はじめに – アトピー性皮膚炎とは

»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

a1まずはじめに、アトピー性皮膚炎について理解していただきますよう、アトピー性皮膚炎とはどのような疾患なのか、なぜ発症するかなど、アトピー性皮膚炎についてまとめてみました。

アトピー性皮膚炎とはどんな疾患?

アトピー性皮膚炎とは、皮膚の炎症を伴う病気です。体の左右対称に湿疹ができることが多く、湿疹は、赤くかゆみを伴っており、じゅくじゅくしているのが特徴です。かゆみは強く、湿疹をかいて引っかいてしまうと湿疹から組織液が出てきます。

湿疹ができやすい位置は年令によって違いがあるようですが、特に、首や口、目、耳などの周りや、おでこなどにできることが多く、他にもわきや関節の内側なども湿疹ができやすいようです。

湿疹とかゆみは落ち着くこともありますが、良くなったり悪くなったりを繰り返します。また、6ヶ月以上(乳幼児の場合は2ヶ月以上)続く慢性的なアトピー性皮膚炎を発症する人も少なくはありません。

そして、アトピー性皮膚炎は繰り返し再発したり、慢性的に続くことで、湿疹が硬く盛り上がってきます。

アトピー性皮膚炎は、乳幼児の患者が多く2歳半くらいになればアトピー患者の半数ほどが治り、10歳までにはさらに半数の患者さんが治るそうです。成人するまでには治ることが一般的なようですが、成人しても治らない人、成人してからアトピーが再発する人も少なくはありません。

アトピー性皮膚炎の原因とは?

a2

アトピー性皮膚炎のはっきりした原因は未だにわかっていませんが、患者さんの多くが「アトピー要因」を持っているそうです。

アトピー要因とは、アレルギーを起こしやすい体質のことを指します。アレルギーを起こしやすい体質の人は、家族にアトピー性皮膚炎や花粉症、アレルギー性鼻炎、喘息、食物アレルギーを発症した、持っている人が多いようです。

家系内にアレルギーを起こしやすい人がいる場合、自分もその体質が遺伝して、アレルギーを起こしやすい体質になってしまっていると考えられています。

ただし、アトピー性皮膚炎の患者さん全員がアトピー要因を持っているわけではなく、アトピー要因を持っている人が必ずしもアトピー性皮膚炎を発症させるというわけではありません。なので、両親共にアトピー性皮膚炎である場合も、発症しやすい体質ではありますが、子供も必ずアトピー性皮膚炎であるということはありません。

また、アトピー要因に加え、自分の皮膚のバリア機能と自分を取り巻く環境などが複雑に絡み合って、アトピー性皮膚炎を発症させるとも言われています。

アトピー性皮膚炎の患者さんは、皮膚のバリア機能が弱く、皮膚が乾燥しやすい傾向にあるようです。

皮膚のバリア機能とは、外部からの刺激や物質の侵入を防止し、内部の水分の蒸発を防ぐ機能であり、バリア機能が低下すると、外部からの刺激に弱い肌になってしまいます。

皮膚への刺激となるものは、ダニやカビ、ハウスダスト、花粉、汗、汚れ、紫外線などであり、他に引っかいたりこすったりなどの物理的な部分も肌の刺激となります。また、化粧品や石鹸、金属や薬剤など化学物質も肌への刺激になり、これらの刺激はアトピー性皮膚炎を発症させる原因もしくは悪化させる原因にもなりますので注意が必要です。

アトピー性皮膚炎には合併症の危険もある

a3

アトピー性皮膚炎の患者さんの多くは、肌のバリア機能が低下している傾向にあります。バリア機能が低下していることにより、細菌やウイルスが侵入しやすくなっています。

また、アトピーがかゆく、掻きむしってしまい傷がいくつもできてしまっている場合もあり、細菌やウイルスの侵入口がいくつもある状態になっています。

それにより、アトピー性皮膚炎の患者さんは、さまざまな合併症に注意しなくてはなりません。

注意すべき合併症は、伝染性膿痂疹(とびひ)、伝染性軟属腫(水いぼ)、皮膚カンジダ症、カポジ水痘様発疹症、単純ヘルペス、ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群、毛包炎、白癬症、尋常性魚鱗癬などの皮膚の感染症です。

また、アトピーの炎症がひどく、強烈なかゆみを感じることにより、顔を強く叩いたりこすったりする人が居ます。また、目の周りを掻きむしってしまう人もいます。そのような人の中には、白内障や網膜剥離など目の病気の危険性もあります。

因みに白内障に関しては、成人しているアトピー性皮膚炎患者の2~10%の人が発症していると言われています。

大人のアトピー性皮膚炎は治るの?

