アトピー性皮膚炎克服に理想的な環境と暮らし方まとめ

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

ccc1

アトピー性皮膚炎には理想的な暮らしや環境があります。それは健康的な暮らしをすることです。もちろん、アトピー性皮膚炎の患者さんの全員が全員、同じ生活をすることはできません。
理想は理想であり、実現しなくてはならないというわけではないので、自分ができるところだけ改善していくことをおすすめします。

あくまでも自分なりに過ごすこと、改善すべき点はどこか、自分にできるのことはなにかを改めて確認していただければと思います。

理想的な生活環境とは

では、まずアトピー性皮膚炎の克服に理想的な生活環境についてご紹介いたします。アトピー性皮膚炎が悪化してしまう原因の1つとしてハウスダストがあります。
ハウスダストはダニやほこり、花粉などです。アトピー性皮膚炎でなくても、ハウスダストが原因で肌が痒くなってしまうという人もいますし、やはり、ハウスダストをためないような環境を作っていきましょう。

そのためにはきちんと掃除をすることです。できれば、掃除機は排気の綺麗な掃除機を選ぶこと、掃除が負担ならば最近はやりのロボット掃除機を使用するのもおすすめです。家事の負担を減らすこともアトピー性皮膚炎の改善には効果的です。
また、空気清浄機もあるのが理想的です。最新である必要はありませんが、ハウスダストをきちんと除去できる空気清浄機がおすすめです。

理想的な食生活とは

ccc2

理想的な食生活は、バランスの良い健康的な食生活です。アトピー性皮膚炎の場合、アレルギーを併発していることも多いので、食べられるものが限られてしまいますが、食べられるものの中から上手に栄養バランスの良い食事をすることがおすすめです。
医療機関ではアトピー性皮膚炎の食事療法を指導してくれるところもあります。自分では何を食べて良いのかわからない人も多いと思いますので、まずは指導してもらい、指導メニューを参考にアレンジを加えていくのがおすすめです。

また、糖質と脂質は摂り過ぎないようにしてください。特に糖質は副腎疲労の原因になります。副腎が疲れてしまうと、アトピー性皮膚炎を発症しやすくなったり、悪化しやすくなったりする原因になります。
糖質は1日の摂取目安量260gを上回らないように気をつけながら摂るようにしてください。

朝はきちんと起きてしっかり朝食を食べる

理想的な生活習慣は規則正しい健康的な生活習慣です。アトピー性皮膚炎の人は副腎が疲れてしまっている人が多く、朝起きるのが辛いと思います。中には複数の目覚まし時計をセットして大音量で鳴っても全て無視して寝続けてしまうという人もいます。
副腎が疲れているとそのようなことが起きてしまうので、早起きをすることは難しいと思いますが、規則正しい生活習慣は体に良い影響をあたえるので、夜勤があるなど仕事などの都合でできない人以外は、ぜひ毎朝きちんと起きることをおすすめします。

すっきりとした目覚めを実現するなら、朝起きたら日光を2~3分で良いので浴びると、体が覚醒してすっきりとした目覚めを実現することができます。
さらに、余裕があるのならばラジオ体操をするのもおすすめです。ラジオ体操は体のあらゆる筋肉を全体的に刺激をするので、眠ったままの部分も起こすことができます。

また、朝食もとても大切です。1日の食事のうち最も大切な食事だと言っても過言ではありません。脳を目覚めさせるためにも必要ですし、仕事や学校などにも影響を与える食事です。
しっかり朝ごはんを食べるためにも、ギリギリに起きるのではなく、毎日規則正しく起きることが大切です。朝は食欲が出ないという人は、まずはヨーグルトやバナナなど軽い食事から始めるのがおすすめです。段々としっかりした朝食をとれるようになりましょう!

間食は控えめに!

ccc3

間食をすると太ると言われているのは、カロリーオーバーしてしまうこと、そして糖質オーバーをしてしまうからです。
しかし、間食をしないと夜までもたない人やイライラしてしまう人も多いと思います。なるべく間食は控えるべきですが、どうしても食べないといられないという人は、果物を食べるのがおすすめです。

果物にはビタミンやミネラルなど体に必要な栄養素が豊富に含まれていますし、自然由来の優しい甘さが美味しく間食にぴったりです。もちろん、果物にも糖質は含まれていますので、食べ過ぎないように注意してください。
コンビニやスーパーにカットフルーツが売っていますし、会社でも学校でもいつでも生の果物は食べることができますが、ドライフルーツもおすすめです。もちろん、砂糖不使用で添加物も不使用のオーガニックドライフルーツであることが前提です。

ドライフルーツは一番栄養素のあると言われている皮ごと美味しく食べることができますし、携帯にも便利ですので、間食にぴったりだと思います。間食タイムもアトピーと美容を考えて過ごすと、より一層アトピー性皮膚炎が改善されると思います。

