アトピーはチョコレートで悪化するって本当?嘘?

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

qq1

カカオの独特の香りと独特の甘さ、そしてとろけるくちどけのチョコレート。チョコレートが好きな人ってたくさんいますよね。しかし、実はチョコレートってあまりアトピーには良くない食べ物のようです。

実は、巷ではチョコレートがアトピーを悪化させるという噂があるのです。そこで、今回は本当にチョコレートでアトピー性皮膚炎が悪化するのか調べてみました。

チョコレートの原料について

チョコレートの原料と言えばカカオ豆からとれるカカオマスとカカオバター、そして砂糖となっており、加工の段階でその他にも色々な成分などを混ぜて口溶けと香りの良いチョコレートが作られています。
このチョコレートの原料であるカカオ豆には色々な健康効果があり、薬として使用されていたという歴史があります。

砂糖や脂肪分をたっぷり含んでいるミルクチョコレートの健康効果はあまり期待できませんが、カカオの成分を70%以上含んでいるダークチョコレートは健康効果が期待できるとして、医師からも「毎日ダークチョコレートを食べて!」と進められるほどです。
それほど、チョコレートには健康にも、そして美容にも良い効果があり、食べないのはもったいないくらい間食におすすめの食品です。

ダークチョコレートにも砂糖は使われているけど太らないの?

qq3

チョコレートには少なからず砂糖が使われています。苦味の強いダークチョコレートでも、苦味の奥に甘みがあるのは砂糖を使っているからです。そして、ここで気になるのが糖質です。
糖質は肥満の原因になるとして、ここ数年の間糖質制限ダイエットなどが流行しています。

ダークチョコレートにも糖質は含まれており、板チョコ2枚で白米だとお茶碗1杯分くらいの糖質になるそうです。しかし、血糖値が白米に比べてチョコレートは上がりにくい食品です。
血糖値の上がりやすさを示したGI値というものがあるのですが、GIは最高で110くらいまでの数字で示されており、白米はGI値80とかなり高い数字となっています。そしてダークチョコレートのGI値はなんと22です。葉物野菜やプレーンヨーグルトなどと同じくらいの数字になります。

糖質制限がダイエットに効果的なのは、血糖値の上昇を緩やかにするからです。血糖値とは血液中のブドウ糖の濃度を表す数字です。血糖値が高くなると血糖値を下げるために大量のインスリンが分泌されます。そしてインスリンはこのブドウ糖を中性脂肪に変えてしまい、脂肪を蓄え、さらに脂肪の代謝を妨害してしまうのです。

しかし、ダークチョコレートは葉物野菜並みに血糖値の上昇が緩やかな食品です。糖質制限の目的は血糖値を上げ過ぎないように抑えることなので、糖質は含まれていてもダークチョコレートなら安心して食べることができるということになります。
要するに、食べ過ぎなければ太らないということです!

チョコレートの健康&美容効果

では、そんなチョコレートは健康と美容にどのような効果が期待できるのかご紹介いたします。

まずはチョコレートの脂肪分である「カカオバター」の主成分はオレイン酸で、その量はなんと95%を占めています。因みに健康に良いと言われているオリーブオイルはオレイン酸70%なので、カカオバターはオリーブオイルよりも健康効果が期待できるということになります。

そして、このオレイン酸は腸運動を促進し腸内環境を整えたり、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やして、血液循環を促進する効果などがあります。特に血液循環を促進することは、脳卒中や動脈硬化のリスクを下げることに繋がるので、コレステロール値や血圧が高い人におすすめです。
さらに、私たちの肌の水分をキープしている皮脂にもオレイン酸が含まれています。オレイン酸は肌の乾燥を防ぎ、肌トラブルの改善と予防にも効果的です。

また、カカオにはポリフェノールが豊富に含まれています。ポリフェノールと言えば赤ワインが代表的だと思いますが、実はチョコレートの方がポリフェノールの量は多いそうです。
ポリフェノールにもオレイン酸同様にコレステロール値を下げる効果があるのですが、ストレスを下げる効果、アンチエイジングで重要な抗酸化作用、そして抗アレルギー作用も期待できるそうです。

抗アレルギー作用ってアトピー性皮膚炎にとっては嬉しい効果ですよね!そして、皮脂不足で乾燥傾向になるアトピー肌には、カカオバターに含まれているオレイン酸はとても嬉しい成分です。
しかし、実はアトピー性皮膚炎にチョコレートはおすすめできない食品だったりするのです。

カカオ製品に含まれている「チラミン」がアレルギー反応を起こす!?