アトピー性皮膚炎は以前は乳幼児の皮膚疾患だと思われていましたが、成人してもアトピー性皮膚炎に悩んでいる人はたくさんいます。

大人になってもずっとアトピー性皮膚炎が続いていたり、一度完治したはずのアトピー性皮膚炎が大人になってから再発したりしている人がいるのです。

大人になってからのアトピー性皮膚炎は治らないと思っている人も多いようですが、実は大人のアトピー性皮膚炎も直すことができるのです。

成人してからのアトピー性皮膚炎は、中高年になってから自然と治まる人が多いようですが、それまで強いかゆみを伴った湿疹と、合併症の危険などに悩み、耐え続けるのはかなり辛いものがあります。

しかし、生活習慣を変えるだけで、アトピー性皮膚炎は治すことができます。実際に、成人してアトピー性皮膚炎を発症した人の中にはアトピー性皮膚炎を克服し、通院も必要ないくらい治ったという人はたくさんいるのです。

大人のアトピー性皮膚炎は治らないというのは嘘です。大人のアトピー性皮膚炎もちゃんと治ります。

アトピー性皮膚炎になったらどうすればいいのか

アトピー性皮膚炎になったら、まずは原因となる物質の対策を行います。

まず、アトピー性皮膚炎を悪化させる皮膚の刺激となるものを排除しましょう。家の中のダニやほこりなどの対策を行います。布団などはきちんと天日干ししたり、ハウスダストやダニなどを除去する布団専用掃除機などを使うのがおすすめです。

ハウスダストやダニは、布団や枕などだけでなく、ぬいぐるみなどにも多く付着している場合があります。実際に、ぬいぐるみを家から全て処分しただけでアレルギー反応が治まったケースもあるので、見落とさないようにしましょう。

また、家の中や庭やベランダなどに花粉を多く飛ばすような植物があったりする場合は処分するのがおすすめです。

そして、家の中だけでなく食べ物にも反応してしまう場合があるので注意しましょう。一番はアレルギー検査を行い、どの食べ物がダメなのかきちんと調べておくことです。

きちんと調べておくことで、極端に食べ物を制限する必要がなくなるため、乳幼児の成長障害を防止することができます。

そして、一番大切なのは皮膚の清潔を保つことです。しかし、入浴するときも、ゴシゴシ洗ったりせずに優しく泡で洗い、そして入浴後は全身が乾燥しやすい状態になっているので、しっかり保湿対策を行ってください。感想もアトピー性皮膚炎の悪化の元となります。

もしも、かゆくて眠れない、かゆくて辛いという場合などは、軟膏などを塗ってから、包帯やガーゼなどを患部に巻いてください。かゆみが治まるだけでなく、かきむしりを防止することができます。

アトピー性皮膚炎はストレスで悪化します

a4

アトピー性皮膚炎になったら原因物質を除去したり、スキンケアに気をつけたりする人が多いですが、見落とされがちなのが「ストレス」です。実はストレスはアトピー性皮膚炎を悪化させる原因でもあるのです。

そもそも、ストレスは万病の元と言われているほど、私たちの体にさまざまな悪影響を及ぼします。

ストレスを抱えた時、私たちの神経は常に緊張状態になっています。神経が緊張状態であるとき、神経の働きが悪くなり、血液の流れも悪くなってしまいます。

血流が悪くなると、皮膚へ十分な栄養が行き渡らず、肌のターンオーバー(新陳代謝)が悪くなり、古い角質などが溜まってしまったりするのです。古い角質は肌の刺激となるものであり、肌の刺激はアトピー性皮膚炎の敵でもあります。ターンオーバーが悪いと、傷の治りも遅くなり、合併症のリスクも上がってしまいます。

また、アトピー性皮膚炎の人の中には、アトピー性皮膚炎が原因で過度なストレスを抱えてしまい、脱毛症になってしまう人もいるようです。

ストレスを抱えないためには、まずストレスの原因となるものを解決させること、規則正しい生活リズムで十分な睡眠をとること、適度な運動をすることなど、健康的な生活を心がけることが大切です。

ストレスフリーな生活を目指すことも、アトピー性皮膚炎を治すためには大切なことなのです。健康的な生活を心がけて、アトピー性皮膚炎に負けない体づくりをしましょう!



»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

おすすめアトピー石鹸

関連記事


»アトピー肌に優しい石けん おすすめアトピー石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。