にする場合は、蒸しタオルは洗顔後にスキンケアを行ってから使用します。蒸しタオルをするときのスキンケアは、クリームや乳液などはいつもよりも少し多めにつけてください。
そして、両手の平に蒸しタオルを広げてそのまま顔に3分間乗せます。3分経過後、蒸しタオルを外したら、馴染まずに残っているクリームや乳液を優しくのばして肌に馴染ませて下さい。最後に、カーゼやタオルに氷水を染み込ませ、軽く肌に当てて毛穴を引き締めておわりです。

注意点としては、加熱し過ぎないことと清潔なタオルで塩素を抜いた水(軟水のミネラルウォーターや精製水などがおすすめ)などを使用することです。また、蒸しタオルは毎日行うのではなく週に2回程度に留めてください。
蒸しタオルは患部に当てることで改善したという人もいるので、保湿ケア以外にも活用できます。

乾燥する季節に備えてスキンケアの準備をしましょう

スキンケアは、季節によって変わる気温や湿度に合わせて変えていかなければなりません。特に乾燥する冬は、いつも以上に丁寧なスキンケアが求められます。
いきなりいつものスキンケアを変えるのは、なかなか習慣づけられなかったりして難しいと思いますので、本格的に空気が乾燥してくる前に、スキンケアを変える準備をしていきましょう。

蒸しタオルを始めてみたり、いつもは使わないオイルをスキンケアに加えたりなど、毎日でなくても少しずつ加えていってみてください。
スキンケアが面倒だとストレスになることもあるので、まずは少しずつ面倒にならない程度に変えていきましょう。



»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

関連記事


»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。