qq2

チョコレートやココアなど、カカオを使った食品には「チラミン」という成分が含まれています。チョコレートを食べすぎると鼻血が出ると言われていますが、それはこのチラミンによるものです。

なんと、チラミンには血管を収縮してしまう作用があります。しかし、これは一時的なものであり、すぐに効果は切れてしまいます。問題なのは効果が切れたときに起こる反動です。
血管がチラミンの効果により一時的に収縮してしまいますが、チラミンの効果が切れると元に戻ります。しかし、緩やかに元に戻るのではなく急激に血管が拡張してしまうのです。

そしてこのときに粘膜が腫れてしまうので、チョコレートを食べると鼻血が出てしまいます。その他にも蕁麻疹が出たり、頭痛がしたりなどし、アトピー性皮膚炎の人はチョコレートを食べたあとにアトピーが悪化することが多いと言う人もいます。
ただし、全員が全員悪化するわけではなく、チラミンにアレルギー反応を起こしてしまう人が悪化するようです。実際にアトピーじゃない人でもチョコレートで鼻血を出す人と出さない人がいるように、アトピーでもチョコレートを食べても問題ない人もたくさんいます。

トランス脂肪酸がアトピーを悪化してしまう!

チョコレートは国際基準によると植物油脂は5%以下でなければなりません。しかし、カカオバターだけでチョコレートを作るとなると、大量に低コストに作るのは難しくなります。
よく安売りされているミルクチョコレートなどがありますが、5%以下という国際基準に則っておらず、それ以上に植物油脂を使っているのが現実です。

カカオバターの場合は主成分がオレイン酸なので問題はありませんが、植物油脂にはトランス脂肪酸が含まれています。トランス脂肪酸はアレルギーを悪化させ、さらに炎症反応を強化する効果もあるそうです。その他にも動脈硬化を促進したり、コレステロール値を上昇させる効果などがありますが、直接アトピー性皮膚炎の悪化に繋がるのはアレルギーの悪化と炎症反応の強化の部分です。

チョコレートに使用されている油はバーム油というトランス脂肪酸が少ない油だそうですが、サラダ油やごま油などにも含まれており、チョコレートだけでなくスナック菓子やその他の食品にもトランス脂肪酸は含まれています。
日常生活のあらゆる場面でトランス脂肪酸を摂取してしまうので、チョコレートを食べると余計にトランス脂肪酸を摂取してしまうことになります。

これが、アトピー性皮膚炎の悪化にも繋がってしまうのです。チョコレートってついつい食べ過ぎてしまいますので、余分にトランス脂肪酸を摂取してしまいやすくなります。トランス脂肪酸による効果がアレルギー体質でない人でも同じですので、誰が食べても炎症が強くなってしまいます。
なので、医師によってはバレンタイン以外食べないようにという人もいるほど、アトピー性皮膚炎の人には気をつけてほしい食品なのです。

アトピーでも絶対に食べてはいけないわけではありません!

qq4

アトピー性皮膚炎でも絶対にチョコレートを食べてはいけないというわけではありません。
ただし、きちんとアレルギーの検査をして問題がないか確認する、もしくはチョコレートを食べてみてアトピー性皮膚炎が悪化しないかどうかを確認するようにしてください。

また、食べるとしたらカカオの成分が70%以上含まれているものを食べてください。ただし、苦いのが苦手であったり、どうしても甘いチョコレートを食べたいという人は、クーベルチュールチョコレートを食べることがおすすめです。
クーベルチュールチョコレートとは、国際規格をクリアしているチョコレートであり、カカオバター以外の代用油脂を一切使用していないチョコレートです。

アレルギーがなくてもトランス脂肪酸によって炎症が強くなってしまいますが、代用油脂を一切使用していない、カカオバターのみで作られたチョコレートならそのような心配もありません。

また、健康面や美容面でチョコレートを食べる場合は、絶対に食べ過ぎてはいけません。どんなチョコレートでも食べ過ぎると脂肪と糖の摂り過ぎで逆に毒になってしまいます。
おすすめは食事前に一口、3時のおやつに少し食べることです。食事前に食べるのがおすすめなのは血糖値の上昇を抑える効果があるからです。

ただし、やはり甘いチョコレートはその分砂糖を使っていることになるので、基本的にはカカオ70%以上のダークチョコレートを食べるようにしてください。

糖分と脂肪(トランス脂肪酸)をたっぷり含んだチョコレートではアトピーは悪化してしまいますが、アトピー性皮膚炎でも、上手に付き合っていけばチョコレートは食べても大丈夫です!



»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

関連記事


»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。