適度な運動を心がけてください

16時から18時くらいまでが一番運動効率の良い時間です。なぜならこの時間に自律神経のバランスが、交感神経が優位な状態から副交感神経が優位な状態に変わる時だからです。
その時に運動をすることでより運動効果を高めることができるそうです。適度な運動はストレスの解消にも繋がりますし、健康的な生活習慣を心がけるには大切な要素です。

特に、食事前のこの時間は有酸素運動が効果的です。因みに、無酸素運動をするなら食後が効果的ですが、食後すぐに運動をすると消化不良の原因になってしまうので、無酸素運動をするなら食後1~2時間あけてからがおすすめです。

有酸素運動は自分にできることをまずは5分から始めてみてください。ラジオ体操(特に第3が効果的)でもダンスでも、ウォーキングでもランニングでもなんでもOKです。まずは5分を1週間続け、段々と時間を増やすのがおすすめです。
それでも難しい人は、普段バスを使うところを歩いて帰るとか、帰りにウィンドウショッピングで寄り道をしながら帰るなど、歩く時間を増やすのもおすすめです。

きちんとした入浴とスキンケアをしましょう

ccc5

入浴はとても大切な過程です。なぜなら、アトピー性皮膚炎の原因菌である黄色ブドウ球菌を減らすチャンスがあるからです。きちんと石鹸やボディーソープを使って洗って下さい。
石鹸を使わない、もしくは石鹸以外のものを使う洗い方もありますが、それでは黄色ブドウ球菌はもちろん、そのほかの雑菌を減らすことはできません。

皮膚を清潔にするのももちろん大切ですが、雑菌を減らすということもとても大切です。なので、きちんと体を洗うために開発されたものを使って洗って下さい。
もちろん、洗うときは頭の天辺からつま先までゴシゴシ洗いではなく、優しく洗うことです。余分な刺激を与えないように優しく洗うことも、アトピー性皮膚炎の入浴では大切なことです。

また、入浴後はすぐにスキンケアを行いましょう。できるだけお風呂を出てから3分以内にスキンケアをするのが理想的です。お風呂あがりは一番乾燥しやすい時であり、乾燥は肌のバリア機能を衰えさせる原因でもあるため、アトピー性皮膚炎の人こそ早めにスキンケアが大切です。
スキンケアに使用するものは自分の肌にあったもの、そしてしっかり保湿ができるものです。ワセリンは保湿することはできますが、保湿成分を補うことができないので、使うなら保湿剤などを塗ってから使って下さい。

寝るときは体温が上がり過ぎないように環境を整える

体温が上がるとかゆみが出てきます。なので、冷房嫌いの人でも寝るときくらいは冷房などを使って、部屋の温度を調節し、体温が上がってしまわないようにしてください。
かゆみは睡眠の妨げになりますし、上質な睡眠を実現するためには、リラックスしてぐっすり眠れる環境づくりも大切です。

しっかり眠ることができれば、睡眠不足によるストレスも軽減しますし、翌朝すっきりした目覚めを実現することもできます。壊れた筋肉や皮膚の組織を回復するのも寝ている間ですので、夜更かしするのは控えましょう。
お肌のゴールデンタイムと呼ばれている22時から2時の間しっかり眠ることが理想的ですが、10時に寝るのは現代社会ではなかなか難しいことです。なので、できるだけ早めに、0時には布団の中に入れるような生活を心がけましょう。

毎日思い切り笑う

笑うことはストレスの解消にも繋がります。アトピー性皮膚炎だからこそ思い切り笑うことも大切です。
人は歳をとると笑顔の回数が減っていきます。とある化粧品メーカーの調査によると、就学前の子供は1日に400回くらい笑うのに対して、20代以降は13回と、大幅に回数が減っています。

子供のアトピー性皮膚炎は、体が成熟していくことで自然と治っていくことが多いですが、大人ともなると、成長したあとのアトピー性皮膚炎ですからそうはいきません。
大人のアトピー性皮膚炎の治療は大変だからこそ、笑って気楽に毎日を過ごすことが、体にはとても大切なのです。

ほんの少しずつでもいいので、毎日笑顔になることを心がけてください。

自分にできるところだけ真似すればいい

アトピー性皮膚炎の克服に適した生活環境や、適した生活習慣はあります。しかし、それを全て実現する必要はありません。アトピー性皮膚炎を完治した人の生活習慣など知りたいと思っても、知ったところで全てコピーするのは無理ですよね。
それと同じで理想的な生活を全て実現することは無理があります。実現できても、自分の生活スタイルと違いすぎていて、ギャップに耐えられなくなってしまい、逆にストレスがたまってしまう可能性があります。

なので、自分にできるところだけ少しずつ、理想的な生活や完治した人の生活を真似するのがおすすめです。
体に優しくても心に優しくなったら意味がありません。アトピー性皮膚炎の治療は、気楽に考えるのが一番です。

できるところから頑張ろう。それくらいの気持ちが大切です。



»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

関連記事


»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。