アトピーだとピアスを開けちゃいけないの?安全なピアスとは?

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

343

アトピー性皮膚炎でもピアスを付けてみたいと思っている人は多いのではないでしょうか?アクセサリーショップに行っても、イヤリングよりもピアスのほうがたくさん売られていますし、ピアスホール(ピアスの穴)を開ければ一気にオシャレの幅が広がります。
アトピー性皮膚炎だからってオシャレを我慢する必要はありません。しかし、ピアスって自分の体に穴を開けなければならないですし、アトピー性皮膚炎が悪化するのではないかとちょっと不安になりますよね。

では、アトピー性皮膚炎の人はピアスホールを開けてはいけないのか、ピアスを付けてはいけないのかなどをまとめてみました。

アトピー性皮膚炎でもピアスホールを開けても大丈夫!

結論から言ってしまえば、アトピー性皮膚炎でもピアスホールを開けても大丈夫です。要するに穴を開けることで、アトピー性皮膚炎に影響はほとんどないということです。
例え、耳にアトピー性皮膚炎の症状が出てしまう人でも、開けること自体に問題はありません。

重度のアトピー性皮膚炎の人でもピアスの穴を開けている人はたくさんいます。やはり、アトピー性皮膚炎でもオシャレを楽しみたいですからね!
なので、アトピー性皮膚炎の重症度関係なくピアスの穴は開けても大丈夫です!

ただし、注意点がいくつかありますので、注意点をよく守って開けるようにしてください。

ピアスホールを開けるときの注意点

345

アトピー性皮膚炎の人がピアスホールを開けるときに注意すべき点がいくつかあります。

まずは、きちんと洗浄と消毒をすることです。穴が安定するまできちんと消毒をすることは、アトピー性皮膚炎であろうとなかろうと基本的なことです。もし、消毒をしなかったらどうなるのかというと、穴が膿んでしまったり、アトピー性皮膚炎が悪化したりします。
穴をあけているところは、安定するまでとってもデリケートです。血も出ますし、傷口から細菌が入れば膿んでしまうのは当たり前です。アトピー性皮膚炎を悪化させてしまう可能性もありますので、消毒は毎日欠かさず行いましょう。洗浄と消毒をきちんと欠かさず行えば、耳にアトピー性皮膚炎の症状が出る人でも大丈夫です。

そして、ピアスホールを開ける部分は必ず、アトピー性皮膚炎の症状が出ていない部分にしてください。もちろん、耳でもボディでも同じです。アトピー性皮膚炎の症状が治まったり、落ち着いてきたらあけるようにしましょう。
ただ、ピアスホールを開けたい部分にアトピー性皮膚炎の症状が出ない人はそこまで気にする必要はありません。

また、アトピー性皮膚炎はアレルギーを持っている人が多いので、一度金属アレルギーについて検査してみてください。金属アレルギーと言っても、すべての金属に反応があるわけではなく、人によってアレルギー反応が起こる金属と起こらない金属が違います。
なので、どのような素材のピアスなら付けていいのかというのを知るためにも、金属アレルギーについては調べておきましょう。

ピアスホールは涼しい時期にあけるのがおすすめ!

もし、ピアスホールをあけるとしたら、おすすめは比較的汗をかきにくい涼しい時期がおすすめです。汗をかく夏は、汗や暑さで体がかゆみを感じやすい時期です。
このような時期にピアスの穴をあけると、ピアスの周りがかゆくなってしまったり、汗が染みて細菌が侵入し荒れてしまったりします。また、夏はプールや海に行く機会もあると思いますので、衛生的にもピアスホールをあけるのは避けるべきです。

一方、涼しい時期ならば汗が染みて細菌が繁殖してしまうこともありませんし、かゆみも比較的暑い時期よりも感じにくいのでピアスをあけるのは最適です。
いますぐ開けたいと思う人もいるかもしれませんが、なるべく暑い時期なら避けて、涼しくなるまで待ちましょう。

ピアスは病院であければ安全は間違い!

