アトピーでもアルコール(飲酒)OK!ただし注意点を守らないと危険!

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

291

飲酒ってアトピー性皮膚炎にあまりいい影響がないようなイメージがあると思います。しかし、じつはそんなことはなく、アルコール自体はアトピー性皮膚炎を悪化させることはありません。

しかし、飲酒はアトピー性皮膚炎にいろいろな悪影響を及ぼす可能性があるのも確かです。
そこで、アトピー性皮膚炎の人のためのお酒の飲み方や注意点をご紹介いたします。

アルコールはアトピーを悪化させない

アルコールはあまりアトピー性皮膚炎によくないと言われていますよね。しかし、じつはアルコール自体はアトピー性皮膚炎を悪化させることはなく、むしろ、適量なら健康効果も期待できます。
また、お酒好きの人ならよくわかると思いますが、お酒を飲むと気分がよくなりますよね。気分をよくすることで、ストレスの発散にもつながるので、決して「アルコール=アトピーはNG」というわけではないのです。
また、お酒の種類によっては、美肌効果のある成分が含まれていたりもするので、肌にとっても決して悪いわけではありません。

しかし、アルコール自体はアトピー性皮膚炎に悪影響がなくても、アルコールを摂取したことで、発生するアセトアルデヒドなどの物質が、悪影響を及ぼしてしまいます。
では、なぜ、アルコールはアトピー性皮膚炎に良くないと言われているのか、ご紹介いたします。

アルコールはなぜアトピー性皮膚炎に悪いと言われているの?

292

アルコール自体はあまり害のない成分ですし、分解されることで最終的に無害な水に変わります。問題は、アルコールを摂取することで発生する「アセトアルデヒド」という物質です。

お酒を飲むと、アルコールは肝臓のアルコール脱水素酵素によって、分解されます。一部のアルコールは、別の物質に分解されますが、ほとんどのアルコールは、アセトアルデヒドという有毒な成分に分解されます。

アセトアルデヒドは、肝臓によってさらに、酢酸に分解されますが、すべてのアセトアルデヒドが酢酸に分解されるわけではなく、飲み過ぎてしまったり、アルデヒド脱水素酵素が十分に働かなかったりすると、アセトアルデヒドは分解されないまま全身に運ばれます。
この全身に運ばれたアセトアルデヒドが、アトピー性皮膚炎に悪影響を及ぼしてしまいます。また、二日酔いの原因も、このアセトアルデヒドがきちんと分解され切れなかったのが原因です。

また、酢酸になったアルコールは、筋肉やほかの臓器によって炭酸ガスと水、そして熱エネルギーに分解されます。お酒を飲むと体がぽかぽかしてくるのは、この酢酸が分解されているからです。
酢酸に分解されれば。悪影響はほとんどありませんが、体が熱くなるこどで、アトピー性皮膚炎の人は体が痒くなってしまうことがあります。そこで描いてしまったりすると、アトピー性皮膚炎が悪化してしまうので注意してください。

全身に運ばれたアセトアルデヒドによる影響とは

では、全身に運ばれたアセトアルデヒドによるアトピー性皮膚炎への影響をご紹介いたします。

まず、アトピー性皮膚炎に大きな影響を与えるはたらきとして、ヒスタミンの生産を促進するというはたらきがあります。アトピー性皮膚炎の治療薬として抗ヒスタミン剤が用いられるように、ヒスタミンはアトピー性皮膚炎にとって「敵」です。
なぜ、ヒスタミンが生産されるのかというと、アセトアルデヒドは体のあらゆる神経を刺激してしまい、免疫も同時に刺激します。そのため、ヒスタミンが放出されて、アレルギーをひどくしたり、肌荒れやアトピー性皮膚炎の悪化につながってしまいます。