344

ピアスホールを開ける手段としては、ピアッサーを買って自分で開けるか、病院で開けるか、ピアッシングスタジオ(ピアススタジオ)で開けるかという選択肢になると思います。では、この中で、安全だと思われるのはどれかと言われると、病院と思う人も多いのではないでしょうか。
しかし、じつは、病院であれば安全というのは間違いであり、一番のおすすめはピアッシングスタジオで開けてもらうことです。

なぜ、病院が安全というのは間違いなのかというと、病院はピアスをあけるというピアッシングの知識を持っている人はほとんどいないからです。病院は、麻酔を打ってから、医療用のピアッサーで穴を開けます。
ピアッサーは傷だらけのピアスホールを作ってしまうため、麻酔をするのとピアスの素材以外では、自分でピアッサーで開けるのと変わりないのです。

一方、ピアッシングスタジオでは、ピアッシングの知識を持った専門家が開けてくれます。やはり、専門でやっているだけあって、技術や知識は病院以上です。
ピアッシングスタジオでは、ピアッサーでピアスホールをピアッサーではなく、ニードルという刃物を使って開けます。

ピアッサーを使った開け方は、ピアスで無理やり肉を押し出して開けるのに対し、ニードルは刃物であけることになるので、肉を押し出すというより、肉を切ってあけるという感じになります。
そして、ニードルで開けたほうがじつは、ピアスホールは傷が少なく、さらに、安定するのが早くなります。

なので、アトピー性皮膚炎だから病院でやってもらおうと思ってしまうかもしれませんが、じつはピアッシングスタジオで行なうほうがおすすめです。

ピアスの素材はどれがおすすめ?

アトピー性皮膚炎で注意しなくてはならないのが、金属アレルギーがあるかどうかです。ただ、もしも金属アレルギーがあっても、身に付けられる金属はありますので、金属アレルギーだからと言ってピアスやアクセサリーを付けられないというわけではありません。
金属アレルギーでも、人によってどの金属にアレルギーがあるのか違いますので、アレルギーのない金属なら基本的に付けて大丈夫です。

ただ、金属アレルギーを詳しく調べるのが難しい場合もあります。やはりどの医療機関でも事細かく金属アレルギーを調べることはほとんどできないと思われますので、検査結果にない金属で反応してしまうこともあります。

そこで、どのような素材のピアスを付ければ、アレルギーが出てしまうリスクを回避できるのかご紹介いたします。
まずは、「サージカルステンレス」です。サージカルステンレスは、医療器具などに使われる素材で、ピアッシングスタジオで使用されるニードルや、医療用ピアッサーのピアスもサージカルステンレスが使用されています。
なので、サージカルステンレスのピアスなら、アレルギーが起こりにくいと思われます。

ただ、サージカルステンレスのピアスは雑貨店で置いていないこともあるので、手に入れるのが難しい場合は、インターネット通販を利用してみてください。
聞きなれない素材かもしれませんが、意外とかわいいピアスも多く、お肌に優しいピアスとして、最近流行にもなっているので、きっとお気に入りのデザインのピアスが見つかると思います。

また、ほかの金属と一切混ぜていなければ「金」「銀」「プラチナ」「チタン」「イリジウム」「ジルコニウム」などもアレルギーが起こりにくいのでおすすめです。
ただし、少しでもほかの金属が混ざっている場合は、アレルギー反応が出てしまう可能性があるので注意してください。

ピアスの前にほかの部分でテストしてみよう!

342

少し費用がかかってしまいますが、不安ならピアスホールを開ける前に、ネックレスやブレスレットなどで、どの素材なら大丈夫なのか試してみることがおすすめです。
アレルギーを調べるのが一番手っ取り早いのですが、そうはいかないこともあるので、傷口に直接付けてしまう前に、安全な部分でテストすることがおすすめです。

あとは、注意点を守って、衛生的にしていれば、アトピー性皮膚炎でもピアスホールを開けることはできます。ピアスホールを開けること自体は、アトピー性皮膚炎を悪化させてしまうこともありませんし、オシャレを楽しむことは、ストレスの解消にも繋がりますし、楽しみが増えることは、アトピー性皮膚炎にとっても良いことです。
アトピー性皮膚炎だからってオシャレを我慢する必要はありません。アトピー性皮膚炎でもピアスホールを開けている人はたくさんいるので、アトピー性皮膚炎だからピアスはダメだと心配する必要はないでしょう。



»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

関連記事


»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。