そして、アセトアルデヒドは、DNAとタンパク質と脂質に融合しやすい性質があり、融合することで、これらを変形させてしまいます。どのように変形するのかというと、これらをかたく固めてしまうのです。
かたく固めてしまうとどうなるのかというと、血液がどろどろになったり、タンパク質の寿命が短くなってしまったり、肌にも体にも悪影響が及んでしまいます。

また、アセトアルデヒドは、唾液などの中にも混ざり、これから口に含むものにも影響を及ぼします。とくに、アレルゲンが口に入ったとき、いつも以上にアレルギー反応が強くなってしまう可能性があります。
ちなみに、全身にアセトアルデヒドが回っている状態で喫煙をするとどうなるのかというと、タバコに含まれているニコチンの吸収率を上げてしまい、依存性を高めてしまいます。アトピーだけでなく、がんの発症率も上げてしまうので、お酒とタバコの組み合わせはおすすめできません。

お酒でアトピーを悪化させないためには?

294

お酒でアトピー性皮膚炎を悪化させないためには、どうしたらいいのかというと、やはり「適量」を意識することです。適量とは、ほろ酔い程度、もしくはかゆみを感じない程度の飲酒です。
お酒が回っている中、かゆみを感じてしまうと、多くの人は引っ掻いてしまいます。せっかく治ってきている肌もそれでは台なしです。

ただし、かゆみを感じない程度なら、我慢する必要はありません。お酒の付き合いもありますし、日課となっている人もいるでしょう。我慢をすると、余計にストレスがたまってしまいます。
だから、アトピー性皮膚炎の人でもお酒は飲んでもいいのです。多少は許容されるべきです。

しかし、飲み過ぎてしまうと、アトピー性皮膚炎を悪化させてしまう可能性があります。いくらお酒が好きだからと言って潰れるまで飲むのはNGです。悪化させないためには適量を意識して飲むしかありません。

また、アルコール度数が高いお酒は、すぐにかゆくなってしまう可能性があるのでおすすめできません。とくに、ウォッカやラム、ウイスキー、ジンはアルコール度数が高いので避けるべきです。
ビールや焼酎もあまりおすすめできませんが、ゆっくり適量を心がけ、休肝日をきちんと設けるなどの工夫をすれば飲んでも問題ありません。

ちなみにワインは、適量ならおすすめできるお酒です。ポリフェノールなどの成分により、抗酸化作用がはたらくので、美容に良いお酒とされています。
赤はもちろんですが、白でも大丈夫です。ただし、ワインも利尿作用がありますので、何杯も飲むのは避けてほどほどにしましょう。

アルコールアレルギーにも注意!

アルコールはときにアレルギーを発症させることがあります。ただ、アルコールを摂取すると、アレルギーに似た症状が出るため、それが本作にアレルギーなのか、ただ単にアルコールの成分による症状なのか明確な判断ができないということと、本当のアルコールアレルギーの人は少ないため、アルコールにアレルギー表示はありません。

アルコールでアレルギーを起こしやすい人は、お酒が飲めない人です。お酒が弱い人も可能性はありえますが、たまにまったく飲めない人もいますよね。そういう人がアレルギーを起こしやすいそうです。
お酒が強い人はあまり気にする必要はありませんが、弱い人やまったく飲めない人は、可能性がゼロというわけではないので、お酒を飲むときは少々注意が必要です。

お酒は適量なら大丈夫!

293

アトピー性皮膚炎にお酒は禁物だとも言われていますが、それはまったくの嘘であり、絶対に禁止ということはありません。むしろ、アトピー性皮膚炎に良い影響をもたらすこともあるくらいです。
しかし、あくまでも肌がかゆくならない程度の適量を意識したらの話であり、いくら大丈夫とは言え、二日酔いするほど飲むのはおすすめできません。

アトピー性皮膚炎を悪化させないためにも、お酒は適量を意識して飲みましょう。
お酒を飲むときって楽しいときだと思いますし、せっかくの楽しいときを台なしにせず、きちんと楽しむためにも、アルコールはほどほどにしましょう。



»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

関連記事


»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。